ブログ一覧

子どものためのコンサート


 

天使幼稚園では毎年、交響楽団に在籍されている卒園生のお父様が幼稚園にいらしてくださり、“子どものためのコンサート”を開いてくださっています♪
普段なかなか経験のできない、至近距離でプロの方の生の演奏を聴くことができるとても贅沢で特別な時間です。

演奏が始まると、フルートの綺麗な音色にうっとりしたり、素敵な演奏に合わせて体を動かしたり、フルートを吹く真似をして楽しんだりしながら過ごしていました。また、クラスで歌っている歌をフルートの伴奏で歌うこともでき、フルートの音色と子どもたちのかわいらしい歌声が会場に響き渡って、とても素敵な時間になりました。普段あまり見ることのないドレスに釘付けの子どもたちもいました♪

 

今回のプログラムのひとつ、“かじやのポルカ”では鉄とトンカチを使った演出もしてくださいました。
子どもたちも興味津々!!


最後には質問タイムも設けてくださり、フルートに興味を持っている園児が「何歳になったらフルートができるようになりますか?」と質問したり、「かっこよかった!」と感想を話したり、少しですが奏者の方との交流もでき、子どもたちは嬉しそうでした。
日頃お忙しかったり、小さなお子さんがいたりで、コンサートに中々行くことができない方々もいらっしゃるかと思います。
後半はそんな保護者の方々のために演奏をしてくださいました。
そして、年長さんは特別に最後まで参加しました♪
今回のコンサートを通して、心や体、五感を使って音楽を感じる体験をすることができたのではないでしょうか?

素敵なコンサートをありがとうございました♪

2019年02月15日

お店やさんごっこの日

先週の金曜日は、子どもたちが楽しみにしていたお店やさんごっこの日でした。この日に向けて、子どもたちは商品作りやゲーム作りなどの様々な準備を行ってきました。

天使幼稚園のお店やさんごっこでは、主に廃材を使って品物作りを行っています。それぞれ何で作ったか、ぜひ当ててみてください。

①チョコバナナ              

 

②手鏡


③スパゲッティ


④ロケット・車


⑤オムライス


<正解>
①・・・新聞紙 ②・・・食品トレー ③・・・トイレットペーパーの芯
④・・・空き箱やトイレットペーパーの芯 ⑤・・・カラーポリ袋、スポンジ

どの品物作りも楽しみながら行ってきました。ホットケーキを作る時には、おままごとのフライパンを使って焼く真似をしてから色付けをしました。ケーキはいくつかの種類のトッピングを選び、好きな味のケーキを作りました。「お父さんだったら大きめの方がいいかな…。」「お母さんは甘いもの好きだから生クリームたっぷりにしよう!」とお家の方のことを思いながら作っている子どもたちの姿が可愛らしかったです。


年長組は子どもたち同士で相談しながら2つのゲームコーナーとお化けやしきを作りました。難しい所は担任が手を貸しつつも、子ども主体でゲームのルール考案や景品作りを行ってきました。



開始の鐘が鳴り、いよいよお店やさんごっこが始まりました。「いらっしゃいませー!」「これください。」というにぎやかな声が飛び交います。中にはお家の方に頼まれたお土産のメモを見ながら買い物をしていたり、手さげに入りきらず別の紙袋に入れている子もいました。お店やさん係の子どもたちも、ケーキをおままごとのトングで掴んで渡したり、「(鉄板が)熱いから触らないでね!」とお客さんに声を掛けたりして、お店やさんになりきることを楽しんでいました。



ゲームコーナーではサッカーとダーツ(まとあて)をして遊ぶことができます。高得点だともらえる景品の数も増えるので、子どもたちは張り切って挑戦していました。お化けやしきでは、年長組の子がお化けになって盛り上げてくれました。年少組の子は「ちょっと怖い…。」と言ってすぐ部屋から出たり、担任と手を繋いで恐るおそる入る子もいました。




