ブログ一覧

クリスマス会

12月に入りました。
キリスト教の暦では今年は12月3日の日曜日(イエスさまがお生まれになる4週前)から降誕節といってクリスマスを準備する期間に入ります。
クリスマスがイエスさまのお誕生日であることを伝えながら、大切に過ごす時間となります。

幼稚園ではイエスさまのお生まれを喜ぶとともに、クリスマス会であたたかい心をプレゼントしあいます。
全クラスが友だちやおうちの方に喜んでもらいたと、歌や合奏・聖劇(イエスさまのお誕生のお話)の準備をしてきました。

たくさんのお客さまを前にするとドキドキもしましたが、心を込めて伝えている姿はみんなの心をぽかぽかにしてくれました。

 

各クラスの様子は後日お伝えします♪

2023年12月01日

クリスマス会に向けて・・・

今週末に“クリスマス会”があります。
天使幼稚園のクリスマス会では、各クラス準備してきたものを友だちやおうちの方にプレゼントします。プレゼントといっても物ではなく、歌や合奏、劇などです。
なのでクリスマス会の時期が近づいてくると、子どもたちの楽しそうな歌声や楽器の音が聞こえてきます♪

年少:ちゅーりっぷ組は初めてのクリスマス会に、歌をプレゼントします!
一人で歌う楽しさも、友だちと一緒に歌う楽しさも感じ始めている子どもたちです♪

年中:星組さんは歌と、合奏も準備しています!楽器のリズムに合わせて歌う姿は、だんだん頼もしくなってきました♪

年長:月組さんは、クリスマスがイエスさまがお生まれになった日というお話“聖劇”をみんなにプレゼントします。一人ひとりが大切な役を担い、1つのお話を作り上げます。自分の役だけでなく互いを感じながら練習しています。


どのクラスもクリスマス会であたたかい気持ちを込めて歌や合奏、劇を届けたいと思いながら練習をしています。今週末に控えたクリスマス会、あたたかな時間となりますように。

 


年長:月組さんが模造紙に聖劇の絵を描いていました!
下には“つきぐみ せいげき 100%”(全員集まってパワー全開)の看板も♪

2023年11月28日

誰かのために・・・

先日の焼き芋の時、みんなで食べるお芋を年長:月組さんが洗ってくれたり(お芋を焼く前に職員が洗っています)園庭で困っている友だちがいると、先生を呼びに来たり先生のところまで連れてきてくれたりします。
まだまだ小さな体ですが、優しい心を誰かのために使っている姿がたくさん見られます♪
自分たちにできること、相手が喜ぶことを自然と感じて行動に移している姿は、見ているこちらも温かい気持ちになります。

イエス様のお生まれになったクリスマスまであと1か月になりました。
幼稚園では毎年この時期に、“思いやり献金”をしています。お祈りの時間に、園長先生から世界には様々な理由で困難な生活を送っている人がいることを聞きました。戦争の影響で働かなくてはならない子どもや、建物が壊れてしまって外で勉強をしている子どもたちなど、写真も見ながら子どもたちと考えました。「遊べないのかな?」「外も楽しいけど寒くなってきたらどうするんだろう」と子どもたちもそれぞれに受け止めていました。何不自由なく暮らせることに感謝しながら、たくさん持っている自分の分の中から困っている人に(例えばおやつ1つ分を我慢して献金にあてる)分けっこするのはどうかな?と話すと、「それならできる!」と困っている人を助けたいという声が聞こえてきました。その中で「(おやつをがまんしたら)学校建てられる?」という意見もありました。もちろん一人ひとりの力は小さいですが、みんなの力を合わせていくと大きくなること、そしてみんなの温かい思いは必ず困っている人の心にも届くと伝えました。
お祈りの時間の後に、クラスでも思いやり献金について話しました。
おうちの方にも協力していただきながら、子どもたちと大切に考えていきたいと思っています。

 

幼稚園で普段自然とできている相手を思いやった行動を、世界に目を向けて考える時間となりました。まだまだ世界では胸を痛める出来事がなくなりませんが、あたたかなクリスマスをむかえられますように。

2023年11月22日

おもちつき

焼き芋の次は・・・お餅つき!
秋のおいしい味覚を楽しむ行事が続きました♪

お餅つきの日は朝からかまどに火がついていて、もち米を蒸し始めています。
登園時に「幼稚園来るときに煙見えたよ!」「なにをしてるの?」と見に来ていました。

 

もち米が炊きあがると、お手伝いに来てくださったお父さまと、体操の平田先生がもち米をこねて、みんながつきやすい状態になるまで、ついてくださいます。
「よいしょ!」の掛け声とともに、お父さまと平田先生の迫力あるお餅つきに子どもたちも大興奮でした♪

 

みんなの番になると、「パワーいっぱい貯めてきたんだ!」「力持ちだから!」と張り切る姿がたくさん!
年少:ちゅーりっぷ組・年中:星組さんは先生と一緒に、年長:月組さんは一人で杵をもってお餅をつきました。「お餅になってた!」「(臼に)いっぱいあったよ!」と嬉しそうでした♪

 

 

みんながついたお餅は、焼いてからお弁当の時間に食べました。
「おいしい~」「おかわり~」の声が止まらないほど、みんな嬉しそうにおいしそうに食べていました♪
お餅がちょっぴり苦手な子も、生まれてから初めてお餅に挑戦した子も、“幼稚園のみんなで作った”特別なお餅のパワーで、“おいしい”と感じながら食べられた経験をできました!

 

秋晴れの気持ちの良い1日に、みんなで秋の味覚を味わいました♪

2023年11月17日

焼き芋♪

10月にお芋ほりに行って、たくさんのお芋を掘ってきました!
その時に年長:月組さんが“焼き芋”の日のためのお芋も掘ってくれました。
さらに甘くおいしくなるようにと、少し寝かせていたお芋を、ついに焼き芋にして食べました!!

朝から「焼き芋早く食べたーい♪」と楽しみにしていた子どもたち。
園庭の片隅でお芋が焼かれ始めると興味津々に覗いていました。
幼稚園ではダッチオーブンの中に石を敷き、そこに蒸かしたお芋を入れます。じっくりと火が通るのでとってもおいしくなります!
今か今かと焼いている場所から離れない子もいました。

 

焼きあがったお芋は園庭でみんな揃って食べました!
「おいし~」「あまい!」と嬉しそうな声とともに、笑顔がいっぱいありました。

 

嬉しい秋の実りをみんなで堪能しました♪

2023年11月15日

お誕生会♪

毎月その月に生まれた子どもたちのお誕生会を開いています。
体育館に全園児とお誕生月の園児のおうちの方が集まり、みんなでお祝いをします。
お誕生月の友だちにインタビューをしたり、各クラス準備してきた歌をプレゼントしあったり・・・♪
“おたんじょうびおめでとう”の温かい気持ちがたくさんの時間になります。

そしてお誕生会の最後には“お楽しみ”の時間があり、職員がパネルシアターをしたり地域で読み聞かせの活動をされている方が劇を見せてくれたり、そして今月はお母さまのサークル“マリア文庫”のお母さま方が人形劇を見せてくださいました!

 

人形を動かすお母さま、人形の声やナレーションのお母さま、舞台上の道具を動かすお母さま、ピアノのお母さまなど、いろいろな役に分かれてみんなを楽しませてくださいます!
「ママの声だ!」「お母さんうさぎ役って言ってた!」とお母さんの出番を楽しみにしていたり、「この声○○ちゃんのママだね!」とお友だちのお母さんの声も聞き分けて見つけていました。
劇が終わるとお母さま方に出てきていただくのですが、「○○君のママ、動かしてたんだ~」「ピアノ弾いてたんだ!」とみんなで嬉しくなります♪
“みんなのお母さん”に、とっても楽しい劇のプレゼントをしていただきました!

2023年11月10日

てんしの広場

毎年11月3日の文化の日に“てんしの広場”を開催しています。
幼稚園前の公園が会場になります♪
テニスコーナーやサッカーコーナー、ゴルフコーナーがあったり、公園の中に隠れているクイズに答えてシールを集めたり、玉入れや綱引きもしました!
気持ちの良い青空の下で、子どもちおうちの方、職員みんなの楽しそうな声であふれていた1日でした♪

テニスコーナーは・・・
在園児のお父さまがコーチしくださり、ネットを挟んでラケットを持って球を打ちました!
ラケットを持つとテニスプレーヤーになった気分に♪




サッカーコーナーでは・・・
サッカークラブでコーチをされている卒園生のお父さまが卒園生もつれて、みんなとサッカーをしてくださいました!みんな楽しそうにボールを追いかけていました!


テニスとサッカーコーナーでは卒園生も大活躍でした!
コーナー準備のお手伝いを率先して行っていたり、子どもたちに優しく教えてくれたり、盛り上げてくれた姿を見て、心が温かくなりました。


ゴルフコーナーでは・・・
おうちの方と一緒に手作りのゴルフクラブで的をねらいました!力の加減や次はどの的を狙うか、おうちの方と息を合わせていました♪


クイズは・・・
“幼稚園の屋根の色は何色かな?”などみんなが知っている問題が公園の中に隠れていました!クイズのポイントを探したり、おうちの方と答えを相談しながらシールを集めます!最後は園長先生を探したり!?

おうちの方と一緒に体を動かして、スポーツの秋を感じながら過ごしました♪

2023年11月10日

お散歩に行ってきました♪

空に一つも雲が見つからないくらい良いお天気の中、東洋英和女学院大学にお散歩に行ってきました!英和にはたくさんの自然があり、秋の季節になるといろいろな種類のどんぐりも見つけられます♪また芝滑りができる場所もあり、子どもたちがのびのびと遊べます。コロナの影響でしばらくお休みしていた行事ですが、久しぶりにみんなで楽しい時間を過ごすことができました。

幼稚園からはバスに乗っていきました!「この辺、僕の家だ!」「ここに来たことある」と窓の外の景色を楽しみながら・・・最後に木のトンネルをくぐると英和に到着です!
「いっぱい木があるね!」「トトロもいそう・・・」ときょろきょろしながら散歩が始まりました。
「どんぐりみーつけた!」「きれいな落ち葉もあった!」とたくさんの秋を見つけていくと・・・
だんだんとどんぐりの形や色、葉っぱの色やにおいなどにも気が付いていき、「これはどこにおちてるんだろう?」「どの木かな?」と探している子どもたちもいました♪

 

 

また芝滑りではシューっと滑る感覚が気持ちよく、何度も坂を上っては滑るをくり返し、子どもたちの笑顔と笑い声がたくさんあふれていました。

 

たくさん遊ぶとおなかもすいてきて・・・
気持ちの良い青空の下で、みんなでお弁当を食べました♪

たくさんの自然に触れながら、楽しい時間を過ごすことができました。
またお散歩に行く日が楽しみです♪

2023年10月31日

秋探し♪

先日はお芋ほりにでかけたり、園庭に落ちている葉っぱも赤や黄色に紅葉していたり・・・
色々な秋を感じながら過ごしています♪

各クラスの壁にも秋にちなんだ製作物がたくさん飾ってあります。
年少:ちゅーりっぷ組さんにはどんぐりやぶどうが♪

 

年中:ほし組さんには折り紙で折ったきのこや栗、コスモスが♪


 

年長:つき組さんには画用紙をくるくるまいて作ったブドウや、折り紙で折ったリスがいました!

 

自然の中だけでなく、子どもたちの作品からもたくさんの秋が感じられます♪
次はどんな秋を見つけられるかな?

2023年10月27日

お芋ほりに行ってきました!

気持ちの良いお天気の中、近くの畑にさつまいもを掘りに行ってきました!
朝から「たくさん(お芋を掘る)パワーためてきた!」「早く行きたい!」と楽しみにしている声が聞こえてきました。

お芋畑までは年長:月組さんが年中:星組さんや年少:ちゅーりっぷ組さんと手をつないで連れて行ってくれました。
「あともうちょっとだよ」「(段差)ここに気を付けてね」と声をかけてくれて、月組さんの優しさパワーをたくさんもらいながら歩きました!

畑についたら掘り始めます!
つるや葉の部分は畑の方がとっていてくださったので、土の中から茎がちょんと出ていました。掘り始めると、茎の下に大きなさつまいもが何本もついていて、子どもたちは大興奮でした!
「ほってもほってもぬけない~」「こんなに出てきた!」と一生懸命掘っていました。茎からうまくつながっていると持ち上げるのもやっとなくらいの大収穫でした!

 

 

嬉しい秋の実りをみんなで感じることができました!
最後に月組さんが焼き芋用のお芋も掘ってくれました。少し寝かせてさらにおいしくなったころに、今度は味覚の秋を楽しみたいと思います♪

2023年10月27日

こひつじクラスで運動会ごっこをしました。

来年幼稚園に入園する学年のお子さまが対象のこひつじクラスで“うんどうかいごっこ”をしました!

玉入れをしてみたり、ポンポンを持ってダンスをしたり♪
おうちの方と一緒にだるまさんを運んだり!

 

 

どの競技もかわいらしい子どもたちの姿に、みんながにこにこあたたかくなった運動会でした。
こひつじクラスの運動会大成功!を祝して・・・だるまの目入れもしました!

 

そして最後にはメダルをもらって、なんだか気分は一人前のお兄さんお姉さんでした♪

こひつじクラスでは“もうすぐ幼稚園”までの時間を“幼稚園って楽しそう”と思っていただけるように、一日一日の活動を考えています♪



次回の10月25日(水)13:30~のにこにこ広場では、こひつじクラス体験ができます!
ぜひ幼稚園の雰囲気、こひつじクラスの雰囲気を感じていただけたらと思っているので、遊びにいらしてください♪
詳細はホームページ内、にこにこ広場にあります。

2023年10月24日

運動会:年長つき組

いよいよ幼稚園最後の運動会を迎えた年長月組さん。
月組の競技は天使園伝統の競技もあり、「いよいよ自分たちの番だ!」と張り切っていました。
特に小太鼓・大太鼓・シンバルを使ったリズム遊びは、年中の時から憧れだったものです。
今年は『LET’S GO!いいことあるさ!』という曲に合わせて演奏や行進をしました。
楽器はくじ引きで決めたんので初めはやりたかった楽器ではないものに決まった子もいましたが、当日を迎える頃には大好きな楽器になり、キラキラと輝くような笑顔もたくさん見られました。
また、リレーや綱引きといった勝敗がつく競技にも挑戦しました。
もちろん勝てば嬉しく、負ければ悔しいものですが、子どもたちからは「勝ち負けだけじゃなくて、みんなで頑張るのがかっこいいんだよね!」と温かい言葉が聞こえてきてきました。年少の時からずっと同じ時間を過ごし、たくさん助け合い、支えあい、励ましあってきたからこそ、みんなでできることの嬉しさや素晴らしさを自然と感じていたのだなと温かくなりました。
おうちの方におんぶしてもらって頑張る親子騎馬戦や、次のプログラムを紹介する‘マイク係’というお仕事も頑張りました!
頑張りたいからこそ緊張する場面もたくさんあったと思いますが、最後まで全力で楽しんでいた月組さん!
幼稚園最後の運動会は、とっても素敵な思い出になりました♪

 

2023年10月18日

運動会:年中ほし組

 今年の星組クラス競技のテーマは、探検隊になって皆で協力して宝箱を探す冒険をしました!クラスみんなが世界観に入り込み、運動会当日までの時間も「もうすぐ冒険に行く日だよね!?」とワクワクしながら準備を進めてきました。

 そしていよいよ本番!冒険に行くためのカッコイイ衣装や望遠鏡を持って、出発です!!2人1組になって協力して船に乗ったり、ジャングルのトンネルを潜り抜けたり、大きなワニに食べられないように川を渡ったり…!そして、望遠鏡を使って木に隠されている宝箱のカギを友だちと一緒に探し、無事に宝箱を見つけることができた子どもたち!最後には、探検隊になりきってダンスを踊りました☆ みんなで心を1つにして、楽しみながらも1人ひとりがカッコいい姿を見せてくれました♪

 また、年少組さんと玉入れをしたり、大好きなお家の方とダンスを踊ったり、他のクラスの競技中も「頑張れ!!」と応援していた星組さん!
当日を迎えるまで、楽しい気持ちだけでなく少しドキドキした気持ちも感じていた子どもたちでしたが、友だちと助け合いながら一生懸命頑張る姿を沢山見せてくれた運動会でした!!

 

 

2023年10月17日

運動会:年少ちゅーりっぷ組

年少:ちゅーりっぷ組さんは、絵本を読むことが好きなので、今年は絵本『バムとケロのそらのたび』の世界観を楽しみながら行う競技をしました!

運動会前には、絵本に出てくるバムのおじいちゃんからの手紙がちゅーりっぷ組のお部屋にも届き、クラスに作っていた封筒におじいちゃんからの手紙が入っているかを毎日楽しみに過ごしていた子どもたち…♡手紙を見つけると大喜びでみんなと一緒に手紙を読んでいました。
その手紙には旅の地図が入っていて、“りんごやま”や“かぼちゃさんみゃく”、“おおうみへびの背中”などの楽しい旅への道が書いてあり、地図に沿った旅の準備を子どもたちと進めてきました。
当日の旅の本番では「エイエイオー!」の掛け声で出発したちゅーりっぷ組さんは、どの競技もニコニコ笑顔で楽しんでいる姿が印象的でした☆

 

 


クラス競技以外にも、年中:星組さんと合同の『玉入れ』や大好きなお家の方と一緒に踊る『親子遊戯』、最後には子どもたち全員で『鈴割』をして運動会を締めくくりました。どの競技も緊張しながらもちゅーりっぷ組さんパワーで楽しく頑張る姿が見られました!

また、お兄さんお姉さんの姿を見て、一生懸命応援している子や、「やってみたいな」と憧れを抱いている子どももいました。何よりも、ちゅーりっぷ組の子どもたちにとって初めての運動会、ドキドキの気持ちもありましたが、お友だちやお家の方と一緒に楽しみながら頑張る姿が印象的でした♪




2023年10月16日

運動会を開催しました!

秋晴れの気持ちの良いお天気の中、無事に運動会を行うことができました♪
天使幼稚園の運動会は、目の前の公園で行います。

会場づくりには、朝からたくさんのお父さまに力を貸していただき、子どもたちが自分で描いた似顔絵を貼った“がんばるもん”(入場門)が建てられたり、公園を囲むように子どもたちが描いた万国旗を飾っていただきました!
公園の準備が進むにつれ、運動会の雰囲気に包まれて行きました♪

今年の運動会から、今までコロナで人数制限していたおうちの方のご招待も復活し、温かい声援がたくさんの運動会となりました。
たくさんのお客さまにドキドキもしましたが、これまで各クラス楽しく準備してきたものを、おうちの方や友だち
に“見てもらいたい”と張り切る姿もありました!
運動会の様子は後日クラスごとにお伝えします♪


そして今回の運動会より、卒園生競技“卒園生綱引き”も復活して、綱引きの綱がいっぱいになるくらいたくさんの卒園生が帰ってきてくれました!見ないうちに素敵なお兄さんお姉さんになっていてびっくりしたり、でも変わらないかわいらしい笑顔が残っていてうれしくなりました♪
運動会ではなかなかゆっくり顔を見れなかったり、お話もできなかったので、また顔を見せに帰ってきてくださいね!






神様のお守りの中であたたかい運動会を過ごすことができました。
地域の方にも見守られ、当日を迎えることができました。ありがとうございました。




2023年10月12日

憧れの・・・♪


運動会の練習が進んでいます♪
年長:月組さんは幼稚園前のお向かいの公園に出てリレーやリズム遊びの練習も始めました!
リレーは実際にトラックを走ってみるとカーブの難しさを感じたり、全員でバトンをつなげたときの喜びを感じていました!
リズム遊びは楽器を持って隊形移動をしたり・・・
年長組ならではの頼もしさが感じられます♪


そんなかっこいい月組さんに園庭から熱い視線が送られていました。
自由遊びの時間にお向かいの公園から月組さんのかっこいい練習の音が聞こえてくると、年少:ちゅーりっぷ組さんや年中:星組さんは公園が見えるフェンスに走っていきます!
「かっこいいね~」「がんばれー!!」「私たちも月組さんになったらできる?」と憧れのまなざしで応援しています。普段の生活の中でも助けてくれたり優しい月組さんですが、運動会の練習でも頼もしい姿を見せてくれています♪

幼稚園のみんなにとって“楽しい”がたくさんの運動会を迎えられますように。

2023年09月27日

走り方講座!


年長:月組さんは運動会でリレーを走ります!
帽子の色ごとに分かれて全員でバトンを回していきます。
自分のためだけでなく、チームのためみんなのために頑張る姿は毎年感動する時間です。

練習を頑張っている月組さんに特別に“速く走れるようになる走り方講座”がひらかれました!
走り方講座の先生は、卒園生のお父さまでご自身も陸上競技選手として箱根駅伝や実業団などでご活躍され、今は大学で陸上部を指導されている保科さんに来ていただきました。
毎年お忙しい時期の中、子どもたちに走り方を教えてくださいます。
教えていただくと、子どもたちの走り方や姿勢がぐんぐんと変わっていき、「速くなった!」「もっと走りたい」と速さに加え“走ることが楽しい”と感じている姿が見られて、毎年感動します♪

今年も朝から楽しみにしていた子どもたち!
「プロの先生が教えてくれるんだ!」と張り切っていました。
保科さんから速く走れるポイントを教えていただきました。どれも子どもたちにもできる動きや体の使い方で、子どもたちは選手になった気持ちで真剣になっていました。
手を上に伸ばして走るためのいい姿勢を作ったり、腕をよく振ることを意識したり・・・

 


講座も終盤になってくると、ももを上げて大きな歩幅で高く飛びながら走ってみたり・・・


子どもたちもどんどん速くなっていくことを感じて嬉しそうでした!
“走ることが楽しい”“もっと速く走りたい”の気持ちが遊びの時間にもあふれていて、子どもたちで園庭にコースを描いてリレーの練習をしていました。
走る前には姿勢をよくするポーズをしていたり、ポイントを思い出して復習していたり、特別な時間を過ごしたからこその姿がありました。

 


いつも子どもたちのために時間を作ってくださってありがとうございます。
運動会に向けて、走り方も、気持ちもぐんと成長した月組さんでした♪

2023年09月25日

運動会にむけて・・・♪

2学期が始まり、各クラス少しずつ運動会に向けての準備が進んでいます!
一人ひとりが“楽しい”と思えるよう、頑張ることももちろんありますが、“楽しい”“またやってみたい”の気持ちを大切にしています。

年少:ちゅーりっぷ組や年中:星組のクラス競技では、子どもたちの普段の遊びの中からヒントを得て障害物競走のようなものを考えたり、年長:月組も競争する競技だけでなくみんなで心を合わせるプログラムもあります。


年少:ちゅーりっぷ組さんは・・・
大好きな絵本の世界に!?



年中:星組さんは・・・
友だちとイメージを共有し膨らましている姿が見られていたので、友だちと協力して探検に出かけます!運動会で使う大道具の中には子どもたちの作品も!

 

年長:月組さんは・・・
クラスみんなで心を一つに、息を合わせてリズム遊びをします。
一人ひとりの音が重なりあってクラス全員で1つの曲にしていきます。


当日は大勢のお客さまを前に緊張する場面もたくさんあると思いますが、“楽しい”の気持ちを、周りの友だちと膨らませて笑顔がたくさんの1日になることを願っています♪
運動会の練習が始まると練習の音が大きくなってしまいますが、地域の方のご理解に感謝いたします。一緒に子どもたちの成長をあたたかく見守っていただきありがとうございます。

2023年09月21日

にこにこ運動会!

小さなお子さまを対象に開催している“にこにこ広場”で、“にこにこ運動会”をしました!


最初は・・・ポンポンを持ってダンス♪
音楽に合わせて体を動かすだけで楽しい気持ちになりました!

 

おうちの方と一緒にスズランテープの雨の中を通ってみたり、小さな障害物をよけて進んでみたり♪

 

風船のゾウくんのお散歩をしてみたり!



最後はメダルをもらって、運動会がおわりました♪
他にも玉入れなど・・・運動会ならではの競技もありました。

おうちの方と一緒に挑戦しながら、楽しそうな笑顔が見られてうれしくなりました!
そしてかわいらしい姿に私たちも楽しい気持ちに♪

次は幼稚園の子どもたちの番です!!
10月7日(土)に幼稚園前の梅が丘第3公園にて行います。
子どもたちの頑張る姿、楽しむ姿をぜひ見にいらしてください。
また11:00~11:30頃より、地域の未就園児のお子さまが参加できる“おみやげとり”があります♪ぜひ遊びにいらしてください。

2023年09月20日

読み聞かせの時間♪

在園児のおじいさまで、地域で読み聞かせの活動をされているグループ”おはなし宅急便 ぷちぷちグー”の方々が幼稚園に読み聞かせをしに来てくださいました!

 

お部屋に入ると木製の大きな紙芝居舞台が!
なんだか特別なことが始まりそうで、子どもたちも職員もワクワクしました♪
読み聞かせの時間が始まると、舞台が開き・・・
始まりは“ひよこ”のお話でした。かわいいひよこが散歩をしているとたくさんの食べ物が出てきます。お腹いっぱい食べると体の色が!?
子どもたちも「次は○○の色になっちゃうんじゃない?」と大盛り上がり!
一気に”ぷちぷちグー”のみなさんの世界に引き込まれていきました。

次はみんなの背ぐらいの大きさの絵本でした!
“そらまめくんのベッド”を手作りで大きな絵本にしてあり、その迫力にびっくりでした。
目の前にそらまめくんと仲間がいるような、楽しい時間でした♪

 

最後のお話は昔話から“たべられたやまんば”の紙芝居をしてくださいました。
声色が一気に変わり、お話が進んでいくうちに保育室の温度も下がったような・・・雰囲気に包まれていました。


読み聞かせの時間の後も「最後のお話ドキドキしたね~」と話していたり、幼稚園の本棚から“そらまめくん”シリーズの絵本を見つけて読んでいたり♪
子どもたちにとって色々な印象が残ったり、色々なことを感じた時間になりました。

子どもたちが地域の方からも大事にされていて、嬉しくなりました。そしてなりよりとっても楽しい時間をありがとうございました。また次の機会を楽しみに待っています♪

2023年09月19日

2学期が始まりました♪

暑さの終わりがなかなか見えない日が続いていますが、2学期を無事にむかえることができました!夏休みが明けて久しぶりに会った子どもたちは、なんだか背も大きくなっていてびっくりしました♪

始業式は子どもたちおうちの方、職員みんなで集まって行うことができました♪年長:月組さんが舞台の上に上がり、年中:星組さん・年少:ちゅーりっぷ組さんが舞台下で向かい合って座ります。月組さんはお手本として、星組さん・ちゅーりっぷ組さんはそんなかっこいい姿のお兄さんお姉さんを見ながら、お祈りをしたり聖歌を歌ったりします。お互いに良い刺激を受けながらあたたかい時間を過ごすことができました。
 
 2学期は1年の中でも長い学期になります。運動会やクリスマス会などの行事も控えています。普段の生活だけでなく行事に向けても一人ひとりが“楽しい”をたくさん感じられるよう準備をしていきたいと思います♪

今学期も神さまのお守りの中で過ごすことができますように。

 

1学期に年中:星組さんが植えたひまわりが元気に咲いています♪

 

 

2023年09月15日

にこにこ広場 "わくわくまつり"

未就園児のお子さまを対象とした“にこにこ広場”でも“わくわくまつり”を開催しました!
幼稚園のお祭りとは少し内容を変えて、小さいお友だちもおうちの方と一緒に楽しんでいただけたらいいな♪と準備しました。


金魚すくいやヨーヨー釣りはお水の感触も楽しみながらおうちの方と一緒に挑戦していました!楽しそうに手を伸ばす姿が可愛らしかったです♪

 

ゲームコーナーは“わなげ”と“シューティングゲーム(ボール転がし)”でした!
座って輪っかを引っ掛けたり、ボールをゴールに狙っていたり・・・挑戦する姿に職員はびっくりでした!

 

工作コーナーではパクパク遊べるおもちゃや“かき氷”を作りました!

夏の思い出の1つになっていたら嬉しいです♪
次回は9月12日(火)に親子の触れ合い遊びや簡単な工作を楽しんでいただく日☆
そして9月16日(土)はにこにこ広場の“運動会”を開催します!おうちの方と一緒に楽しんでいただけるプログラムを準備中ですので、お友だちも誘ってぜひ遊びにいらしてください!

2023年09月04日

夏まつり♪

夏休みの終わりに幼稚園で“わくわくまつり”を開催しました!
幼稚園がお祭り会場に変身します。
園庭には食べ物の屋台“わたあめ”“ポップコーン”屋さんが、室内にはおもちゃの金魚すくいやヨーヨー釣り、輪投げやスライム作りコーナーなどがありました!

当日は朝からお父さま方にお手伝いいただき、テント張りなどの会場設営をしました。
だんだんとお祭りの雰囲気になっていき、わくわく楽しい気持ちになっていきました!

“わくわく祭り”の始まりは・・・
幼稚園前の公園で子どもたちの作品で作られている“おみこし”を各クラスごとでに担ぎました!
「わっしょいわっしょい!」と元気のいい掛け声とともに“わくわく祭り”のスタートです!

 

コロナでお休みしていたお父さま方にお店を開いていただくことも復活しました!
あたたかい声掛けをしてくださり、お祭りを盛り上げてくださいました♪

 

お父さん手作りのポップコーンやわたあめも美味しかったです!

材料を合わせて混ぜると・・・いつの間にかプルプルしたスライムに!?

金魚すくいは、どの子を連れて帰ろうか・・・みんな楽しそうでした!

 

ヨーヨー釣りは持ち手の輪っかに引っ掛けるのに夢中に!「やったー!とれた~!!」

 

輪投げは狙いを定めて~!!

 

幼稚園中でみんなの笑い声、楽しそうな声で溢れた1日でした!
お父さま方に準備からお祭りの間、そして片付けまでお手伝いしていただき、大きな行事も無事に終えることができました。いつもたくさんの力をありがとうございます。
幼稚園のみんなで作り上げるあたたかな時間を夏休みの終わりに持つことができて嬉しくなりました♪
もうすぐ始まる2学期も神さまのお守りの中であたたかな時間となりますように。

2023年09月04日

林間幼稚園

毎年1学期が終わると、年長:月組さんは大冒険に出かけます。
近年はコロナウイルスの影響で内容を変更して行っていましたが、今年度ついにコロナ以前の内容で軽井沢へ行くことができました!

“林間幼稚園”に行くことは、子どもたちの毎日の様子を見ながら伝えていきます。6月のファミリーデーでお家の方と作った船を流したいね・・・から始まり、子どもたちと相談しながら船を流すにも探検するのにもとってもいい場所“軽井沢”に行こう!と気持ちも盛り上がっていきます。お家の方と離れて過ごす時間に不安や緊張もありますが、“友だちがとなりにいる”“みんなで行ったらきっと楽しいね”と楽しみな気持ちに変えていた月組さんでした!

軽井沢までは新幹線で行きます!車窓から見える景色の変化を楽しんだり、駅ですれ違う他の新幹線を見たり・・・楽しい電車の旅でした♪

 

お宿の美味しいご飯も子どもたちが楽しみにしていた一つです!「“レストラン”のご飯何かな~」と毎回楽しみにしていました。

 

林間幼稚園のメインイベント、“千ヶ滝”のハイキングと船流しも楽しみました!
千ヶ滝を見にハイキングをします!歩道の隣を川が流れているので、上流に行くごとに水温の変化を楽しみながら歩き進めました。

 

疲れた時にはクラスで歌っている歌を歌い始めると・・・いつの間にか歌声が広がっていき力が湧いてきました!
お互いに支えあいながら頑張った先にはきれいな滝が待っていました!!
「あんな高いところから!?」「すごいね~」と子どもたちの嬉しそうな声とともに達成感あふれる顔が見られました♪

 

下流まで戻った後は、船流しをして楽しみました!

 

 

他にも宿を探検したり、お布団をみんなで用意してみたり・・・いろいろなことをみんなで体験してきました!

新横浜駅に帰ってきて、おうちの方に会えた時の子どもたちの自信に満ち溢れた表情、安心した表情・・・一人ひとりの姿に林間幼稚園で過ごした時間が詰まっていました。
おうちの方と離れて過ごす大冒険。子どもたちまたおうちの方も心配なことがたくさんあったと思います。おうちの方と「行ってきます」「行ってらっしゃい」をしたときは大きな一歩を踏み出します。でもその一歩を踏み出せたことが新しい世界へつながっていきます。この宿泊行事の中で感じたこと、自分で頑張ったこと・挑戦したこと、友だちの存在・・・すべてが一人ひとりの成長につながっています。

“楽しかった”も“頑張った”もたくさん詰まった時間でした!
月組さん!おかえりなさい♪

2023年08月24日

段ボールを使って!!

終業式の後に数日“なつのあそぼう会”という日を設けています。
夏休みの前に幼稚園でも楽しく過ごせたら・・・と、段ボールを使って造形作品を作られている玉田多紀先生に来ていただいて、みんなで段ボール製作を楽しみました!!
普段の自由遊びの時間にも空き箱製作などで段ボールを使うこともありますが、先生の段ボール製作では私たちが想像もしていなかった使い方を教えていただきました!

今回は年少:ちゅーりっぷ組~年長:月組までの子どもたちが楽しめるようにと、風船に段ボールを貼っていって・・・という製作でした。まず初めに段ボールをしめらせて薄い皮にはいでいきます。意外とスルスルはげる感触や、メーカーによって異なる感触を楽しんでいました。薄くなった段ボールの皮を使って次は風船に貼っていきます。ボンドを塗りながら風船が見えなくなるように重ねていきます。保育者が手伝うこともありましたが、子どもたちはみんな集中して貼っていました。風船の周りに貼れたら今度は段ボールを粘土のようにして一人ひとり思い思いの作品に変身させていきます。段ボール色の風船を見ながらそれぞれのイメージが段ボール風船の上で形になっていきます。

 

 

 

 

 

普段の製作の時間よりはるかに長い時間でしたが、あっという間に感じるくらい子どもたち保育者も夢中になって楽しんでいました。出来上がった作品を見る子どもたちの目もキラキラ輝いていました♪
身近な素材ですが、固さや大きさによって使い方が限られていると思っていた段ボール。こんなにも子どもたちに扱いやすく、形も自由になることに驚きの連続でした!