たくさん遊んで買い物したあとは、イートインスペースでちょっと一休み。友だち同士で何を買ったか見せ合ったり、食べながら次にどこへ行くか話しをしたりしながら、休憩の時間を楽しんでいました。

 


お店屋さんごっこが終わった後には「欲しかったものが買えたよ!」「いらっしゃいませしたのが楽しかった!」「お化け屋敷怖かった…。」などなど様々な感想が出てきました。その中でも一番多かったのが「またやりたい!」だったように感じます。降園時には膨らんだ手さげを抱え、笑顔でお家の方のもとへ向かう子どもたちでした。

2019年02月12日

豆まきをしました

2月3日は節分でしたね。
おうちで豆まきをしたり、イワシや恵方巻きを食べたりしたご家庭も多いのではないでしょうか?

天使幼稚園では毎年、全園児で豆まきをします。
どんな豆まきをするかというと、1週間ほど前から数日間かけ、年長組の子どもたちがグループごとに相談しながら設計図を書き、段ボールや空き箱を使って大きな鬼を作り、子どもたちはその鬼めがけて豆をまきます。

 

そして、年中組と年少組は自分たちで作ったかぶり物やお面をつけます。

豆まき当日、年長組の子どもたちがどんな鬼を作ったか発表してくれました。

それぞれの思いの詰まった鬼が出来上がったことが伝わってきました!!


いよいよ、豆まきのスタートです。大きな声で「鬼は~外!」「福は~内!」と言いながら鬼に向かって豆を投げ、自分の中にいる鬼を追い出しました!

 

お弁当の時間には年の数の豆を食べました♪

また1年元気に過ごせますように…。

2019年02月05日

読み聞かせ

北風小僧の寒太郎が今年もやってきていますね!

風の強い日が続いていますが、風にも負けず、今日も子どもたちは元気いっぱい園庭であそんでいました♪

今日は“ぷちぷちグー”という、地域で読み聞かせなどのボランティア活動をなさっている方が、幼稚園に来てくださいました!在園の子どものおじいちゃまも所属されていて、毎年子どもたち、また職員も楽しみにしている時間です♪  紙芝居を読んでいただいたり、絵本を読んでいただいたり・・・ 子どもたちも聞き入っていました!そして読み終わると「もっと読んでー!」と思わず声が出るほどでした!  

地域の方との交流を通し、改めて子どもたちがたくさんの方に見守られながら育っていくことの大切さや、ありがたさを感じました。 次回の読み聞かせの時間も楽しみです♪ ありがとうございました!

2019年01月29日

一日入園

早咲きの園庭の梅が今年もきれいに咲いています!

今日は幼稚園に4月から入園するお友だちが遊びに来てくれました。 一緒にお祈りをしたり、在園の子どもたちから歌のプレゼントや、マリア文庫のお母さま(読み聞かせや、人形劇などをしてくださるサークルです♪)から劇のプレゼントがあったり・・・!  

遊ぶ時間になると“おままごと”や“汽車遊び”“どろんこ遊び”や“工作”などを在園の子どもたちと一緒に楽しんでいました。幼稚園の中を小さいお友だちと手をつないで回っていたり、優しく話し掛けようとしていたり、一生懸命お世話をしてあげようとしている姿は、かわいらしかったです♪ 初めはちょっぴりドキドキしていた子どもたちですが、「次はいつくる?」と次に会える日を楽しみにしている様子でした!

2019年01月25日

自由遊び

自由遊びの時間、年長組の部屋から楽しそうな声が聞こえてきました!