“楽しい”の中にたくさんの実体験を通した経験が詰まっていた時間でした。

2023年08月24日

夏休みに入りました♪

4月に入園・進級した子どもたち。
一人ひとりのにこにこ笑顔が見られて嬉しい1学期でした。

親子遠足やシャボン玉ショー、移動動物園、コンサートなど・・・楽しい行事もたくさんありました。“楽しい”の中に子どもたちの発見や気付きがあり、成長に繋がっている姿も見られました♪

2学期は運動会やクリスマス会などの大きな行事も待っています。
友だちと一緒に“楽しい”が何倍にも膨らんでいきますように♪


夏休みの間も神様のお守りの中で過ごせますように。
2学期に会える日を、楽しみにしています!
暑い日が続いていますが、体調崩されませんように。
また台風の影響で被害にあわれた地域の方の1日も早い復興をお祈りしています。

2023年08月24日

笹取りに行ってきました!

今年も7月7日の七夕の日が近付いてきました!
先週のブログでは各クラスの七夕飾りの様子をお伝えしました。
そしてその飾りを付ける笹を、年長:月組さんが運んできてくれました!

毎年子どもたちのために笹を分けてくださる方がいらっしゃり、月組さんは幼稚園のみんなの分(3本)いただきに行きます。「笹の葉さ~らさら♪」と歌いながら、張り切って幼稚園を出発しました。
笹が生えている所に着くと、その背の高さに圧倒されていました。

 

笹はお手伝いに来てくださったお父さまと一緒にノコギリを持って切ります。一人数回ずつ切って、全員の力で切り倒します。笹が倒れてくると、「やったー!」と嬉しそうでした!


 

笹を切った後は、いよいよ幼稚園まで運びます。
数人ずつのグループに分かれ、お父さまにも一緒に持っていただきながら、幼稚園までの道をみんなで力を合わせて運びました!途中でくじけそうな時には、幼稚園で待っているちゅーりっぷ組さんや星組さんを思い出しながら・・・

幼稚園が見えてくると、「おかえりなさ~い」「頑張って~」と待っていた子どもたちが応援してくれました!
最後は坂道ですが、応援パワーももらいながら幼稚園まで届けることができました。


月組さん、本当によく頑張りましたね!運び終わった後、“頑張ったね”“ちゅーりっぷ組さんも星組さんも喜んでくれたね”と達成感を味わっている顔はキラキラ輝いていました。



 

毎年子どもたちのために笹を分けてくださる地域の方のおかげで、今年も立派な笹が幼稚園に並びました!

2023年06月27日

卒園生

2021年に創立50年を迎えた天使幼稚園。昨年で1694人の卒園生を送り出しました。創立者の塚本神父様そして荒先生が、神さまの道を歩む中で幼稚園を作られ、子どもたち保護者の方に神さまの愛をたくさん伝えられてきました。在園中の園児の保護者の方の中にも、天使幼稚園を卒園されている方が何人もいらっしゃいます。神父様、荒先生と時間を共に過ごした職員は減ってきていますが、卒園生でもある保護者の方からもお二人のお話を聞く中で、お二人が伝えてきた思い、注がれてきた姿が感じられ、大切に受け継いでいきたいと思っています。


先日、在園児のお母さまでご自身も卒園生の方が、同級生を連れて帰ってきてくださいました。お二人が在園中に担任をしていた職員が今も在職しているので、何十年ぶりの再会に心が温かくなる時間でした。幼稚園では朝や帰る前、お弁当の時間等にお祈りをしています。カトリックとして統一されているお祈りだけでなく、子どもたちが考えた“お休みのお友だちを思うお祈り”や“困っている人が安心して暮らせますように・・・”などのお祈りも神さまにしています。その習慣が“卒園してからも残っていた”というお話を聞きました。卒園してからも困った時に神さまにお祈りをしていた・・・というエピソードを聞き、一人ひとりが神さまに愛されている大切な存在であることが伝わっていたのだなと嬉しくなりました。


マリア様を思い浮かべながら持ってきてくだった素敵なお花を、晴れた日に園庭のマリア様の所に飾るのが楽しみです。
いつまでも天使のつながりがあたたかく残っている喜びを大切に、これからもたくさんの子どもたちと過ごしていきたいと思います。

2023年06月22日

読み聞かせの時間

お母さま方のサークル“マリア文庫”の読み聞かせの時間がありました♪
マリア文庫では年に数回お誕生会のお楽しみ(出し物)で、人形劇を見せてくださったり、クラスに絵本の読み聞かせをしに来てくださいます。お父さまが来てくださることもあります!

人形劇では、可愛らしく動く人形やおうちの方のあたたかい声に、子どもたちだけでなく職員も引き付けられます!
そして今回は、各クラスに絵本を読みに来てくださいました。
お部屋におうちの方がいらっしゃると、特別な気持ちになります!“今日は何を読んでくれるのかな?”“どんなお話かな?”とワクワクしていました。
お話が始まると絵本の世界に入り、夢中になって聞いていました!

 

 

 

学年を超えて普段から幼稚園の子どもたちみんなを温かく見守ってくださるおうちの方の声に、温かさや、安心した心地よさを感じながらの読み聞かせの時間となりました。
子どもたちのために素敵なプレゼントをありがとうございます♪
また次の読み聞かせの時間も楽しみにしています!

2023年06月22日

七夕に向けて・・・♪

7月7日の七夕の日に向けて、各クラス七夕飾りを作っています!
絵本などを通し、“七夕の日”の由来や云われを知りながら、おり姫ひこ星を作ったり、天の川を作ったり、願い事を考えたり・・・
クラスによって作り方も作る物も異なるので、毎年作品を付けた笹が並ぶとクラスカラーが出ていて楽しくなります。今年はどんな笹飾りになるかな?

年少:ちゅーりっぷ組
ちゅーりっぷ組さんのおり姫ひこ星のお洋服は、絵の具を使って作りました。
指に絵の具を付けるとひんやり冷たくて、「きもちい~」と嬉しそうでした。子どもたちが絵の具遊びの感覚で付けた模様が、素敵なおり姫ひこ星の洋服になっていました!
後日、顔を描いて洋服を着せてあげました。

 


年中:星組
星組さんは折り紙で星を作りました。三角に折った折り紙を3枚貼り合わせると星の形に!
天の川の星空に貼って、裏には願い事を書きました。星組さんの可愛らしい願い事がお空に届きますように♪

 

 


年長:月組
月組さんは“貝飾り”という七夕飾りを作りました。画用紙に切り込みを入れて、角を貼り合わせていくと立体の素敵な飾りが出来上がります!糊を付ける面が小さかったり、糊が手にたくさん付いたままだと細かい作業が難しくなったりと、色々な事に気を向けながらの製作工程でしたが、最後まで作り切っている姿はさすが年長組でした!

 

他にも色々な作品を作っています。どの作品もその子らしさが出ていて見ていると楽しい気持ちになります!
飾りを付ける笹は来週のブログでお伝えします!いまから飾る日が楽しみです♪


2023年06月21日

にこにこ広場

幼稚園、保育園に入園する前のお友だちを対象とした“にこにこ広場”の様子です♪

先日のにこにこ広場では・・・
気持ちのよいお天気だったので、園庭でシャボン玉遊びをしたり、お砂場で遊んだりしました!
このシャボン玉液は先月のブログにも載っているのですが、テレビやテーマパークなど様々なところでご活躍の“杉山兄弟”のお二人が幼稚園でショーを開いてくださったときに、プレゼントしてくれたものです。肌に触れても安全なもので作られているので、安心して遊べるだけでなく、子どもたちの力でも本当にたくさんのシャボン玉を簡単に作ることができます!発色も綺麗で、ぜひこのシャボン玉液が残っているうちに遊びにいらしてください♪

そして室内では汽車やおままごとの他に、今回は“でんでんだいこ”の工作コーナーを出しました!小さいお子さまにも楽しんでいただけるように“シールを貼る”工程でしたが、出来上がった作品は一つひとつ表情があって可愛らしかったです♪

 

 

次回のにこにこ広場は6月28日(水)13:30~
七夕飾りを作ります!シールを貼ったり・・・
年長:月組が取ってきた笹(持ち帰られるように小さくしてあります!)に付けてお持ち帰りいただけます。乳児の方もおうちの方と一緒に作れますので、ぜひ季節を感じる製作を楽しんでいただけたらと思っています♪
詳細はホームページ内、“6月 にこにこ広場”にありますのでご確認ください!

2023年06月20日

蚕(かいこ)のお世話

年長:月組さんでは毎年、蚕(かいこ)を育てます。生まれたては本当に小さかったので観察だけにしていたのですが桑の葉を食べて日に日に大きくなってきたので子どもたちにもお世話をお願いすることにしました!

モリモリ桑の葉を食べるので、葉脈だけになった葉っぱをどかして新しい葉っぱを入れてあげます。子どもたちが降園して次の日に登園してくるまでにも大きくなっているのが目に見えるので、子どもたちは毎朝「また大きくなってる!」「こんなに大きくなったんだね」と驚きながら蚕の成長を楽しんでいます。
小さな時から観察を始めたので、触れるようになってくると、手の上で優しく話しかけていたり、虫メガネも使ってより細かく観察していたり、図鑑と見比べながら「この子はそろそろ脱皮するかな?」と研究していたり!

新しい葉っぱを入れてあげると、どんどんと食べすすめる姿にも驚いています!
周りのお友だちが興味深々に蚕のお世話をしていると、触るのにちょっぴりドキドキしていた子も「ちょっと触ってみる!」と挑戦して、「かわいい~」「体柔らかいんだね・・・」「足の方もほわほわしてる」と色々感じていました。

 

それから2週間もしないうちに・・・
「なんか白いのがある!」と蚕が糸を出し始めているのを発見しました!
桑の葉を食べなくなって、糸を出し始めたら1匹ずつのお部屋がある“かいこマンション”にお引越しです。壁に糸を付けながら綺麗な形の繭を作っていきます!
ちょうちょの“さなぎ”とは違う姿に興味深々の子どもたちでした。





2023年06月17日

おうちの方と一緒に幼稚園で・・・♪

おうちの方と一緒に幼稚園で過ごす“ファミリーデー”がありました!
毎日しているお祈りを一緒にしたり、幼稚園で歌っている歌をおうちの方にプレゼントで歌ったり・・・そして遊ぶ時間には“工作コーナー”“木工コーナー”“新聞遊びコーナー”“伝承遊びコーナー”と、色々なコーナーを回りながらおうちの方と沢山遊びました♪


工作コーナーでは・・・変身マイクやブーメランを作ったり!
おうちの方と一緒に絵を描いたり、一緒にセロハンテープを貼ったり♪

 


新聞遊びコーナーでは・・・ちぎった新聞がたくさんビニールプールに入っています!
雨みたいに降らせてみたり、思いっきり遊んでいる姿が印象的でした。

 


伝承遊びコーナーでは・・・竹馬や、羽子板、コマに挑戦!

 

色々なコーナーを回りながら、おうちの方と一緒ににこにこ笑顔で遊んでいる姿を見ることができて、職員も嬉しくなった時間でした。
どんなおもちゃがあるか、どの本がお気に入りかおうちの方に紹介したり、お部屋を紹介してみたり、色々なコーナーで遊ぶ以外にも嬉しそうな顔がいっぱいでした!

 


そして夕方には男性保護者の方との懇談会“ヨセフ会”がありました。普段はなかなかお話する時間がありませんが、子どもたちの幼稚園での様子やお家での様子を共有することができ、貴重な時間となりました。

保育室に飾ってある子どもたちの作品も見ていただきました!



幼稚園を支えてくださるおうちの方との大切な1日を過ごすことができて嬉しかったです。お忙しい中ご参加くださりありがとうございました。

2023年06月17日

梅の実②

先日のブログに書いた、秘密で仕込み中の梅の実を月組さんのお部屋にそっと置いてみました!

 

実は・・・氷砂糖とリンゴ酢に漬けて“梅シロップ”を作っていました!梅の実と氷砂糖が混ざっていく様子も子どもたちと一緒に楽しめたらと思っています。
「なにが入ってるの?」「どんな味になるんだろう?」「明日食べれる?」とワクワクしながら見ている子どもたちが可愛らしかったです。
みんなで味わう日が楽しみです♪

2023年06月08日

梅の実の収穫!

園庭のマリア様の像の横にしだれ梅の木があります。冬に花を咲かせ、春にはきれいな新緑を見せてくれました。5月ごろから緑の葉っぱの間に梅の実を見つけられるようになってきて、子どもたちとも「どこにあるかな?」「あそこにあった!」と梅の実探しを楽しんでいました!6月に入ってからは落ちている実を見つけると「まんまるだ!」「いいにおいする~」とだんだん実が熟れてきている様子が子どもたちの声から伝わってきました。

 

そこで、年長:月組さんと一緒に梅の実を収穫することに!
子どもたちは下から梅の実がどこにあるのか担任に教えます!「あそこだよ~」「もうちょっとこっち!」と子どもたちの可愛らしい誘導のもと、担任が梅の実を取って、子どもたちが下でキャッチします。
ボールの中にどんどん集まる梅の実に大喜びの子どもたちでした。

 

今年収穫した梅は、秘密で仕込み中です♪

2023年06月07日

コンサート♪

NHK交響楽団で演奏なさっている保護者の方が、子どもたちのためにコンサートを開いてくださいました!
幼稚園で開かれる“コンサート”を楽しみにしていた子どもたち、当日は登園時に「今日はコンサートだからおしゃれしてきたんだよ」と教えてくれる子もいました。

コンサートは体育館で開かれました♪子どもたちが着席した後、演奏される3名の方が入場されると、手に持っている楽器や素敵な衣装に目が釘付けになっていました!

 

ヴァイオリン、コントラバス、ピアノと、演奏が始まると子どもたちは息をのむように聞き入っていました。子どもたちのために、ディズニーの曲やジブリの曲も演奏してくださり、「知っているお友だちは一緒に歌ってね」と生の演奏を聞ける特別なコンサートだけでなく、“楽しい”コンサートにしてくださいました!


また子どもたちが幼稚園で歌っている曲も演奏してくださり、演奏に合わせて子どもたちも歌いました♪いつも歌っている歌がとっても素敵になって、子どもたちもウキウキワクワクしていました!

 

曲の合間にこそっと「ヴァイオリンとコントラバスは(音の)高さが違うね」と話していたり、質問コーナーでは楽器に付いている部品に気が付いて聞いていたり、生の演奏を間近で見せていただき聞かせていただいたからこその子どもたちの発見や気づきがありました。
コンサートが終わってからも子どもたちから「楽しかった!」「素敵だった!」「もっと聞きたかった♪」と感想が出ていました。子どもたちがそんな風に感じる事ができて、素敵な時間をくださったことに感謝の気持ちでいっぱいです。貴重な演奏をプレゼントしてくださってありがとうございました。

2023年06月06日

月組動物園♪

先週移動動物園があり、たくさんの動物たちと触れ合う時間がありました。
「ひよこかわいかったよね!」「ちゃぼ抱っこできた!」「動物また来てくれないかな?」と終わった後も楽しかった思い出を話している声が聞こえてきます。

月組さんでは子どもたちが作った動物で月組動物園を開くことになりました!
ポニーやうさぎ、アヒルやひよこ、ヤギなど・・・移動動物園に来てくれた動物を空き箱などを使って作ることに!
数人ずつに分かれて動物を作り始めました。どんな動物の姿にしたいのか、そのためにはどんな材料が必要か、子どもたち同士で相談しました。ポニーのチームは“みんなが乗れるように・・・”と段ボールを使うことにしたり、ひよこのチームは手の中ですやすや寝てくれたあたたかい経験から手のひらサイズにしたり・・・
楽しかった思い出が作品に溢れていました♪

 

 

2日かけて協力して作った動物を体育館に運び、“月組動物園”の開園です!他のクラスのお友だちも招待しました!月組さんは“飼育員さん役”を演じてみたり、星組さん・ちゅーりっぷ組さんはポニーに乗ったり、動物を抱っこしてみたり・・・
楽しかった思い出にまた新たに素敵な思い出がプラスされました♪

 

 

幼稚園のみんなを楽しい気持ちにしたい、その準備を子どもたち同士で相談していく・・・など年長:月組さんの頼もしさもたくさん発揮されていました♪

2023年05月31日

あじさいの花♪

園庭にも色々な場所にアジサイが植わっています。場所によって種類が違ったり、開花のスピードも違って、子どもたちとも探検気分であじさい探しを楽しんでいます♪

 

 

年中:星組さんは2日に渡って“にじみ絵”の技法を使ってあじさいを作りました!
まず1日目は白い画用紙に水と絵の具を使ってにじみ絵を楽しみました!
水を塗った画用紙に絵の具をたらすとパッと絵の具の色が広がっていきます。子どもたちも予想外の絵の具の動き、色の広がり方に驚いていました!「ここにたらしたどうなるかな?」とたらしてみたり、赴くままにたらしてみたり・・・いつの間にか素敵なにじみ模様が出ていたり、色が重なり合っていて、素敵な作品になっていました♪
絵の具を使った製作でも今までの“塗る”とはまた違った“にじむ”を楽しんでいた星組さんでした。

 

 

そして2日目はにじみ絵をあじさいの花の形に切ったものを画用紙に貼って、周りに目前に迫ってきた“梅雨”の景色を描きました!雨が降っていたり、カエルが遊びに来てきたり・・・一人ひとり思い思いの作品を作り上げていました。

2023年05月30日

雨の日が増えてきました!