のぞいてみると、ブロックで作ったL字型のなにかを持っている子が。 それなあに?と聞くと、その子は「杵だよ!」と教えてくれました。 見ると、机の上にきれいにお皿を並べてあり、おままごと用のボウルを椅子の上に置いた臼の用意もしてあります。

「おもちレストラン開くの!」「小さい子用の臼もあるんだよ!」と一緒に遊んでいた子どもたちが目をキラキラさせて教えてくれました。

保育室をいっぱいに使い、友だちと相談しながら遊びを作っていた子どもたち。 11月には幼稚園でもお餅つきをしましたが、その時には初めて一人で杵を持ち、嬉しそうにお餅つきをしていました。 そんな子どもたちならではの素敵な発想がたくさん見られた一コマでした♪

2019年01月23日

豚汁の日

今週末のお弁当は、いつもと違う特別な日でした。

みんなで豚汁を食べたのです! この豚汁はちょっと特別な豚汁で、年長組の子どもたちが育てた大根が入っています。

2学期の中頃、大根の種を植えた年長組さん。 雑草を抜いたり、お水をあげたり、一生懸命お世話をしていました。 その大根を収穫し、豚汁の前日にはニンジンなどと一緒に切って、調理をしました。

年下の友だちに振舞おうと、心を込めて作っていた年長組さん。 豚汁の日には、なんと配膳もしてくれました! この日は各学年が一緒になって食べます。 年長組さんが「どれくらい食べる?」と優しく尋ねると、少しドキドキしていた年少・年中組さんも、嬉しそうに「いっぱい!」と答えていました。 美味しそうにパクパク食べ、あっという間に空っぽのお椀を見せてくれる子もたくさんいました! 中には何回もおかわりし、「お腹いっぱい~」とまんまるになったお腹を見せてくれ子も!

心を込めて作ってくれた豚汁を食べた後は、心も体もぽかぽかになりました♪

2019年01月18日

王様のお菓子遊び

王様のお菓子遊びを楽しみました。

王様のお菓子遊びとはフランス発祥の遊びで、最近は「ガレット・デ・ロワ」で知られるようになりましたが、天使幼稚園では50年近く続く遊びです。 ケーキをみんなで食べて、当たりが入っていた子どもがその日1日王様や王女様になれます。

幼稚園では小さなマドレーヌの中に金平糖が隠してあり、それが出てきたら王様・女王様になれるのです。 朝から「今日はおかしが食べられるんだよね!」と楽しみにしていた子どもたちでしたが、だんだん「当たるかな…」とソワソワ。

バスケットの中から自分で一つ選び、みんな一緒にパクリ!! 少しずつ少しずつ、金平糖出てこないかな?とドキドキしながら食べ進めていきます。 なんにも出てこなくてガッカリする姿もありますが、だれが当たるかな?と興味津々でキョロキョロしている子どもたち。 当たった子がわかると「おめでとう!」と声をかけていました。 そして当たった子も、嬉しそうな、でもちょっぴり照れくさそうな表情をしていました。

また、子どもたちだけでなくこの日はお家の方も一緒に楽しみます。 お家の方も当たりが出ると周りの方々に祝福され、嬉しそうでした。 最後に王様と女王様になった子どもたちやお家の方が王冠やメダルをもらい、みんなでお祝いの歌を歌います。 悔しくて泣いてしまう子もいますが、子どもたちとお家の方々、そして職員が一緒になって新年に楽しむ、みんな大好きな行事です

2019年01月16日

お正月遊び

3学期がスタートし、子どもたちの楽しそうな声が響く賑やかな日々が戻ってきました!

今は大好きなおままごとや外遊びだけでなく、お正月遊びで盛り上がっています。 すごろくやカルタにこま、福笑い・・・ 遊び始めるとすぐに子どもたちの笑い声でいっぱいになります。

遊びながら「おじいちゃん・おばあちゃんの家でもやったよ!」と思い出話を聞かせてくれる子もいました。 園庭でも室内でも、新しい遊びに挑戦したり考えたり、日々お気に入りの遊びが増えていく子どもたち。 その中で、日本の伝統的な遊びも大切にしていきたいですね♪

2019年01月11日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます♪

新学期が始まりました。朝から元気な子どもたちの声が聞こえてきて、新しい一年の始まりに私たちも嬉しくなりました! 始業式では先生たちからみんなに“お楽しみ”のプレゼントがありました。今年も一緒にたくさん遊びましょうね♪

3学期はあっという間に過ぎていきます。豚汁をみんなで食べたり、豆まきをしたり、お店屋さんごっこをしたり・・・楽しい行事も盛りだくさんです! 今学期も子どもたち一人ひとりがにこにこ笑顔で安心して過ごせるように見守っていきたいと思います。神さまのお守りの中で、様々な経験を通し子どもたち一人ひとりがそれぞれの成長をしていくことができますように。 本年もよろしくお願いいたします。

2019年01月10日

クリスマスおめでとうございます

クリスマスおめでとうございます🎄 みなさまはどんなクリスマスをむかえられましたか? 子どもたちの嬉しそうな声が聞こえてくる気がします♪ 今日はイエスさまがお生まれになった日、みなさまも素敵な1日になりますように...✨

2018年12月25日

こひつじクラス クリスマス会

終業式が終わり、冬休みが始まった幼稚園ですが… 冬休みの初日は未就園児クラスであるこひつじクラスのクリスマス会がありました!!

終業式後ということもあり、こひつじクラスの職員だけでなく全職員が一緒にクリスマス会に参加することができます☆ こひつじクラスの子どもたち、保護者の方ともゆっくりとお話できるので、クリスマス会は職員にとっても楽しみにしている時間のひとつです♪ クリスマスの飾りを作ったり、クリスマスのお話を聞いたり、こひつじクラスで作った楽器を使って一緒に歌をうたったり、特別なお楽しみがあったり…☆ にこにこ笑顔がたくさん見れた温かい時間を過ごすことができましたね♪

2018年12月21日

終業式

今日は2学期の終業式でした。 2学期の終業式はクリスマスのお祝いも兼ねてキャンドルサービスやクリスマスキャロルをします。

お母様方が聖歌を歌ってくださる中、年長組が自分たちで作ったキャンドルを持って入場しクリスマスキャロルが始まります。 クリスマスの話や神父様の話を聞きながら、一緒に祈りの時を持ち、クリスマスに向けてお家の方と子どもたちと共に心を向けて過ごしました。 その中で、子どもたちの思いやり献金もお捧げしました。 世界中で今苦しみの中、悲しみの中にいらっしゃる方々のために子どもたちがお家の手伝いなど何ができるかを考え集めてくれた献金です。 どうか子どもたちの優しい心と共に、困っている方々の元に届きますように…☆

そして子どもたちは冬休みが始まります。子どもたちの笑い声がなくなる幼稚園は少し淋しくなりますね。3学期また元気に幼稚園に来てください!! どうぞ皆様、良いクリスマスと良いお年をお迎えください♪

2018年12月18日

自由遊び

先週、年長組のお部屋には自由遊びの時間においしそうなラーメン屋さんがオープンしました!!! 3人の子どもたちの「ラーメン屋さんやろうよー!」の一声から始まった遊びでした。

まずは、力を合わせて椅子やおままごとの道具を動かしながらお店屋さんの準備です。 店構えができたら次は食材作り!大きな模造紙を片手に「せんせーい!これ使っていい?麺が作りたいんだ!」という声や、「私は看板作るね♪」「メニューを作るのはどう?」など… 画用紙や色鉛筆などを片手にたくさんのアイデアを出し合いながら、お店にあったらいいな♪と思う道具や材料を作り始めた子どもたち。

その子どもたちの表情や声はとてもキラキラとしていました。 気が付くとその場所にはたくさんの子どもたちが集まっていました!! お客さんもたくさん入った大盛況の月組ラーメン屋さん。次の日もラーメン屋さんごっこを楽しむ姿が見られました。