天気予報でも傘マークが並んでいたり、梅雨が目の前に近づいてきていますね。
外遊びも大好きな子どもたちですが、雨の日の室内遊びもみんなの笑い声でいっぱいです♪

雨が降ったり止んだりの一日・・・
ちゅーりっぷ組さんで“てるてる坊主”の製作をしました!
始めに完成したものを見せると「おばけかな?」「てるてる坊主だ!」とてるてる坊主を知っている子も知らない子もいたので、“お天気になりますように!晴れますように!”の願いを込めたお人形であることをお話しました。外遊びが大好きな子どもたちは「晴れてほしい!」と、てるてる坊主を作る気持ちがたくさんわいていました!

ちゅーりっぷ組さんのてるてる坊主は“はじき絵”に挑戦しました!
“自分のロッカー”に“自分のクレヨン”が入っていることが、とっても嬉しい様子で、“クレヨンを使う”ことを伝えると、嬉しそうにロッカーに取りに行っていました♪

クレヨンでてるてる坊主のお顔を描いたり、体の部分に色を塗った後、上から絵の具を塗ると・・・クレヨンで色を付けたところの絵の具がはじかれ、模様が浮かび上がってきます。不思議そうに何回も絵の具でクレヨンの上を塗っている子もいました♪
“はじき絵”の不思議な技法を体感しながら、素敵なてるてる坊主を作っていました!

 

 

「あ~した てんきにな~あれ!」

2023年05月29日

幼稚園が動物園に大変身!?

幼稚園が動物園に大変身する移動動物園の日がやってきました!
ウサギやモルモット、アヒルやちゃぼ、ひよこやネズミ・・・そして白ヤギさんと黒ヤギさんポニーも来てくれました♪

登園時間から移動動物園の準備が始まっていたので、子どもたちは大興奮でした!
係の方から抱っこの仕方や、動物の気持ち、ご飯のあげ方を教えていただくと、“動物たちが怖がらないように気を付けよう!”と一生懸命聞いていました。

移動動物園が始まると、嬉しそうに動物たちと触れ合っていました!

 

なでたり、ご飯をあげたり、だっこしてみたり・・・♪

ひよこは手の中ですやすや寝てくれました!

幼稚園前の公園ではポニーの背中に乗せてもらいました!

 


動物の気持ちを考えながら撫でてみたり、ご飯をあげてみたり、抱っこしてみたり・・・
あたたかい触れ合いの時間を持つことができました!
最初は触れなかった園児も、動物の可愛らしさにだんだんと距離が縮まっていました。
動物たちに会えて楽しい!だけでなく、子どもたちにとって“小さな命を大切に思う”貴重な体験ができました♪

2023年05月26日

マリア様のお祈り

カトリックでは5月を“マリア様の月”と呼んでいます。
幼稚園でも優しい心でみんなのことを見守っていてくださるマリア様に心を向けてお祈りをする時間をもっています。

実際に目にすることはできないマリア様に心を向けられるよう、お祈りの気持ちを込められるお花を一人ずつ作りました。毎日のお祈りの中でも自分で作ったお花を持ってお祈りをすることで、子どもたちの心の中にマリア様のあたたかさが届いたらいいなと過ごしてきました。

そして、先日カトリック藤が丘教会から神父様が来てくださり、一緒にお祈りする時間を持ちました。そのお祈りの中で、みんなが作ったお花をマリア様にプレゼントしました。みんなの気持ちもきっとマリア様に届いていますね。

 

世界中に優しさが溢れますように。
そして私たちもその優しさの一人になれますように。

2023年05月25日

おばけトンネル♪

星組さんのお友だちがふと、「おばけのトンネル作りたい!広いの!」とつぶやきました。いつも自由に使っている空き箱だと広くて大きいトンネルは作れそうにありません。“段ボールならできるかも!”と段ボールを集めに行きました。段ボールが部屋に集まってくると、友だちも集まってきて、みんなでおばけのトンネルを“楽しみ”にトンネル作りの仲間が増えていきました!

体が通れるくらいの段ボールをつなげることは、一人ではできません。友だちにおさえてもらったり、どうやってとめたらいいのか意見を出し合って、長くつなぎ合わせていきました。途中で中を通ってつながっているか確認したり、ガムテープを貼る時に中からも押さえたり・・・だんだんと長いトンネルができてきました♪
トンネルが長くなってくると、「おばけも作らなきゃ!」とお化けを描いてトンネルに貼っていきました。おばけが出てくる絵本を見ながら描いていたり、友だちと「足がいっぱいなんだよ!」「力持ちで・・・」とイメージを膨らませながらオリジナルのおばけを描いていました。
描いたおばけをトンネルの中に貼ると、ワクワクしながらトンネルに入っていく子どもたち!

 

 

トンネルから出てくると「おばけいっぱいいた~」「手かまれた!」「体についてきちゃった!」など楽しそうな声がたくさん聞こえてきました♪
みんなで協力したり、意見を出し合う楽しさをたくさん感じていた星組さんでした!

2023年05月23日

シャボン玉ショー

幼稚園のみんなが大好きな行事の1つ、“シャボン玉ショー”がありました!
雨も心配されていたのですが、みんなの願いが空に届いて、無事に開催することができました♪
実は曇りの日の方がシャボン玉の色が見えやすいようで、シャボン玉日和でした!


シャボン玉ショーは幼稚園の創設者の塚本神父様のお誕生日のお祝いとして、開園当初よりシャボン玉の第一人者である“杉山兄弟”をお呼びして開催しています。
杉山兄弟は有名なアーティストのライブや、テーマパークなどでもシャボン玉の演出をされていたり、テレビにも出演なさるなど、ご活躍されているお二人です。
そんなお二人の特別なシャボン玉で溢れる一日になるので、卒園してからも子どもたちの心に残っているという話をよく耳にします♪

杉山兄弟のお二人がオリジナルに作っているシャボン玉液は、色もきれいで割れにくく、そして口や目に入っても安全な物だけしか入っていません。なので子どもたちも安心して楽しめます!


 

毎年素敵な時間、思い出をありがとうございます♪
来年のシャボン玉ショーも楽しみにしています!

2023年05月19日

ありさんの おはなし きいたかね♪

年少:ちゅーりっぷ組さんと、年中:星組さんで“ありさんのお話”という歌を歌っています。
とても可愛らしい歌で、子どもたちも大好きになりました!
ありさんの おはなし きいたかね♪と歌が始まるのですが、言葉と言葉の間に“チョンチョン”とありさんの声がもし聞こえたら・・・と、ありさんがお話している真似をします。
園庭でもあり探しが大好きな子どもたち、この歌を口ずさみながら虫探しをしています♪


そして星組さんでは製作の時間にみんなが大好きな“ありさん”を折り紙で作りました!
黒い折り紙を3枚使います!それぞれ折っていくと・・・“あたま”“むね”“はら”と本当のアリの体と同じ構造だけれど子どもたちが作った可愛らしい“ありさん”が出来上がりました!
ありさんの周りには自由に絵を描きました。歌に出てくる“大きな桃の実”を描いていたり、園庭で見かけるテントウムシを“友だち”として描いていたり、一人ひとり楽しそうに作っていました♪

 

2023年05月09日

イースターのお祈り

本当のイースターの日は4月にありましたが、幼稚園では子どもたちが新しい生活に慣れてきた頃に、イースターのお祈りをしています。
イエスさまは私たちのために十字架に付けられお亡くなりになり、3日後にご復活されました。その日をイースターと呼びお祝いします。
子どもたちが理解するには難しい部分もありますが、イエスさまはみんなのことを大好きで、愛していてくださること、みんなも周りの人を大切にできたらあたたかい気持ちがたくさんになってくね・・・と伝えています。

イースターのお祈りでは、カトリック藤が丘教会から神父さまがいらしてくださり、みんなにお話してくださったり、お祈りをしてくださいます。そしてお祈りの中でイースターの卵“イースターエッグ”を祝別といって、神さまのお守りにあずかったものにしてくださいました。一人ずつ卵をいただくと、嬉しそうに大切そうに眺めていました♪

 

 

神さまの子どもとして、あたたかい心を周りの人にもたくさんプレゼントしながら過ごしていきたいですね。イエス様のご復活の喜びを、幼稚園でもみんなでお祝いしました♪

2023年05月08日

こどもの日

幼稚園でもこいのぼりを飾っています。
手作りの鯉もあるので雨予報の日には飾れないのですが、しばらく平日の日中に飾っていますので、ぜひ見にいらしてください♪

そして、年長:月組さんでは・・・
一人ひとり新聞紙で“かぶと”を作りました。見開き1枚で取れる最大の大きさで作りました。
いつもの折り紙と違って大きいので、角と角を合わせることや折線をしっかりつけることも、ちょっぴりコツがいりましたが、だんだんと形になっていく様子に嬉しそうに作っていました!

 

“かぶと”が折れたら、飾り付けです!画用紙や折り紙、クレヨンなど自由に使いながらオリジナルの“かぶと”を作ります。
「宝石を付けたよ!」「600年前のかぶとにしてみた!」「鶴(折り紙で作った)が付いてるの!」と一人ひとり思い思いに作っていました♪
中には「ここにはバスの切符とか入れられるよ!」と機能性もプラスされた“かぶと”もありました!

 

 

出来上がると鏡でポーズをきめている可愛らしい姿も♪
一人ひとり世界に一つの素敵な“かぶと”が出来上がりました。

2023年05月01日

アンネのバラが咲きました♪

アンネ・フランクをイメージされ“平和”の祈りをこめられ作られた“アンネのバラ”がマリア様の横で綺麗に咲いています。開花すると周りがぱっと明るく華やぎます♪

アンネのバラは今から50年も前にアンネのお父さまから日本に送られてきました。世界の平和のためにご尽力されていた日本の牧師様がイスラエルに行かれた際に偶然アンネのお父さまに出会いました。そうしてお二人の交流が始まり、1972年のクリスマスにお父さまからアンネのバラの株が届きました。いただいたバラを接ぎ木しながら“アンネのバラ”が平和の願いと共に日本中に広まっていきました。その1つが天使幼稚園にもあります。
バラが咲いた時、“きれいだな”の気持ちと共に“平和がありますように”と思うことができるあたたかいバラです。
子どもたちとも“平和の願い”と共にアンネのバラが咲くことを楽しみにしています。

 

お母さま方のサークル“クローバーの会”でもお手入れをしてくださり、今年もたくさんのつぼみを付けました。
毎年楽しみにしているお花の一つです♪

 

世界から悲しい出来事はまだまだなくなりませんが、今ある生活に感謝をしながらあたたかい気持ちを周りの人にプレゼントしていけますように。
アンネのバラに込められた“平和”の願いが広がりますように。

2023年05月01日

親子遠足に行ってきました!

前日の雨に「明日は晴れるよね?」「遠足行けるよね?」と心配をしていましたが、みんなの願いが届いたかのようにお天気に恵まれ、無事に遠足に行くことができました♪


在園の方、新入園の方が互いに顔を合わせながら一緒に楽しい時間を過ごせたらと思い、毎年この時期におうちの方と一緒に“こどもの国”へ遠足に行きます。毎年たくさんのこいのぼりがお出迎えしてくれます♪

お空の下でみんなでお祈りをしたり、ダンスを踊ったり、ボール送りや、クイズゲームをしたり・・・クイズの中では先生たちがどれくらい大縄跳びを飛べるでしょうか?という問題も!?

 

おうちの方が一緒だと・・・幼稚園のみんなが一緒だと、楽しいが何倍にも大きくなっていて、
みんなの笑い声がたくさんの、あたたかい1日となりました♪

2023年04月27日

天使幼稚園、ベビーラッシュです!

先日メダカの赤ちゃんが生まれましたが、今度はカマキリの赤ちゃんが生まれました!!

去年の10月、年少:ちゅーりっぷ組のお部屋にカマキリのお母さんが遊びに来て、卵を産み付けました。カマキリがお部屋に遊びに来たこともびっくりでしたがまさか卵まで!と、びっくりの出来事でした。
「あたたかくなったら生まれるかしら?」と過ごしていたら・・・
「あ!何か動いてる!」「赤ちゃん!?」と子どもたちの声が聞こえてきました。

 

このままだと部屋の中にいっぱいのカマキリが産まれてきそうだったので、そっと取ってカゴに入れました。
「うわぁ~ちっちゃいけどカマキリだ~!(カマキリの形)」「何カマキリかな?」と指に乗せてみたり嬉しそうに見ていました。
「あの卵から100匹くらい(赤ちゃん)出てくるんだって!」「友だち100人できるかな~(歌に合わせながら)♪」と可愛らしいやり取りもありました。

 

 

元気に生まれてきてくれたので、幼稚園の花壇にお引越ししてもらいました。
また大きくなったカマキリに会える日が楽しみです!

2023年04月27日

月組さんの畑

幼稚園の一角に、毎年年長:月組さんがお世話を任されている畑があります。
何を植えるか子どもたちと相談したり、毎日の水やりや雑草抜きなど、みんなで分担したり、気が付いたお友だちがお世話をしたり・・・楽しく育てています♪

今年の月組さんも、畑のお世話を始める時期がやってきました!!
まず何を植えたいか子どもたちに聞きました。
すると・・・
「とまと!」「きゅうり!」と、夏野菜の名前が出てきたり、
「だいこん!」「にんじん!」と時期は違っても野菜だな・・・と聞いていました。
意見が出てくるにつれ、「マンゴーも美味しいよね」「ブルーベリー!」など、だんだんと木になる果物が出始めました。それでも嬉しそうに“育ててみたい”の気持ちを込めて意見を言ってくれていたので、苗を売っているお店にある種類で畑に植えようと話し合いが終わりました。

そして今年は、とまと、きゅうり、なす、ピーマン、赤パプリカ、オレンジパプリカ、オクラを植えました!
2人1組になってポットから苗を出す姿も可愛らしく、どの苗も月組さんの優しい手で大事に植えてもらっていました。

 

っと優しさがいっぱい詰まった美味しい野菜が収穫できますね♪
月組さん!お世話よろしくね。

2023年04月27日

こいのぼり

子どもの日が近付いてきました!
園庭にもこいのぼりが元気いっぱい泳いでいます♪
幼稚園のこいのぼりは既製品の鯉のほかに、子どもたちの作品のこいのぼりも泳ぎます!


年長:月組さんのこいのぼりは・・・
“しぼり染め”という方法を使って、鱗の形の布を染めました!
布でビー玉を包み、輪ゴムでギュッととめます。染め液につけると輪ゴムでとまっていた部分に液が浸み込まず、白く残ります。
ビー玉を輪ゴムで留めるところから、月組さん頑張りました!
最初は「ビー玉落ちちゃう!」「ん~できない~」と苦戦している声も聞こえてきましたが、コツをつかんでくると、「できた!」「もう一個付けてみよう!」と、どんどん挑戦していました。
そして好きな色の液に付けて乾かした後、輪ゴムを取ると・・・・
とっても素敵な模様が!満足そうな月組さんでした♪

年中:星組さんのこいのぼりは・・・
“はじき絵”で鱗を作りました!鱗の形の画用紙にクレヨンで好きな模様を描いたら、絵の具を1面に塗ります。すると・・・クレヨンで描いた所の絵の具がはじかれ、クレヨンの色が浮かび上がってきます♪クレヨンの上にいくら絵の具を塗っても、色が付かないことにワクワクしていた星組さんでした!

年少:ちゅーりっぷ組さんのこいのぼりは・・・
初めての“手形スタンプ”に挑戦しました!可愛らしい手のひらに絵の具を塗ると、絵の具のひんやりした感触や、筆のちょっぴりくすぐったい感触を楽しんでいました♪

 

みんなのこいのぼりが幼稚園の空を泳いでいる姿を見ると、元気が出てきます♪
平日の晴れている日に飾っていますので、ぜひ見にいらしてください。

2023年04月26日

めだかのようちえん♪

小学生になった卒園生が遊びに帰ってきてくれました!
その小学生が帰ってきたちょうどその日にメダカの赤ちゃんも生まれたのですが、その卒園生はなんと去年メダカの水槽を覗きながら“めだかようちえん”(めだかのがっこうの替え歌)を作詞した子どもの1人でした!