お客さんが増えた時は、店員役の子がみんな大好きな絵本を片手に「待ってる人はミッケを読めますよー!」や、「6番の方~。」と本物のラーメン屋さんに来ているかのような声も聞こえてきました。 そんな子どもたちの姿はとてもとても可愛らしかったです!! 年長組になり遊びの幅もより広がっている子どもたち。 子どもたち同士で相談してルールを決めたり、遊びを深めたりしている姿に大きな成長を感じる嬉しいひと時でした♪

2018年12月17日

卒園してからも

先日の東急でのクリスマスキャロルでは、たくさんの卒園生とおうちの方が応援にきてくださいました!ありがとうございました♪ 卒園してからもつながっていることを嬉しく思っています。

幼稚園にも日々たくさんの卒園生が遊びに帰ってきてくれます♪小学校や中学校の話などを聞かせてくれたり、幼稚園の中で幼稚園時代に戻ったかのように遊ぶ姿は待っている私たちも楽しみにしている時間です。

先日も卒園生が帰ってきてくれました。今1年生の男の子なのですが、卒園してから集めていた献金を持ってきてくれたのです。 幼稚園時代から使っている手作りの献金箱に、男の子の温かい心がこもった献金が入っていました。

どうやって集めたのかを聞くと、“(おうちの)お手伝いをしました!”と教えてくれました。実は男の子にはお兄ちゃんもいるのですが、お兄ちゃんも卒園生で、献金を集めて幼稚園に届けに来てくれています。話を聞いていると、普段の生活の中で“困っている人・恵まれない環境にいる人”に向けて、お手伝いを通し献金をためているそうでした。

3年間の幼稚園生活の中で、少しずつ芽生えていた“誰かの為に力を使うことを嬉しいと感じられる心”が、子どもたちの中にしっかりと根付いてくれただけでなく、さらに成長している姿がとても嬉しく、また心が温かくなりました。 こういった目に見えない思いを献金という形にすることは、子どもたちだけでは難しいことだと思います。おうちの方が卒園してからも変わらずに子どもたちの心の成長に温かく寄り添ってくださっているからこその姿だなと、改めておうちの方々の素晴らしさも感じました。

園長先生に献金を渡すと、献金箱は持って帰って、「またためてくるね!」と嬉しそうに教えてくれました。温かい心がつまった献金が世界の困っている方の元に届きますように・・・。 季節が一気に冬になり寒い毎日が続いていますが、クリスマスを前に心温まるひと時でした。

2018年12月14日

クリスマス会のその後で

クリスマス会も終わり、子どもたちと振り返りをするなか… 年長組では一生懸命練習して迎えた聖劇が、特別な経験だったということが伝わってきました。

そこでそれだけの思いを込めた聖劇を今度は人形で作ってみようということにしました。 自分たちの髪の長さを確認したり、衣装はどんな洋服だったかなど話したりしながら自分の役を気持ちを込めて作っていきました。 全員の人形が出来上がって表情を見ると、やはりそれぞれの子どもたちに似ていて雰囲気がありとても可愛い聖劇の世界が広がりました♪

幼稚園の廊下に終業式までの間飾っています☆ お家の方からも、子どもたちからも「わぁ♪かわいい!!」と嬉しい声を頂き、作った年長さんは通るたびに少し誇らしげにしている姿が微笑ましかったです!

2018年12月12日

クリスマスキャロル

先週の土曜日、青葉台東急スクエア前の大きなツリーの前でクリスマスキャロルを行いました。このクリスマスキャロルでは、子どもたちが大好きな歌やクリスマスにピッタリな聖歌などを歌いました♪  

天使幼稚園では11月ごろから少しずつクリスマスの本当の意味を子どもたちに伝えながら過ごしています。また、先週のアフガニスタンのお話を聞いて、子どもであっても人のために働くことができることを知り、献金を貯めている子どもたち。そんな子どもたちの心には人が喜んでくれることの嬉しさや温かい思いが芽生え始めています。 子どもたちは、僕たち・私たちの歌声で一人でも多くの人に温かい気持ちや笑顔を届けられたら…♪という思いを持ってクリスマスキャロルに参加しました。  

皆さまに歌を聞いていただけることをドキドキ☆ワクワクしながら当日を迎えた子どもたちでしたが、最後に皆さまからたくさんの暖かな拍手を頂くことができ、私たちも目には見えない素敵なクリスマスプレゼントを頂き、心がぽかぽかになりました。

2018年12月10日

アドベントカレンダー

クリスマス会は終わりましたが、イエスさまがお生まれになった日をむかえる喜びを、子どもたちと一緒に感じながら過ごしています♪

クリスマスまでの毎日を楽しみな気持ちで過ごせるように、アドベントカレンダーを子どもたちと作りました。  年中組のアドベントカレンダーはツリーに一日数名ずつ自分で作ったプレゼントの箱を飾っていくというものです。これまでの日々や、先日のクリスマス会を通し、自分のためだけでなく誰かの為に力を使ったり、優しい気持ちをプレゼントする経験を重ねてきている子どもたち。ツリーに飾るプレゼントの箱の中には、それぞれの子どもが“お休みのお友だちが早く元気になりますように”“困ってる人がにこにこ笑顔になりますように”などの温かい気持ちを込めています。  

毎朝数名ずつ、くじ引きで選ばれるのですが自分の名前が呼ばれると、とびっきりのにこにこ笑顔になります。またその日には当たらなかった子どもたちも、「明日は当たるかな・・・!」と毎日楽しみにしている姿がかわいらしいです♪ みんなの温かい気持ちがこもったプレゼントがツリーに揃う日が楽しみです♪

2018年12月06日

思いやり週間

昨日の火曜日は、幼稚園にあるお客様がいらっしゃいました。 卒園生の保護者の方で、アフガニスタンの方とご結婚され、毎年この時期に子どもたちとお家の方々にアフガニスタンについてお話をしに来て下さいます。

アフガニスタンの紛争について、また地雷などにより手足を失った子がいることや命を失った子がいること、水の必要性など… 私たちが普段生活している環境では考えられないようなことが世界のどこかでは起こっているということをとてもわかりやすく教えて下さいました。 自分たちが恵まれた環境にいることはついつい忘れがちですが、“当たり前”だと思っていることが“当たり前”ではないこと。遠く離れた日本にいる私たちにも、アフガニスタンの方々にできることがあることを知る事ができました。

また天使幼稚園では10年以上もの間、献金を続けそのお金が水路などの建設に役立っていることも分かりました。 昨日の火曜日から終業式までの間、幼稚園では“思いやり週間”を過ごします。 困っている方々へ心を向けて過ごすこと、普段の生活の中で自分たちにできることをお家の方々と考え献金を行い、今年もアフガニスタンの方々へ献金を送ります。

どうか子どもたちとお家の方々が思いを込めて集めた献金と思いやりの心が、今困っている方々に届きますように。

2018年12月05日

クリスマス会

先日の土曜日はクリスマス会がありました。

キリスト教の幼稚園である天使幼稚園では、11月からクリスマスの本当の意味を伝えながら過ごします。 クリスマス会の発表も“かっこよくできること”や“お家の人に見てもらう”ことだけが目的ではなく、クリスマスの歌や聖劇などを通して、イエス様をお祝いするために少しずつ練習を重ねて当日を迎えます。

初めてのクリスマス会を迎えた年少組さん。 かわいいクリスマスの帽子を被って、すてきな歌のプレゼントを3曲届けてくれました。 ドキドキもしたけれど、一生懸命に参加する姿に成長を感じました。

同じく歌のプレゼントを届けてくれた年中組さん。長い曲を3曲も覚えて聞かせてくれました。 歌詞の意味を感じ、心をのせて歌う姿にお兄さん・お姉さんになった年中組さんの姿を見る事ができました。