めだかのがっこうの音に合わせて
 めだかのようちえん
 いしのなか(幼稚園では石の水槽で飼っているので)
 そ~っとのぞいてみてごらん
 そ~っとのぞいてみてごらん
 みんなで○○しているよ
(○○の部分を変えて3番まで作っていました♪)

みんなで歌ったメダカが卵を産んで、赤ちゃんが生まれたことにびっくりしながら、水槽で元気に泳ぐメダカの赤ちゃんを見ていました♪
「お歌作ったの覚えてる?」と聞くと「みんなでかくれんぼしているよ~だったっけ?すべりだいだっけ?」と思い出していました!そして「この子たちも(赤ちゃんメダカ)みんなで・・・何がいいかな?ブランコしているよがいいかな?」と楽しいことを思い浮かべながら考えてくれました。


去年の思い出も重なって、なんだか嬉しい1日でした♪
次に帰ってきてくれる時には、赤ちゃんメダカも大きくなっているかな・・・

2023年04月26日

めだかの赤ちゃんが生まれました!

園庭で飼っているメダカが春休みの間に卵を産んでいました!
水草の根に、小さな卵がいくつか見えて・・・よく見るとお腹に卵を付けたまま泳いでいメダカも!?

赤ちゃんに会いたいな~と思いながら、卵が付いた水草を別の水槽に移して観察していました。
「こんなにちっちゃい卵なんだ!」「元気で出てきてね~」と優しく声を掛けながら・・・
“今日もまだ生まれてなかったね”と卵を見守る日々が続いていました。

 

そして今日ついに!卵から赤ちゃんが生まれました!!!
本当に小さくて、体は透明で、すばしっこくて・・・よーく見ないとなかなか見つかりませんが、元気いっぱい泳いでいました!
子どもたちも大喜びで「やった~!」「体光ってるね!」「見つけた見つけた!」と水槽を食い入るように見ていました。
赤ちゃんメダカを見たからこそ(体が透き通っていて目が光ってる)、まだ卵に入っている赤ちゃんを見て、「もうすぐ生まれるね!」「(卵の中に)目が見えるもん!」と発見もしていました。

 

 

これからもどのように成長していくのか、子どもたちと楽しみに観察を続けていきたいと思います♪

2023年04月26日

春の虫

ぽかぽか気持ちのよい日が続き、園庭にも虫が遊びに来てくれました!
外遊びの時間になると「虫探ししよ~」の声がたくさん聞こえてきます。虫かごと虫網を持って、お友だちと一緒に虫探し探検に出発します!

アリやダンゴムシ、テントウムシやちょうちょなど、捕まえた虫が虫かごにどんどん増えていきます♪
テントウムシを探していた子どもたちが、「本当は赤いテントウムシを見つけたいのに、黄色くて小さいテントウムシが見つかった・・・」と話していました。「なんていう名前のテントウムシか調べてみよう!」と図鑑を広げてみたのですが、なかなか見つからず、園長先生に相談することにしました。「なんていう名前のテントウムシですか?」と聞くと、調べてくださり・・・“シロホシテントウ”と教えてくださいました!名前が分かるとなんだか特別なテントウムシに感じてきて、みんなで「今日はいいことありそう♪」と嬉しくなっていました!


また別の日には・・・
自由遊びの時間に「ダンゴムシのお家作るんだ!」と空き箱でお家や公園を作り始めました!
「トンネル通ってくれるかな?」「滑り台作ったらコロコロ転がるかな?」「ブランコ僕も好きだから(ダンゴムシもきっと好きだと思う!)」とどんどんアイディア出てきて、熱中して作っていました。


そして完成すると、嬉しそうに園庭に出かけて行ったのですが!
なんとそのお家を作った園児はダンゴムシが触れないのです。「せっかく作ったのに触れないんだよね・・・」と寂しそうにしていると、「捕まえてきてあげる!」と友だちが捕まえてくれました!友だちに助けてもらいながら、「やっぱり日陰のトンネルの中が好きみたい」「ブランコ楽しそうに乗ってるね!」「鉄棒はちょっと難しいみたい」といつの間にか他の学年の友だちも集まり、みんなでダンゴムシと一緒に遊んでいました。

 

あんなに楽しそうに作っていたのにダンゴムシが触れなかったり、友だちがすぐに助けてくれたり、子どもたちの世界はとっても自由であたたかくて、かわいらしいな・・・と思いました♪

2023年04月21日

初めての幼稚園!

年少:ちゅーりっぷ組さんにとって、全部が新しく初めてのことばかりです♪
園庭や園舎の中がどんな所か、みんなで探検にいってきました!

園庭はこひつじクラスの時にも遊んだことがあります。今まではおうちの方と一緒でしたが、これからはお友だちや先生と一緒に遊びます。“どこに何があるのかな”“どうやって遊ぶのかな?”“どんなお約束があるのかな?”と探検しながら見て回りました。
探検した後は思いっきり外遊びの時間です!楽しみにしていたお砂遊びや遊具に向かって一目散の子どもたちでした。

 

 

 

園舎の中の探検は“(活動中のクラスのお邪魔にならないように)ぬきあしさしあししのびあし・・・”と忍者に変身して回りました!
一緒に遊んだり、お支度を手伝ってくれたり、優しく声を掛けてくれたりするお兄さんお姉さんのお部屋も覗いてみました。お歌をかっこよく歌っている姿や、かっこよくお話を聞いている姿に、思わず拍手をしていたちゅーりっぷ組さんでした!

 

どんどん世界が広がっていきます!楽しいもたくさんになっていきます♪
これからの毎日が今から楽しみですね。

2023年04月18日

お兄さんお姉さん♪

年少:ちゅーりっぷ組さんが入園してくることをとっても楽しみにしていた月組さんと星組さん!
“一緒に遊びたいな”“(お支度の)お手伝いしたいな”など、たくさんの優しい気持ちを心に秘めていました。今までお兄さんお姉さんの月組さんが優しくしてくれたことを、今度は自分たちがしてあげる番だ!と張り切っていました。

上履きを履くお手伝いをしたり、スモックを着る時にはボタンを留めてあげたり、してもらう方もしてあげる方もあたたかい気持ちになっていて、見ている私たちも嬉しくなります♪
学年でクラスは分かれていますが、みんなで一つの幼稚園です。学年を超えて、保育室を超えて遊び、みんなが安心できる友だちになっていきます。

 

話は変わってしまいますが、先日小学1年生になった卒園生のおうちの方から、小学校の校舎の中で図書室への道が分からなくて困っていた時、通りがかった2年生の卒園生がすぐに助けてくれたというお話を聞きました。小学校に行ってからも自然に優しい心をプレゼントできていて嬉しくなりました♪


自由遊びの時間にもどんどん関りが増えていきます。これからどんなやり取りが繰り広げられていくのか今から楽しみです。

2023年04月14日

新学期も楽しく遊んでいます♪

始業式、入園式をむかえ、全員がそろって新学期が始まりました。
進級した子どもたちは新しいマーク(一人ひとりにマークがあって靴箱やロッカーなどに貼ってあります)を探したり、新しい保育室にあるおもちゃで遊んでみたりしています。

月組さんでは“ぽっくり”に挑戦している姿を見かけます!
ちゅーりっぷ組・星組にあった“ぽっくり”とは形が違って、難易度も上がります。足の裏の感触や手に持っている紐でうまくバランスを取らなければなりません。初めは乗るだけでもやっとですが、練習していくうちにコツをつかんで上手に進めるようになっていきます。「できた~!」「先生!見て見て!」と嬉しそうな声がたくさん聞こえてきます♪


星組さんではドレスを着てお姫様ごっこをしたり、工作で“掃除機”“ショベルカー”や“太鼓”、“スマートフォン”を作ってみたりしています。ドレスを着ると気分は“お姫様”!お話の仕方や表情もなり切っていて、可愛らしいです。工作ではイメージしたものを形にする楽しさと難しさを感じながら作っています。保育者も手伝いながらですが、自分で作った作品は特別です!掃除機を作った子どもたちは、保育室を掃除してくれました!

 

幼稚園生活第一歩目のちゅーりっぷ組さんも大好きな遊びを見つけて過ごしています♪楽しそうに線路をつなげて電車を走らせたり、おままごとコーナーでご飯を作ってお人形さんに食べさせてあげたりしている姿は見ていて嬉しくなります。


一人ひとりが“今日も楽しかった”と思えるような毎日になりますように♪


2023年04月14日

入園式をむかえました♪

青空の気持ちのよいお天気の中、入園式をむかえました。
在園の子どもたち、おうちの方も、新しい仲間が増える日を楽しみに待っていました♪

おうちの方と一緒に水色スモックとリュックを背負って登園してきた年少:ちゅーりっぷ組さん!まだぶかぶかのスモックや大きく見えるリュック姿がとっても可愛らしかったです。
今までも未就園児クラス(こひつじクラス)で幼稚園には通っていましたが、なんだかいつもと違う洋服や雰囲気に、ちょっぴりドキドキしている表情もありましたが、楽しそうに園庭を歩いている姿が見られてとても嬉しくなりました。

入園式は体育館で行いました。入園式には年中:星組・年長:月組も参加します。幼稚園のみんなでお祈りをしたり、聖歌を歌って幼稚園の雰囲気を感じていただきました。
そして新入園児のお友だちの名前が呼ばれると、おうちの方と一緒に“はいっ”とお返事していました。ちゅーりっぷ組さんとして初めてのお名前呼びでした♪在園の子どもたちもお名前と顔を一致させるように、ちゅーりっぷ組さんの顔を見て嬉しそうにしていました。

 

そして在園児からはそれぞれ歌のプレゼントが!
“これから一緒に遊ぼうね”“おともだちだよ”と思いを込めて歌いました。

ようちえんのみんなが揃いました!
どんな1年間になるかな?楽しいこといっぱい見つけてくださいね。

子どもたち一人ひとりのうえに神さまのあたたかい祝福がありますように♪

2023年04月11日

小学校・中学校入学の卒園生が来てくれました!

春になると卒園生のことを思い出します。
何年生になったかな?どんなお兄さんお姉さんになったかしら?と想像して、子どもたちの思い出話に花が咲きます。

小学校・中学校の入学をむかえた卒園生が、晴れ姿を見せに来てくれました。


小学生の子どもたちは・・・
ランドセルを背負って帰ってきてくれました!
自分で決めたり、おうちの方と相談して決めた特別なランドセルを嬉しそうに見せてくれました。「ちょっと重いんだよ~」と言いながらも、みんな張り切って背負っている姿は、立派な1年生でした♪
嬉しそうに中も見せてくれました!

 

 

「○組になったんだよ!」「○○ちゃんと一緒のクラスだった!」と色々教えてくれました。
「これからも天使幼稚園に行きたいな・・・」と、新しい生活にちょっぴりドキドキしている姿もありました。幼稚園からみんなのことを思っています。みんなの歩む道があたたかいものでありますように。神様はいつも一緒にいてくださいます。心の中に思い出してみてくださいね。
また会える日を、帰ってくる日を楽しみに待ってます!!






中学生の子どもたちは・・・
制服姿で来てくれました!体も大きくなって、幼稚園が一気に小さく感じました。
別々の小学校に行っていた友だちも中学校でまた一緒になったりと、子どもたちも嬉しそうでした。久しぶりに会っても変わらない“天使の仲間”として、安心して楽しそうに話している姿は、みていてほほえましかったです。今でも“お兄さんお姉さん先生(学校の振替休日などの日に幼稚園で“先生”として過ごす日です)”のことも覚えていて、「行きたいな~」と嬉しい声も♪今はまだ中止していますが、様子を見ながら再開できたらと思っています。会える日を楽しみにしています!


 

卒園されてからもこうしてあたたかいつながりを持てること、みなさまにお会いできること、なによりのプレゼントだなといつも感じています。いつでもお待ちしています。時々顔を見せに帰ってきてくださいね♪

2023年04月07日

始業式をむかえました♪

春休みが終わり、始業式をむかえました!
一つお兄さんお姉さんの学年に進級した子どもたち。お揃いの水色スモックの胸には一つお兄さんお姉さんの名札が付いていました。

「やったー月組さんだ~(年長)!!」「星組さんになった!」と嬉しそうに登園してきました♪
始業式の始めに、「月組さ~ん」「星組さ~ん」と新しいクラスで初めて呼ばれると嬉しそうに張り切って「は~い!」とお返事をしていました。

 

 

今日は小学校の行事と重なって、お休みのお友だちもいましたが今年度もみんなであたたかいスタートとなりました!入園式をむかえたら新しいお友だちも増えますね♪
この仲間と過ごせる毎日が今から楽しみです!

2023年04月07日

マリア様の側で・・・

春の風に桜の花も散っていき、新緑の緑が映える園庭になってきました。
梅の木もたくさんの葉を茂らせてマリア様の横に立っています。
その横に、“ハナミズキ”の木があって、この時期になると可愛らしい花を咲かせます。(花と呼ばれる部分は中心の小さいところだそうです。)その形が十字架のようで、いつも楽しみにしているのですが、今年はどのお花も空に向かって咲いていて、入園や入学をむかえる子どもたちにエールを送っているようです。

 

今度の日曜日にイースターをむかえます。幼稚園では子どもたちが新しい生活に慣れてきた頃にイースターのお祝いをします。
イエス様がわたしたちのために十字架に付けられ復活なさった日です。キリスト教で大切にしている日のひとつです。あたたかいイースターをむかえられますように。イエス様のご復活の喜びが世界に溢れますように♪


幼稚園も新年度をむかえました。
一人ひとりが神さまから愛されている大切な存在です。
天使幼稚園で一緒に過ごせる日々に感謝をしながら、子どもたちおうちの方とあたたかい時間を過ごしていきたいと思っています。

2023年04月07日

新年度が始まりました!

春の気持ちのよい風で園庭の桜の花びらがひらひらと舞っています♪
昨年度星組さんが植えてくれたちゅーりっぷや、クローバー(お母さま方のサークル)が植えてくださったお花も元気いっぱい咲いています!

幼稚園では新しい1年に向けて、準備を進めています。
“どんなことをしようかな?”“今年は○○やってみたいね!”と子どもたちの姿を想像しながら準備をしていると、職員室も自然と笑顔で溢れます♪
新しい生活の始まりに、ドキドキしている時期かと思いますが、楽しいこともたくさん待っています!楽しみにしていてくださいね。

卒園生も進学・進級と新しい1年が始まりますね!みんなの姿を思い浮かべると、心がぽかぽかあたたかくなります♪ドキドキしているかもしれませんね。幼稚園からいつもみんなにパワーを送っていますよ。時々顔を見せに帰ってきてください。


残り少なくなってきた春休みですが、神さまのお守りの中であたたかい時間をお過ごしください!

 

 

 

 

春休み中の園庭の様子です🌸

2023年04月04日

今年度も神さまのお守りの中で・・・♪

修了式・卒園式も無事にむかえ、今年度も終わりに近付いてきました。
今年度も神さまのお守りの中で、子どもたちの笑顔を見られたことに感謝します。

去年の4月ごろは、年少:ちゅーりっぷ組さんは初めての幼稚園生活にドキドキして、おうちの方と離れる時には涙する姿もたくさんありました。幼稚園で大好きな遊びを見つけたり、友だちに出会ったり・・・毎日を積み重ねていく中で笑顔がたくさんになっていました♪

年中:星組さんは一つお兄さんお姉さんになって、幼稚園を盛り上げてくれました!段ボールや新聞などを使って、“おばけやしき”“おんせん”“パン屋さん”“自動販売機”など・・・たくさんの道具を友だちや先生と相談しながら作り出していました、他のクラスの友だちにも声を掛け色々なお店を開いてくれました♪友だちと協力する楽しさ、作り込む楽しさ、色々な楽しさを感じていた1年でした。

年長:月組さんは幼稚園で一番お兄さんお姉さんになって、ドキドキしながらも張り切ってみんなを引っ張っていました!行事では運動会や聖劇など、心を合わせたり互いに支え合いながら、やり遂げていました。また今年度は宿泊行事も再開し、軽井沢まで行ってきました。どの時も子どもたちの自信に満ちた顔は忘れられません。そして“できた”“楽しかった”の達成感が子どもたちの成長をさらに促している・・・そんな1年でした。


今年度1年も子どもたち一人ひとりが、それぞれのペースで幼稚園を楽しみ、成長を遂げてきました。子どもたちのことを思い、応援し、成長を一緒に分かち合える、保護者の方との日々もあたたかい時間でした。今年度もたくさんのご協力をありがとうございました。

ちゅーりっぷ組さん・星組さんはまた4月に、月組さんは小学生になった姿を見せに会いに来てくださいね♪



 

春休みの間に園庭の桜の花がたくさん咲きました!また星組さんが植えてくれたちゅーりっぷも元気に咲きました。雨も多い3月の終わりでしたが、園庭にはたくさんの春があって嬉しくなります♪
みなさま良い春休みをお過ごしください。また4月にお目にかかれる日を楽しみにしています!

2023年03月24日

卒園生が来てくれました!

近隣の小学校で卒業式が行われ、各小学校に進学していた6年生の子どもたち、おうちの方が帰ってきてくれました。

「ただいまー」の声に幼稚園が一気に6年前に戻ったかのように、懐かしい空気に包まれました。体が大きくなっていたり、お話の仕方が変わっていたり、知らない間にお兄さんお姉さんになっていました。懐かしい遊具や新しい遊具を見つけると嬉しそうに走っていく姿や、“じゅんばんこ”に遊具で遊ぶ姿には、あの頃の可愛らしい姿が残っていて、ほほえましくなりました♪
きらきら輝く天使の笑顔も、あの頃のままかわいかったです!

 

 



また保護者の方も帰ってきてくださり、変わらないあたたかい天使のお父さまお母さまに会うことができ、本当に嬉しい時間となりました。

こうしていつまでも卒園生、おうちの方とあたたかいつながりを持てていること、とても幸せに思っています。
これからもいつでも帰ってきたいと思っていただける幼稚園でいられるよう、一日一日を大切に過ごしていきたいと思いまます。

卒業をむかえられたみなさま、ご卒業おめでとうございます。
これからもみなさまの上に神様からのあたたかい祝福がたくさんありますように。
「ただいま」の声を楽しみに幼稚園で待っています♪

2023年03月17日

卒園式をむかえました。

樹齢50年を超え、開園当初から子どもたちのことを側で見守ってくれている桜が、
子どもたちの門出をお祝いするように咲き始めました。

 


 

朝から良いお天気の中、おうちの方と手をつないで登園してきた子どもたち。
ちょっぴりドキドキしながらもいつも通り「いってきます」とおうちの方に手を振っていました。
ちょっぴりドキドキするけれど、今日で月組さんが最後の日だけれど・・・お別れじゃないよね、みんながお兄さんお姉さんになった“おめでとう”の1日だよね!と子どもたち職員ともに卒園式が行われる体育館に向かいました。

式の中で、卒園証書授与が行われます。
舞台に上がり、一人ひとりが名前を呼ばれ証書が入った額を園長先生からいただきます。
舞台の上に立つ姿、返事をする声、証書を受け取った時の表情・・・そのすべてに幼稚園生活の中で一人ひとりが成長したことが集約されており、保護者の方、職員皆の胸が熱くなった時間でした。

今回が第50回目の卒園式になります。証書には一人目の卒園生からの通し番号“証書番号”が書かれています。今年で1694番になりました。卒園式をむかえると、幼稚園とはお別れのような気がしてしまいますが、卒園生となって幼稚園とのつながりは続いていきます。そしてこれまでの卒園生全員と“天使幼稚園の卒園生”としてあたたかいつながりが膨らんでいきます。

今年の月組さんも立派に卒園していきました♪
これからも神さまのお守りの中で、一人ひとりがきらきら輝く毎日を送れますように。
時々幼稚園にも顔を見せに帰ってきてくださいね。待っています!

2023年03月17日

修了式

年少:ちゅーりっぷ組・年中:ほし組の子どもたちが、修了式をむかえました。
修了式は前半と後半に分かれており、前半は年長:月組も参加し、互いに“ありがとう・だいすき”の気持ちを込めて歌のプレゼントをしました。
この1年、一緒にたくさんの時間を過ごしてきた子どもたちです。月組は舞台上から、ちゅーりっぷ組・ほし組は舞台の下から向かい合い、互いに思い合っている姿が見られてあたたかい時間でした。月組からは、子どもたちが考えた言葉のプレゼントも!その一部には「ずっと友だちだよ」の言葉も・・・。子どもたちから出たあたたかい気持ちでした。

 

そして式の後半は、ちゅーりっぷ組・ほし組の子どもたちだけでなく、保護者の方も一緒に修了証書授与式を行いました。
入園した頃はあんなに小さかったちゅーりっぷ組さんも、名前が呼ばれると嬉しそうに返事をしていました♪
またもうすぐ年長になるほし組さんも、頼もしく成長している姿も見られ、保護者の方と共に、みんなの成長を嬉しく感じる時間となりました。


春休みの間も神さまのお守りの中で元気に過ごしてくださいね。
4月からも楽しいことがたくさんまっていますよ♪

2023年03月17日

思いやり献金

先日トルコで大きな地震があり、たくさんの方が被害にあわれました。
幼稚園でも子どもたちと一緒に考えながら、困っている方へ献金を送ることにしました。

お祈りの時間に子どもたちにトルコで起きた地震について話しました。
テレビの報道などで、大きな地震があったこと、亡くなった方がいること、多くの建物が崩れていることなど知っている子どもたちもいました。改めて私たちが置かれている安心できる毎日に感謝をしながら、私たちにできることで何か助けになることを探していきました。献金という形にはなりますが、その献金になるまでには子どもたちのあたたかな思いがたくさん詰まっています。
いつもお風呂の後に楽しみにしているアイスを我慢してその分を献金に回した子どもや(子どもに聞くと「そのアイスが食べられなくてもその分困った人のところに届くから大丈夫」と言っていました。)お手伝いをたくさんして献金にあてていた子どももいました。

献金を集める日になると、献金を入れた袋にもあたたかい心がこもっていました。
トルコの地震で被害にあわれた方のもとに、献金と共にあたたかい気持ちも届きますように。

 



2023年03月09日

教会訪問

年に2度、カトリック藤が丘教会に集まりお祈りの時をもっています。
3学期の教会訪問では、神さまのお守りの中で1年間過ごせたことに感謝し、また子どもたちの成長をおうちの方と一緒に喜ぶ時間ともなります。



お祈りの中で、神父様からみんなは神さまの子どもとしてこれからも歩んでいってくださいね・・・とお話がありました。あたたかい心を周りにたくさんプレゼントしながら、あたたかい輪がこれからもたくさん広がっていきますように。
そして、卒園式の日に月組さん一人ひとりに渡すおメダイを祝別していただきました。神様からの特別なお守りがありますようにと、神父様と幼稚園のみんなからお祈りの気持ちが込められていました。

 

 

月組さんはこれまで幼稚園で毎日お祈りしていました。卒園してからも神さまのことを思い出してお祈りしてみてくださいね。きっと心が落ち着いたり、安心したりすると思います。また神父様もおっしゃっていましたが、いつでも教会を訪ねてみてください。

これからも神さまのお守りの中でみんなが過ごしていくことができますように。

2023年03月09日

お別れゲーム大会

3月に入ると、年長:月組さんの卒園が間近に迫ってきます。
大好きな月組さんとの時間を大切に・・・と過ごす中で、今回はおうちの方も一緒に月組さんと一緒に遊んだり、小学校に行く月組さんを応援する時間を作りました。
そして今回は特別に、みんなで遊べるように近くの小学校の体育館をお借りしました!

広くて大きな体育館に、子どもたちは大興奮でした。
ダンスを踊ったり、幼稚園クイズに答えたり(クイズの中で、お父さまに大縄跳びに挑戦していただいたり♪)、全員で“猛獣狩り(レクレーション遊び)”をしたり・・・学年を超えて交わりながら、たくさんの笑顔と笑い声が溢れていました!

 

 ※月組さんは黄緑・水色帽子で分かれているのですが、どちらの色が多いでしょうか?のクイズの答えでは、実際に月組さんに出てきてもらってみんなで人数を数えました!

 


また月組さんはこの日のためにサプライズで準備してきた歌を2曲みんなにプレゼントしました。歌詞の中で“ドキドキするけれど元気に小学校行ってくるね!”“みんなにであえたことにありがとう”と伝えていました。
月組さんの歌っている姿を見ながら、入園した頃の姿や一人ひとりの成長が思い出され、また月組さんの思いが歌に乗って心に届いてきて、胸が熱くなった時間でした。

最後にはお父さんお母さんからもプレゼントが!
お父さんからはエール、お母さんからは歌を歌っていただきました。
そして幼稚園のみんなで、“月組さんありがとう・がんばってねの花道”を作って、月組さんを送りました♪


みんなで遊んだ楽しかった思い出も、みんなに歌のプレゼントをしたことも、おうちの方からのプレゼントも、どれも月組さんにとって様々なパワーになっていくと思います。幼稚園のみんなからのあたたかいパワーをたくさん充電していました!
お休みの日の行事でしたが、おうちの方もたくさん参加してくださり、また我が子だけでなくどの子どものことも大切に思ってくださっていて、心が温かくなる時間でした♪

2023年03月08日

ほし組自動販売機!

色々なお店を開いて、お客さんを招く遊びが大好きな星組さん。
自由遊びの時間に子どもたちから「○○屋さんやりたい!」「ちゅーりっぷ組さんも月組さんも呼びたい!」と意見が出てきて、今までもパン屋さんや銭湯を開いては、幼稚園のみんなを楽しませてくれていました。
パン屋さんは新聞紙に絵の具で色を付けてフランスパンやメロンパン、チョコパンにいちごパンを作ったり、銭湯は段ボールや新聞紙、空き箱などを使って露天風呂やシャワーなどを作っていました。
今回は・・・・みんなの背より少し高い段ボールを見つけて「自動販売機を作りたい!」とみんなで相談し始めました。「なんの飲み物あるかな?」「(押し)ボタン付けたい!」「自動で落ちてくるようにしたいな・・・」と想像が膨らんでいきます。職員も入りながら、子どもたちの手で作り進められるよう構想を練っていき、何日もかかって作り上げました!

ほし組自動販売機は・・・
①お金を入れます
②飲みたい飲み物のボタンを押します(押しながら声で注文もします)
③(自動販売機の後ろで)注文された飲み物を、取り出し口に繋がっているレーンに流します
④(自動販売機の後ろで)お釣り取り出し口に繋がっているレーンにお釣りを流します
⑤コロン♪と出てきた飲み物とお釣りを受け取ります!

全自動にはどうしてもできませんでしたが、お客さん役も自動販売機役もどちらも魅力があり、どちらにも毎日たくさんの列ができています。
また、他の学年の子どもたちも「自動販売機行ってくる!」と嬉しそうに出かけていきます。中にはピクニックごっこをしていた子どもたちが、お弁当を片手に「のどがかわいたからお茶を買いに行こう!」とほし組自動販売機に立ち寄ってお茶を買うシーンも!
また買い方が分からない年少さんには学年が上の子どもたちが自然と教えてあげていたり、友だちの分も買っていたり・・・楽しいだけではなく優しいやり取りもたくさんありました♪

 

 


次は何屋さんができるかな?職員も楽しみにしている“星組○○屋さん”です!


2023年03月03日

月組さん大好き!

だんだんと年長:月組さんが卒園する日が近付いてきました。
お兄さんお姉さんの一歩を大きく踏み出すこと、子どもたち一人ひとりの成長に喜びを感じながらも、毎日は会えなくなることに寂しさも感じます。
みんなでするお祈りの時や、行事の時にはかっこいいお手本になってくれたり、幼稚園のみんなを引っ張っていってくれます。また自由遊びの時間には月組さんが優しくリードしながら全学年が混ざって遊ぶ姿も園庭のあちこちで見られます♪

そんな大好きな月組さんに向けて、年中:星組さんと年少:ちゅーりっぷ組さんが内緒でプレゼントを用意してくれて、渡しにきてくれました!
月組のお部屋で待っていると、ちゅーりっぷ組さんと星組さんがそれぞれ遊びに来てくれました。なんだか互いに嬉しそうな恥ずかしそうな表情で見つめ合っていた子どもたち。プレゼントの手作りメダルをもらうと、月組さんは嬉しそうにじっくりとメダルを眺めていました。心の中にみんなからのあたたかい思いが届いているような表情の月組さんでした。

これから毎日は会えなくなってしまうけれど、いつまでも友だちだね♪
小さい幼稚園だからこそ、みんなが互いの名前を知っていて友だちになれて、大切な存在になります。助けたり助けられたり、頼ったり頼られたり・・・一方通行ではなく、互いに矢印が向いている、そんなあたたかさを改めて感じた時間でした。

 

2023年03月02日

豚汁の日

幼稚園の畑で年長:月組が大根を育てていました!
冬の寒さに負けずだんだんと土の中から白い部分が見えてくるようになりました。
子どもたちからも「そろそろ食べられる?」と声が聞こえてきたので、みんなで収穫することにしました。
そして収穫した大根を見ながら、子どもたちと相談して幼稚園のみんなに“大根入りの豚汁を作ろう!”と決まりました♪

月組さんのお役目は大根を育てて収穫したところまでではなく、豚汁に入っている大根・ニンジン・じゃがいもを切るところまで頑張りました!“美味しくなぁれ・美味しくなぁれ”と気持ちを込めながら、みんなの分の野菜を切りました。
「美味しくなるといいね」「切ってたら食べたくなっちゃった」と可愛らしい声や、「みんなに早く食べてもらいたいね!」と頼もしい声も聞こえてきました。

野菜を切った次の日が豚汁を食べる日になります。
朝から「豚汁早く食べたーい」とみんなが楽しみにしていました♪
お弁当の時間が近づいてくると・・・くんくんなんだかいい匂い!子どもたちの食欲も掻き立てられていました。

一人ひとりお椀に入った豚汁が配られると、「いいにおい~」「美味しい!」と笑顔もほっぺたもこぼれていました。
豚汁がちょっぴり苦手な子も、“月組さんの大根おいしい!”と食べていたり!中にはおかわりを5杯も6杯もしている子どもたちもいました♪

 

2023年03月02日

おみせやさんごっこの日

これまで幼稚園の全員で準備してきたおみせやさんごっこの日がきました!
朝から「○○とね、△△を買うんだ!」「お母さんから□□を頼まれちゃった!」と楽しみにしている声がたくさん聞こえてきました。中にはお買い物のメモを持ってきている子どもも!

始まりの合図がなると「行ってきまーす!」と嬉しそうにお買い物に出かけていきました。
「いらっしゃいませ~」「これください!」や、「どうやって遊んだらいい?(ゲームコーナーでは)」「おめでとう!当たったので景品2つです!」など学年を超えて楽しそうなやり取りをしている声がたくさん聞こえてきました。
おみせやさんごっこの日は、お店屋さん役とお客さん役を時間で交代しながら行います。
どちらの役も楽しそうに“なりきっている”姿が印象的でした♪

 

 

 

 

お買い物には普段使っている手提げ袋を持っていくのですが、手提げ袋に入りきらず追加の紙袋を持っている子どもたちも続出でした。

おみせやさんごっこの時間が終わると満足そうな子どもたちの顔が印象的でした!
また、前半に家族に頼まれた商品を買い忘れた子どもがいると、後半にお客さん役の友だちが買ってきてくれるほほえましい場面もありました♪

幼稚園のみんなで楽しい時間を過ごすことができました!

2023年02月22日

おみせやさんごっこの日にむけて・・・③

間近に迫ったおみせやさんごっこの日に向けて、年長:月組さんも準備しています!


「どんなゲームコーナーがいいかな?」と意見を出すところから準備が始まりました。「的あて・・・?」「サッカーも楽しそう!」と色々意見が出てきた中で、子どもたちと相談して今年は“お化け屋敷”“サッカー”“ボーリング”の3コーナーを開くことにしました♪

コーナーが決まってからは、コーナーごとに必要な“備品”を作っていきます。
大きな段ボールを見つけると「サッカーのゴールにぴったりじゃない?」とみんなで運んで行ったり、「このお化けどうかな?怖すぎない?」とお互いに見せ合っていたり・・・自然と協力しながら作っていました!

 


 

また、各コーナーごとのルールも決めました。
「ちゅーりっぷ組(年少)さんには少し簡単にしてあげよう!」「難しさを選べるようにしたらいいんじゃない?」とゴールやピンまでの距離を選べるようにしてみたり、くじ引きを弾けるコーナーでは「はずれたら0個もかわいそうだな・・・」と何とかみんなに“楽しい!”と思ってもらえるように、真剣に相談していました。

2023年02月16日

子どものためのコンサート

読売交響楽団で活動されている卒園生のお父さまが、楽団の方と一緒に幼稚園でコンサートを開いてくださいました!

体育館に集まると、“コンサート”にそわそわしていた子どもたち。
入場していらっしゃると、手に持っている楽器やドレスに目がくぎ付けになっていました。
そして演奏が始まると素晴らしい音楽に、一瞬で引き込まれ、聞き入っていました。

 

ヴァイオリンやヴィオラ、チェロにコントラバスと、間近で見ながら聞くことができるからこそ、楽器の違いや音の違いを感じている姿もありました

 

そしてなんと、各クラスが歌っている歌の伴奏を特別にしてくださり、みんなの歌に合わせて演奏してくださいました!
いつも歌っている歌が、なんだかもっと特別なものになったみたいで、子どもたちの嬉しそうな誇らしそうな顔が可愛らしかったです♪

 


また実は卒園生のお父さまがお誘いくださり、職員も楽団の皆さまと一緒に1曲子どもたちにサプライズプレゼントをしました!