最後のクリスマス会を迎えた年長組さんはキリスト降誕の聖劇を行いました。 ずっと憧れていた舞台の一つでもある聖劇。自分たちで選び、そして決まった役を1人ひとりが一生懸命こなす姿に、胸が熱くなりました。 それぞれの子どもたちの気持ちの込めたプレゼントにたくさんのお家の方から、「温かい時間をすごすことができて嬉しかった。」というお声を頂きました。 子どもたち、お家の方、そして職員ともに心がほっこりと温かい気持ちになった一日でした♪

2018年12月04日

クリスマスまであと少し

11月も終わりに近づいてきました。

少し早いですが、今週末は天使園のクリスマス会です。 園内は大きなツリーや馬小屋が飾られ、クリスマスの雰囲気に♪ そしてクリスマス会に向けて、各クラスからは元気な歌声や劇の練習をする声が聞こえてきます。

天使園では、年少・年中さんは元気いっぱいの歌を披露します!! 友だちと一緒に、コンサートごっこなどとして楽しみながら過ごしています そして年長さんはイエス様の生誕劇、聖劇を行います。

クリスマスはサンタさんにプレゼントを貰う日、といイメージも強いですが、イエス様のお誕生をお祝いする日ということを子どもたちに伝えています。 年長さんみんなで心を合わせ、本番に向けて練習をしています。 遊びの時間も色々な役になって聖劇ごっこをしてる子も! そんな姿に憧れる年少さんと年中さんです☆ クリスマス会当日まであと少し。 今年も、神様のお守りの中でクリスマス会を行うことができますように…

2018年11月27日

共同制作 年中組

先日、年中組で共同製作を行いました。

園庭に落ちていた葉っぱを、実際に見て、触って、秋の葉っぱの色や模様を感じました。 その見た葉っぱをクレヨンや絵の具を使って画用紙一面を葉っぱの色にし、それをはさみで切っていきます。 そして後日いくつかのグループに分かれ、一人ひとりが切った葉っぱを一本の大きな木に貼っていきました。

こんな形にしよう、風に吹かれているのが良いな~、木にくっついているのがいいよ!と様々なアイデアが出てきましたが、みんなの意見を一つに合わせるのは難しい事です。 時には意見がぶつかって、悲しくなったり怒ったりすることも・・・。 でも、友だちや保育者と話していく中で、だんだん相手の気持ちに気が付いたり自分の気持ちに折り合いをつけたりしながら作っていくと、自然と助けあったり譲り合ったりする姿もたくさん見られました! みんなで力を合わせて作った大きな木。 温かい気持ちや頑張った気持ちがたくさん感じられる、特別な木が出来上がりました。

2018年11月20日

おもちつき

先日、おもちつきが行われました!

お餅つき当日は朝から園庭ではかまどから煙がもくもく。 保育室から「おもちつきのにおいがするね!」とわくわくが止まらない様子でした! この日はお母様方、そしてお父様方にもお手伝いいただき、天使園みんなで盛り上げていきます。 お父様方の豪快なお餅つきに合わせて「よいしょー!」と掛け声をする子どもたち。 そして子どもたちの番になると、腕まくりをしてやる気満々です! 重い杵を頑張って持ち上げ、年少さんと年中さんは先生と一緒に、年長さんはなんと一人でつきます。 友だちの「よいしょー!」という掛け声に合わせてぺったんぺったん・・・ 時々お餅がびよ~んと伸びると歓声が上がりました。

お餅つきをしてたくさん遊んでお腹がペコペコになったら、いよいよお餅を食べる時間です! お家の方が配ってくださっている間も、「早く食べたいよ~」「すごくおいしいにおいがする!」と、思わずよだれが垂れそうな子どもたち。 みんなでいただきますをして、お餅をぱくり! のり、あんこ、きなこの美味しいお餅をおなかいっぱい食べて、とっても幸せそうでした。 子どもたち、お家の方々、そして職員が一緒になって行われたお餅つき。 とっても楽しく美味しい日となりました♪

2018年11月19日

七五三のお祝い

天使幼稚園の七五三のお祝いは、カトリック藤が丘教会で行います。

七五三のお祝いをする子どもだけではなく、園児全員の成長を喜び、これからの健やかな成長をお家の方と一緒に願います。 教会の中では、パイプオルガンの音色に合わせて聖歌を歌ったり、お家の方と一緒に神父様から祝福を受けました。 これからも神さまのお守りの中で、元気いっぱいに過ごすことができますように…。

2018年11月13日

はじめてのお習字

年中組で初めての習字をしました!