 

素晴らしい演奏と、卒園生のお父さまの楽しい司会と・・・あっという間の幸せな時間でした。
子どもたち、職員にとっても宝物の思い出になりました♪

また夕方に卒園生が遊びに来て、今日がコンサートだったことを伝えると、「あ!覚えてるよ!」「ヴァイオリン触らせてもらったよね!」「首のところに挟むのが難しかったんだよね」と何年も前のことを覚えていました。(コロナ前には、演奏後年長児のみ楽器に触れさせていただく時間がありました)直接経験したからこそ、素敵な音色とともに子どもたちの忘れられない思い出として残っているのだなと感じ、今日のコンサートもそんな時間になっていたらと思いました。

2023年02月09日

おみせやさんごっこの日にむけて・・・②

年中:星組さんもたくさんの商品づくりを楽しんでいます♪
色々な食べ物屋さんや、おもちゃ屋さんを開きます!
できることもぐんと増えてきたので、食べ物を作るときには作業工程も“調理”をしている風になっています。

例えばオムライス作りでは・・・
おままごとのフライパンで薄焼き卵(梱包に使われている薄いスポンジ)を焼きます。その上にケチャップライス(新聞)を乗せて包みます。最後にケチャップをかけて完成です!

 


ハンバーグ作りでは・・・
生のお肉(新聞)に自分たちでこねたお肉を巻きます。黒いクレヨンが塗られた鉄板(段ボール)の上でジュージュー焼くと焦げ目がついて、ジューシーで美味しそうなハンバーグの完成です!

 

他にもエビフライに衣をつけて揚げたり、ナポリタンを炒めてみたり・・・、星組さんのお部屋の前を通ると、毎日楽しそうな声が聞こえてきて、おいしそうなものがたくさん並んでいます!



荷物に入っている緩衝材も様々な種類があるので、薄焼き卵になったり、パスタの麺になったり、マカロンになったり・・・色々なものに変身します!幼稚園に荷物が届くと、どんな緩衝材が入っているか目を光らせている職員です♪

2023年02月09日

節分

ちゅーりっぷ組さんと、星組さんは一人ひとり鬼のお面を作りました。
赤・青・オレンジ・緑など、それぞれが好きな色の鬼が出来上がりました。
同じ材料を使っていても一つひとつ表情が違っていて、なんだか作った子どものお顔に似ている!?鬼もいました♪

 


 

 

月組さんは段ボールを使って大きな鬼を作りました!
これは幼稚園のみんなが豆まきの時に“鬼に向けて豆をまくための鬼”です。そのことを伝えると、“ちゅーりっぷ組さん、星組さんの為にも頑張ろう!”と張り切っていました。
クラスで数人ずつに分かれて4体作りました。どんな鬼にするか相談して形にしていきました。
みんなの身長よりも大きくなるので、段ボールを貼り合わせたり色を塗るときにはみんなで協力しなければなりません。お互いに声を掛け合ったり、相談しあったりしながら頑張って作っていました。立派な鬼が完成しました♪

 

節分の日、ちゅーりっぷ組さん、星組さんは作った鬼のお面をつけて、月組さんは作った鬼を園庭に並べて、みんなが集まりました。お豆が配られると「おにはーそとー」「ふくはーうちー」と元気いっぱい投げていました。
たくさんの福が入ってきますように♪


2023年02月03日

おみせやさんごっこの日にむけて・・・♪


子どもたちが大好きな行事の一つ“おみせやさんごっこの日”が近付いてきました!
おみせやさんごっこの日は全学年が用意してきた商品をお店に並べます。そしておみせやさんの係とお客さんに分かれてお買い物ごっこをします。
3学期が始まってから「おみせやさんの準備いつからするの?」「どんな商品作る?」と楽しみにしている声がたくさん聞こえていました。
各クラス子どもたちと相談しながら、どんな商品を作るか、どんなお店にするか相談して準備を進めています。

年少:ちゅーりっぷ組さんにとって初めてのおみせやさんごっこの日!
みんなで甘くてかわいいスイーツと、あたたかくて美味しいご飯の準備を進めています。
ドーナッツにミルクチョコ・ホワイトチョコ・イチゴチョコをかけて、チョコスプレーをトッピングしたり、食べ歩きにぴったりなチュロスにも味を付けてみました。
おうどんには温かくて美味しいお汁とトッピングを!
おいしくなぁれ♪おいしくなぁれ♪と楽しそうに作っていました。

 

 

おみせやさんごっこの日の商品は“廃材”を使って作っていきます。
新聞や梱包に入っている紙や緩衝材、段ボールなどが元になっているので、思いっきり使って楽しめます!
みんなで作ったらこんなにたくさんできた!と嬉しそうなちゅーりっぷ組さんでした。

2023年02月02日

一日入園♪

来年度より幼稚園の仲間になるお友だち(今はこひつじクラスです♪)の一日入園がありました。
こひつじクラスでもお祈りやお名前呼び、製作などをしていますが、幼稚園のお兄さんお姉さんになるとどんな風に過ごすのか、在園児のお手本を見ながら体験していただきました!


実は幼稚園のみんなで“プレゼント”を用意していました。
年少:ちゅーりっぷ組さんは絵の具を使ってちゅーりっぷを・・・

 

年中:星組さんは折り紙を使ってちょうちょを・・・

 

年長:月組さんは幼稚園はどんなところ?(楽しい遊具があったり・・・)のお手紙を書きました。


3つの作品を合体して、プレゼントバッグを作りました!
1日入園の朝、幼稚園のお友だちを代表して年長組の子どもたちが渡しました。

そして幼稚園で毎日しているお祈りはちゅーりっぷ組さんがお手本に挑戦!
いつもは一番小さいお友だちですが、その日はこひつじクラスのお友だちのお兄さんお姉さんとしてちょっぴりドキドキしながらも一生懸命にお祈りをしていました。
星組さんと月組さんからは“歌”のプレゼントもありました!

またサークルの一つ“マリア文庫”のお母さまからも劇のプレゼントがありました!!

幼稚園のみんなからの“幼稚園って楽しいところだよ”“安心してね”の気持ちが伝わっていたらいいな♪


月組は帰りの会の時間に毎日数人ずつ自分の言葉でお祈りをしています。1日入園の日に・・・「もうすぐ幼稚園のお友だちになるお友だちも、元気にいられますように」とお祈りしている子がいました。入園のころには自分たちは小学生になっているから会えないな・・・と言っていた年長の子どもたちでしたが、仲間の一員として神さまにお祈りしていました。
温かくなるころには幼稚園生!楽しみに待っていてくださいね。

2023年02月01日

氷調べ

寒波の影響で一段と寒い日が続いていますが、日中はお日様の下で遊んでいると、汗ばんでいる子どももいるくらい元気いっぱい過ごしています!

3学期に入り、一人一つずつプリンカップに水を入れて氷調べをしています。園庭に置いているのですが、子どもやおうちの方から「今日も凍ってないな~」「今日は凍っていると思ったのに!」と、なかなか凍らない毎日でした。
そんな氷調べでしたが、この寒波のおかげで見事に凍ることができました!
全日から“明日こそ凍るね!”と、子どもたちやおうちの方と一緒に、幼稚園みんなでそわそわしていました♪

登園してくると凍っている様子に大興奮の子どもたち!
「ツルツルだ!!」「冷たい!」「なんかおいしそう・・・」と色々な声が♪

 

 

 

他にもメダカの池が凍っていたり(氷の下で元気に泳いでいました!)、大きな型で作った氷があったり、タオルも凍っていました!


 

 

これからも子どもたちと一緒に氷調べを楽しみたいと思います♪

2023年01月25日

お正月遊び

コマ回しや福笑い・羽子板など、お正月遊びを幼稚園でも楽しんでいます♪

コマには色々な種類があります!幼稚園にあるコマの中には、回しているといつの間にかさかさまになっているコマや、さいころの目が付いていて止まった時に数字が決まるコマ、顔が描いてあるものもあります!好きなコマを見つけながら、「何秒回るかな~」「紐のコマ難しい!」「お父さん(紐のコマを)回してたよ!」と話しながら楽しんでいました♪

 


福笑いでは、みんなの笑い声で溢れていました!
目隠しをしている友だちに、「目だよ!」「眉毛!」とパーツを一つずつ渡していきます。目も置く場所や黒目の位置によって表情が全く変わります。口が顔からはみ出そうになっていたり・・・どんな表情も、思わず笑ってしまいます!笑う門には福来る!!たくさん福が舞い込んでいました♪

 

羽根つきは、道具を作るところから始めました!
段ボールに模様を描いて、ペットボトルキャップにビニールで羽根を付けて完成です。「お正月だからだるま描く!」「今年は2023だよね?」とお正月にちなんだ模様を描いている子どもたちもいました。
そして園庭に出ると“カンッ”と羽根つきが始まりました!「羽根を持って、板でこうやって打つんだよ!」とお正月の経験を友だちにも話しながら、だんだんと上達している姿には驚きました!

 


しばらくお正月遊びを楽しみたいと思います♪

2023年01月18日

王様のお菓子遊び

イエス様のお誕生のお祝いをするために、不思議な星に導かれ旅をしてきた王様が、イエス様に会うことができた日を公現日と呼んでいます。その日にフランスでは王様のお菓子“ガレット・デ・ロワ”というお菓子を食べてお祝いします。
幼稚園でも開園当初から王様のお菓子遊びの日をみんなでワクワクしながら過ごしてきました。
一人ずつ選んだ丸いカステラが当たりだと、その日の“王様”“女王様”になって冠をかぶれます♪
登園時間から「当たるかな~」と楽しみにしていた子どもたちでした。


幼稚園の王様のお菓子遊びでは、カゴにたくさん入っている丸いカステラの中から一人ひとつずつ選びます。袋には色付きのテープが貼ってあり全員に配られた後、くじ引きで当たりの色が引かれます。「何色かな・・・」とみんなドキドキしながら見つめていました。
当たりの色が出て王様・女王様が決まると、「やったー!」と嬉しそうな声と、「当たらなかった~」と残念そうな声と・・・毎年子どもたちの素直な気持ちが見られます。

 

 

王様・女王様になった子どもたちは園長先生に王冠をかぶせていただきました♪

 

そして丸いカステラはお弁当の時間に食べました。笑顔がこぼれ落ちそうなくらい嬉しそうに食べていて、見ているこちらも嬉しくなりました!
今年もみんなで王様のお菓子遊びを楽しみました♪


2023年01月17日

神さまって・・・

毎年3学期の始めに神学校で院長をされている稲川神父様にいらしていただき、子どもたち、おうちの方それぞれにお話をしていただいています。

子どもたちには朝のお祈りの時間に来ていただきました。
一人ひとりの顔を嬉しそうにあたたかく見てくださる神父様に、子どもたちは“お顔を見ていただきたい!”とまっすぐに神父様のお顔を見ていました。目が合うと“自分が大切な存在であること、愛された存在であること”を肌で感じている様子で、一人ひとりが嬉しそうにしていました♪
そして神さまってどんな方だろう?どこにいるんだろう?と子どもたちに問いかけながらお話してくださいました。子どもたちから「お空」「幼稚園」「心の中」と答えが出てくる中で、神さまは“いつもみんなと一緒にいて同じ向きで生きてくださる方”と教えてくださいました。そしてみんなが周りの人に親切にすると、神さまもお喜びになるよ・・・とお話になりました。

ギターがお上手で、みんなが知っている聖歌をギターで弾いてくださいました。


1年に1度、幼稚園にいらしてくださるのですが、今年中学生になる卒園生のお名前やエピソードを覚えていてくださったり、どんなことも大切にしてくださるあたたかい神父様です。職員も毎年お会いする日を楽しみにしています。

同じ向きで一緒に生きてくださる神様と共に、これからも温かい心のやり取りが溢れますように。

2023年01月13日

にこにこ広場

新年1回目のにこにこ広場がありました♪
今回は幼稚園で毎週木曜日に子どもたちに体操を教えてくださる平田先生と一緒に親子体操をしました!
幼稚園でも体操の時間と呼んでいますが、平田先生と楽しく遊んでいるうちにたくさん体を動かしている・・・そんな楽しい時間です♪
にこにこ広場でも平田先生と一緒に楽しい時間を過ごしました。

投げるとひらひらと落ちてくる布を使って遊んだり・・・

 

一緒に手遊びをしながら、いつの間にか大人も楽しくなっていたり・・・♪

 

にこにこ広場ではお子様と一緒におうちの方も楽しかったと感じていただけたらいいなと思っています。


次回は1月27日(金)10:00~11:00
幼稚園の体育館にて開催いたします!
親子体操を予定していましたが、一部内容を変更して行いたいと思います。
触れ合い遊び等を予定しておりますので、動きやすい服装でいらしてください♪

2023年01月13日

3学期が始まりました♪

始業式を無事にむかえ、3学期が始まりました。
短い冬休みですが、なんだか体が大きくなったように感じます♪
お友だちとも「おみくじ引いた?」「伊達巻食べた!」などお休み中の話で盛り上がっていました。

 

3学期は一番短い学期になり、あっという間に過ぎていきます。
その中でも“王様のお菓子遊び(ガレットデロワ)”や“おみせやさんごっこ”“豚汁の日”など楽しい行事もたくさん待っています♪
おみせやさんごっこでは、各クラスみんなで「どんな商品を売ったらみんなが喜ぶかな?」と相談して作り上げていきます。一人ではできないけれど、みんなで力を合わせる楽しさをたくさん感じながら楽しい時間を過ごしていきたいと思います。

そして年長:月組にとっては幼稚園で過ごす最後の時間となります。
クラスの友だちや他のクラスの友だちとも触れ合いながら、新しい世界へ一歩踏み出すパワーをたくさんためられたらいいなと思っています♪


今学期も神さまのお守りの中で、あたたかい時間を過ごすことができますように。


2023年01月11日

こひつじクラス(未就園児クラス)

4月から入園の“こひつじクラス”も始まりました!
お家のかたと手をつなぎながらにこにこで登園してきてくれて、嬉しくなりました♪

「あけましておめでとう!」と新年の特別なご挨拶をしたり、今回はうさぎの“おきあがりこぼし”とコマの製作をしたりと、お正月ならではの時間を過ごしました。
コマは子どもたちの手でも回しやすいように牛乳パックでできています。そこにキラキラのシールを貼って飾りました!「まわった!まわった!」と嬉しそうに何度も挑戦していました。

 


今年はいよいよ入園!幼稚園で過ごす毎日も楽しみにしていてくださいね♪

来年度こひつじクラス希望の方・また入園希望の方も受け付けております。
お気軽にご連絡ください♪

2023年01月11日

明けましておめでとうございます

気持ちのよいお天気が続き、新年を迎えることができました。
幼稚園もいよいよ最後の学期、3学期が始まろうとしています。
寒さに負けず、子どもたち、おうちの方と共にあたたかい毎日を送りたいと思います♪

3学期はあっという間に過ぎていきます。
年長:月組にとっては幼稚園で過ごす最後の時間になります。
安心して新しい社会に飛び立てるよう、心のパワーをつけられますように。

 

園庭の梅が冬休みの間にたくさん花を咲かせていました♪
また在園児・卒園生、保護者の方からの年賀状が届いており、子どもたちの様子を知ることができ、嬉しい新年を迎えられました。
あたたかいつながりが、今年ももてますように・・・♪

本年もよろしくお願いいたします。

2023年01月11日

2学期 終業式をむかえました

夏の暑い季節から始まった2学期も、秋・冬と季節が変わっていき、先日終業式をむかえました。
運動会やおうちの方も参加していただいたてんしの広場では体をたくさん動かしたり、お芋ほりでは神様からいただいた実りを収穫しました。また焼き芋やお餅つきなど美味しい行事も♪そして12月に入ってからは“クリスマス会”でおうちの方やお友だちに歌や合奏、劇のプレゼントをしました。

日々の生活の中でもですが、運動会やクリスマス会など特に大きな行事の後には子どもたち一人ひとりの成長があり、それをおうちの方と一緒に喜び分かち合えたことが何より嬉しく思います♪
また大きな行事を通し、日々の大切さも改めて感じる事ができました。これからも一人ひとりが“楽しい”と思える毎日になるよう、そしてその楽しいがお友だちに広がっていって、たくさんのにこにこ笑顔で溢れますように。

2学期の最後の日“終業式”では、全園児が作ったキャンドルホルダーにろうそくを入れ、みんなのろうそくの明かりの中で、お祈りをしたりクリスマスのお話を聞きました。


年長:月組は自分の作ったキャンドルホルダーを運ぶお役目もかっこよく果たしていました♪


また、子どもたちがこの日まで“自分にできること”を探し、献金を集めてきました。困っている人のことを思い、その人のためにできることを探していきます。一人の力は小さいかもしれませんが、みんなの力を合わせればキャンドルサービスのろうそくの火のように明るく温かい大きな力になります。みんなの温かい心のこもった献金は今回はアフガニスタンに届けられます。

また終業式の最後には神父様が、一人ひとりに祝福をしてくださいました。
神さまに温かく見守られて、今年もたくさんの楽しい毎日を過ごすことができました。もうすぐクリスマス。みんなの温かいろうそくの光のように、世界も温かく照らされますように。


冬休みの間も、みんなが元気で過ごせますように。新年に会える日を楽しみにしています♪

2022年12月22日

にこにこ広場クリスマス会

未就園児の方を対象に開催しているにこにこ広場で“クリスマス会”をしました!