「いつ習字するの?」「筆はいつ使うの?」と習字の時間を楽しみにしていた年中さん。ついに初めての習字の日をむかえました!まず初めに習字で使う道具の名前を紹介しました。「“はんし”っていうんだ・・・」「ぶんちん・・・」と初めて聞く名前に復唱していたり、「どうやって使うのかな?」と興味津々な子どもたちでした。

また、特に子どもたちが興味を示したのが半紙の裏表の触り心地の違いでした。実際に触りながら「うわぁ!こんなに薄いのにツルツルとザラザラだ!」と目を輝かせていました!  習字の時間は“静かな気持ち”で過ごすことを子どもたちに伝えます。気持ちが文字に表れることを伝えると、いつも以上に張り切って頑張る姿がたくさん見られました。  

最初の一文字目は漢字の「一」でした。先生と一緒に筆を持って、丁寧に心を込めて書いている姿は、とてもかっこよかったです。書き終ると満足げに書いた文字を眺めていた子どもたち・・・♪年長組になると一人で書くようになります!一人で書けるようになる日も楽しみにしながら、色々な字をこれからも書いていきたいと思います。

2018年11月12日

ブロックあそび

室内での自由遊びの時間には、ブロックや汽車、おままごと、工作など子どもたちは自分の好きな遊びを見つけて遊び込んでいます。

年少組ではブロック遊びが人気で、年中組や年長組が作る物の影響を受け、少しずつ大きなものを作ったり、遊び込む時間が長くなっているようにも感じます。時にはブロックが入ったカゴが空っぽになることも…。そんな時は、子どもたちから「もっといっぱいブロックが使えたらいいのにな~。」という声を聞くこともありました。

そこで今回は、年中組・年長組にあるブロックを全て貸していただき、思う存分にブロック遊びを楽しみました!子どもたちにブロックを借りてきたことを伝えると、「やったー!」と大喜び。たくさんのブロックを使って、いつもより大きな作品づくりに挑戦してみたり、協力して大きなお城を作ってごっこ遊びをしたりして、少し特別なブロック遊びをそれぞれ楽しんでいました。

普段は年長組にしかない形のブロックを見つけて、「いつもお兄さんが持っている物作ってみたい!」と張り切っている子もいました。 お片付けも頑張りましたね☆

2018年11月09日

てんしの広場

3日の土曜日は、向かいの公園を使って“天使の広場”というイベントを行いました。

今年は公園で“体を使って遊ぼう”をテーマにお家の方と一緒にミニスポーツゲームを楽しみました! 職員だけでなく、在園生のお父様方にもお手伝い頂き、一緒にゲームを盛り上げて頂きました!!

“スポーツの秋”ということもあり、 テニスのラケットでボールを打つ体験をしてみたり、 親子でミニパターゴルフをしたり、 サッカーの試合形式で大人対子どもで戦ってみたり! 他にもたくさんのミニゲームが!! どれもお家の方と一緒に挑戦しながら、楽しむことができました☆

スポーツをミニゲーム形式でやってみることで「テニス楽しかった!」「ゴルフもっとやりたい!」などそのスポーツに興味を持つ姿も見られました。 気持ちの良い秋晴れの中、こうして幼稚園のみんなで体を動かして遊ぶ日はなんだか特別で、子どもたちの楽しそうな声がずっと聞こえていました♪

 

2018年11月03日