クリスマス会ではまずクリスマス飾りや楽器(マラカス)を作りました♪
クリスマス飾りはサンタとスノーマンのオーナメントになっています。お顔や手のシールを貼って、可愛らしい飾りが出来上がりました!
楽器作りでは在園児が事前に集めたドングリをケースに入れていただきました。出来上がるとすぐにシャカシャカ鳴らして遊んでくれる可愛らしい姿が♪

 

 

作った後はみんなでクリスマスの音楽に合わせてマラカスを振ったり、ダンスをしたり。そして職員からの劇のプレゼントを見た後は・・・特別なお客様が登場して一人ひとりにプレゼントを渡してくれました!
あいにくの雨でしたが、可愛らしい笑顔と笑い声がいっぱいで温かい気持ちになる時間でした。

もうすぐクリスマス。みなさま温かいクリスマスをお迎えください♪

2022年12月22日

初霜・初氷を観測しました!

冬の寒さがいよいよやってきました。
朝晩の冷え込みも強くなってきましたが、園庭で今季初の霜と氷を観測しました!

「寒い~」と園庭に出てみると、サクサクと霜を踏んだ時の足音が聞こえました。園庭を見て見ると普段みんなが駆け上ったり、泥だんご作りで大活躍のどろんこ山も霜で白くなっていたり、メダカを飼っている水槽の中にある水草も凍っていました!不思議な氷の形に「とげとげしてる!」と登園時に発見した園児やおうちの方もびっくりしていました。今日はお天気が良かったので、みんなが遊ぶ時間になるころには溶けてしまっていましたが、これからも楽しみです!

 

 

なんと畑には遊ぶ時間になっても霜が残っていました!

月組さんが育てている大根の畑に霜が残っているのを見つけた月組さんが「冷たくて大根が枯れちゃう!」と心配して一生懸命霜を取ってあげていました。寒さに強い大根ですが、子どもたちの優しさのパワーもプラスされて元気に育つことを願っています♪

2022年12月19日

にこにこ広場♪

未就園児のお子さまを対象に、幼稚園で遊んでいただいたり、親子体操で体を楽しく動かしていただく“にこにこ広場”を開催しています♪
おうちの方と一緒にゆったりとした雰囲気の中であたたかい時間を過ごしていただけたらと準備しています。

幼稚園の園庭や保育室で遊んだり、簡単な工作をしてみたり、親子体操の日は普段子どもたちにも体操を教えてくださる平田先生(園児たちからも大人気です!)と一緒に楽しく体を動かします!
開催日によって内容が異なりますので、お楽しみにいらしてください♪


先日のにこにこ広場(親子体操)の様子です。
この日は風船を使って体を動かしました!たくさんの風船を前に嬉しそうに追いかける姿が可愛らしくて、こちらまでほっこりする時間でした。
そしてクリスマスが近づいているので、布でできたクリスマスツリーに飾りをみんなで付けて遊びました。

 

 

次回12月22日(木)10:00~ にこにこ広場のクリスマス会を予定しています♪
クリスマスの飾りを作ったり、お話を聞いたり!クリスマスの楽しくてあたたかい時間を一緒に過ごせたらと思います。ホームページ内“にこにこ広場”に詳細がありますので、ぜひご覧ください。

2022年12月13日

もうすぐクリスマス♪

12月に入り、幼稚園も一気にクリスマスの雰囲気に包まれました。
保育室や体育館、廊下など、どこのお部屋にもクリスマス飾りや、子どもたちのクリスマス製作が飾られています。また夜になるとイルミネーションが光っていたり♪
イエス様のお誕生日をみんなで楽しみにしています。

クリスマスまでの時間を嬉しい気持ちで過ごせるように、各クラスアドベントカレンダーを始めました!
各クラス子どもたち一人ひとりの作品が毎日数人ずつくじ引きで当たり、飾られていきます。
「今日当たるかな?」「だんだん集まってきたね」と毎日楽しみにしている子どもたちです。

年少:ちゅーりっぷ組さんは、毛糸を使って羊を作りました。クリスマスのお話の中でイエス様のお誕生を天使から知らされた羊飼いと羊はイエス様に会いに馬小屋に行きます。そのお話のように、可愛らしい羊が毎日イエス様の所に集まっていきます。みんなの羊がイエス様の側で嬉しそうにしていて、可愛らしいです♪

 

年中:星組さんは、毛糸と枝を使ってツリーを作りました。いろんな方向から力の加減をしたり、左右の手で違う動作をする製作でしたが、みんな根気よく作り上げていました!実はこのツリー、一人ずつでもツリーになっているのですが、みんなのツリーが集まると大きなツリーになります!


年長:月組さんは、教会などでよく見られるステンドグラス風のツリーを作りました。本物はとても作れないので、アルミホイルやペンを使いました。アルミホイルを重ねるとキラキラ光って嬉しそうでした♪またステンドグラスが映えるように暗い色のツリーに飾っているのでまるで夜のツリーにステンドグラスが光っているような雰囲気になります。

 

クリスマスまでの毎日もあたたかい時間となりますように♪

2022年12月09日

秋の実り♪

これまでも様々な秋の実りを感じてきましたが、今回は年中:星組さんがプランターで育てていたサラダレタスを収穫して食べました!

年長:月組さんの畑では夏にたくさんの野菜を収穫し、幼稚園みんなで分けっこしながら食べました。夏の野菜が終わって、少し土を休ませた後、畑では冬の野菜を育てています。月組さんの畑に「何ができるの?」「今度は何が食べれるかな?」と興味津々だった星組さん。そんな星組さんとプランターでサラダレタスを育てることにしました。
自分たちの“畑”をもらえたことに大喜び!小さな種を一粒ずつ大切に植えていました。そして数日すると小さな芽がたくさん!「早く大きくならないかな?」と楽しみにしていました。子どもたちの願いが届いたのか、あっという間にプランターから溢れるほどのサラダレタスができました!

 

 

 

 

葉っぱが破れないように、そっと収穫しました♪
採れたての葉っぱは柔らかくて苦みも少なく、お塩を振っただけでも子どもたちから「おいしい~」「おかわり!」と声が聞こえてきました。
また普段は野菜が苦手な子も美味しそうに食べていて、おうちの方も“びっくり”と、嬉しい報告をすることができました♪
自分たちで育てた野菜は格別ですね!

2022年11月24日

マリア様へプレゼント

園庭には、いつもみんなのことを見守っていてくださるマリア像があります。
毎年マリア様の月の6月に、各学年一人ひとり手作りのお花にお祈りの気持ちを込めて、マリア様にお捧げします。

幼稚園の花壇は年中:星組さんが任されています。夏にはあさがおやひまわりが元気いっぱい咲いていて、「みんな太陽の方を向いてるね♪」「私より背が大きくなった!」と子どもたちと話していました。そしてびっくりすることに、同じ時期に植えたのにマリゴールドがいつまでも元気いっぱいに今も咲いていて・・・。そろそろ次のお花を植えたいなと子どもたちとも相談していたところ、“マリア様にプレゼント”することになりました。

 

 

一人ずつ大切にお花を花瓶に活けていき、マリア様にプレゼントしました。
天使幼稚園では草木にも命があって、むやみに取ったりせずに大切にしようと、子どもたちに伝えています。今回神様からいただい可愛らしいお花をマリア様にプレゼントしている子どもたちを見て、いただくだけでなく誰かに分け与える温かい心をたくさん感じました。

また、マリア様にプレゼントしても残っていたお花は「ちゅーりっぷ組さんと月組さんにもプレゼントしたい!」と他のクラスにプレゼントすることになりました。お部屋に飾るとすぐに「このお花どうしたの?」「かわいいね♪」と嬉しそうな子どもたちでした。

2022年11月17日

こひつじクラス(未就園児クラス)

入園前の時間を、おうちの方と一緒に楽しみながら過ごしていただけるよう、また幼稚園で過ごすことに安心を感じていただけるように未就園児クラスを開設しています。

お名前呼びをしたり、おうちの方と一緒に触れ合い遊びをしたり、絵本やエプロンシアターを見たり、製作をして可愛らしい作品を作ったり♪
ゆったりとした時間の中で、幼稚園の様子を感じていただきながら過ごしています。
来年度こひつじクラスの申し込みも開始しましたので、ご質問などありましたらいつでもご連絡ください。

また今年度こひつじクラスに入られている方から・・・
在園児と先生のよい関係も様子が伺えて心が温まります。このような温かい園は見たことがありません。はじめての母子分離に向けて不安がないわけではありませんが、少なくともこひつじクラスの経験で子どもと先生方の絆は確実にうまれているので先生方の存在が心強いです。
と、嬉しい感想をいただきました。

子どもにとっては初めての園生活、笑顔で安心して過ごせる毎日をこれからも大切にしたいと願っています。



11月16日(水)13:30~14:45
こひつじクラスの体験ができます!
幼稚園の雰囲気を感じていただいたり、遊んでいただけたらと思います♪
お気軽にご連絡ください。

 

2022年11月10日

学年を超えて♪

天使幼稚園では年少組・年中組・年長組の保育室が横に並んでいます。なので毎日お互いのクラスの声や音を聞きながら過ごしています。「ちゅーりっぷ組さんお祈り始まったね!」「星組さんは何してるんだろう?」と子どもたちの会話の中にも、他のクラスの友だちのことが自然と入っています。また自由遊びの時間になると、自然と声を掛け合い遊んでいます♪
全学年が集まって氷鬼をしたり・・・そんな時には上の学年のお友だちが走るスピードを小さいお友だちに合わせてみたり、つかまっているお友だちをかっこよく助けに行く姿も見られます。


落ち葉探しをしている年長組の前に、いつの間にか年中組が道路を作りはじめ、道路の上を走りながら落ち葉を探していました。「あっちに綺麗な落ち葉がありそう!」「ジグザグ道だー」と楽しそうでした♪

 

 


廊下を“はしらないでね”の看板の前に立っていた年少組の子どもたち。ひらがなを読めずにいると、いつの間にか年長組が「“はしらないでね”って書いてあるよ」と教えていました。教えてもらった年長組の子どもたちは嬉しそうに「はしらないでね」と何回も読んでいました。

 

各学年1クラスずつの幼稚園ですが、学年を超えて温かい交流が毎日あります♪
今日はみんなで何をして遊ぼうかな・・・?

 

 

2022年11月10日

き・き・きのこ♪

年中:星組さんでは11月に“きのこ”という童謡をクラスの歌で歌っています♪
♪き・き・きのこ き・き・きのこ のこのこのこのこ あるいたりしない・・・
と、歌の歌詞もリズムも楽しい歌で、星組さんもあっという間に大好きになりました。

遊んでいる時や、お支度をしている時にもふと口ずさんでいたり・・・
ついに「きのこになりたい!」と、変身グッツを作り始めました!
どんな風に作るのかしら?と見ていると、自分がきのこに変身できるように、きのこのかさの部分を帽子のようにかぶれるように作っていました!

きのこに変身してからはきのこの図鑑を見ながら模様を調べたり、歌詞の2番にある“にょきにょきにょきにょき うでなんかださない”の歌に合わせて、腕をにょきにょきさせてみたり♪

 

 

“楽しい”がどんどん膨らんでいました。
次はどんな“楽しい”が待っているかな?

2022年11月10日

てんしの広場

11月3日の文化の日に目の前の梅が丘第三公園で、子どもたち、おうちの方と一緒に“スポーツの秋”を満喫しました。
当日は公園にテニスコーナーやゴルフコーナー、サッカーコーナーや玉入れコーナーなど、たくさん体を動かしながら遊べるコーナーが登場しました!
特にテニスコーナーでは、テニスを子どもたちに教えている保護者のお父さまがラケットやボール、ネットも持ってきてくださり、本格的なテニス体験ができました!

 

 

 

そして最後には・・・
お父さま同士、お母さま同士、子ども同士の対決で綱引きをしました!
おうちの方の出番の時には子どもたちから熱い応援が送られ、おうちの方の姿に子どもたちも大盛り上がりでした。
そして子どもたちの番では、おうちの方からの温かい応援が子どもたちのパワーにつながっていました。

 

 

気持ちのよいお天気の中、公園中にみんなの楽しそうな声とにこにこ笑顔が溢れていて、嬉しくなる1日でした♪

2022年11月10日

探検ごっこ

園庭の木々が少しずつ秋の色に変わり始めました。赤や黄色の落ち葉を探したり、きれいな色の落ち葉を使って遊ぶ姿も見られます♪

そんな園庭の中、「探検しよう!」と声が上がりました。周りにいた子どもたちも「隊長!どこに行きますか?」「あそこに行ってみましょう!(上り棒を指さしながら)」とみんなで遊具の上り棒に挑戦することになりました。「○○隊員下ります!」と一人ずつ上り棒を下りたり、ゆらゆら橋では“トロルが住んでいるかもしれない!”と注意しながら渡ったり、世界観が膨らんでいきました。また“(幻の!?)ぴょんぴょんうさぎ”を探し始めると、オレンジ色の落ち葉を探してニンジンに見立て、砂場に落とし穴を作って仕掛けを作っていたりと盛り上がっていました!

お弁当の時間を挟んでからも、探検隊の熱は冷めず今度は“探検隊の道具”を作ろう!と盛り上がっていました。バッチを作ったり、懐中電灯も手持ちの物と頭に付けるものを作ってみたり、新聞紙を使って長~いロープとカラビナを作って腰に巻いてみたり、友だちとどんな道具があるか聞き合ったり、道具も作りあったりしながら楽しんでいました。

 

その日のうちに作り終わりませんでしたが、子どもたちが帰るとロッカーにはロープや懐中電灯がいかにも探検隊のように掛かっていました。

次はどんな探検に出かけるのかな・・・?

2022年10月21日

寺家ふるさと村に行ってきました!

寺家ふるさと村へのお散歩は年に2回、春と秋に行っています。春は年少:ちゅーりっぷ組さんは幼稚園でお留守番でしたが、秋は一緒に行けます。全員で行けることをとっても楽しみにしていました♪

 

 


 

秋晴れの気持ちのよい気候の中、寺家ふるさと村に行ってきました。
春にはまだまだ小さかった田んぼの稲が、背も高くなりお米をたくさんつけて、垂れている様子や、刈られて干されている様子、そして最後には脱穀をしている様子も見ることができました!田んぼを見ているうちに「お腹空いてきた~」「今日おにぎりにしてもらったんだ!このお米かも!?」「お茶碗何倍分だろ~?」など可愛らしい声もたくさん聞こえてきました。

また、歩いていると虫にもたくさん会うことができました!春にはシオカラトンボがたくさん飛んでいたのですが、今回はアキアカネ(赤とんぼ)がたくさん飛んでいました。捕まえて触ってみたり、お散歩中にふとお友だちの帽子にとまる可愛らしい場面も・・・♪
観察した後は、元気に空を飛べるように逃がしてあげました。


季節を感じながら、みんなで楽しい時間を過ごすことができました!
子どもたちから、「みんなでいっしょに行けたのが楽しかった!」「お友だちとお散歩するのが楽しかった!」と嬉しい声も聞こえてきました。

2022年10月21日

ちゅーりっぷ組のお部屋に・・・

急に肌寒くなった日に保育室の暖かさに誘われたのか、お腹にたまごを抱えたカマキリのお母さんが年少:ちゅーりっぷ組のお部屋に遊びに来ていました。

 

最初見つけた時には天井にいて、ちょっぴりびっくりした子どももいましたが、「天井も歩けるんだね!」「外が寒かったのかな?」「私たちのお弁当食べに来たのかな?」と、その時にはお腹が大きいことに気が付かずに話していました。しかし、次の日になるとちゅーりっぷ組の入り口の梁に“カマキリの卵が!”慌てて周りを探すと、きっと昨日いたカマキリで、卵のお母さんらしきカマキリがいました。
まさか室内に卵を産んでいるとは、子どもたちも保育者もびっくり!
大人の親指ほどの大きさの卵ですが、孵るとたくさんの赤ちゃんカマキリが産まれてきます。
孵るのは春ごろかしら?と今は見守っていますが、数百匹生まれてくると思うと生まれてきた時に外に連れていけるようにネットを張っておこうかしら?と相談しています。

カタツムリに続きカマキリと、にぎやかなちゅーりっぷ組のお部屋です♪

2022年10月19日

お友だち♪

2学期も元気いっぱいの年少:ちゅーりっぷ組さん。
段々とお友だちの存在が、一人ひとりの中で大切になってきている姿が見られ始めています。

登園してくるとお友だちのところに一目散にかけていく姿や、朝のお支度が終わると「一緒に行こう!」と手を繋いで遊びに出かけていく姿など、お友だちと過ごす時間も増えてきました。
もちろん保育者と一緒に遊ぶ時間もありますが、嬉しい成長の様子が見られてきています♪

そんなちゅーりっぷ組さんで最近お休みのお友だちがいると「大丈夫かな?」「早く元気になって欲しいな・・・」と友だちを心配する温かい声が聞こえてきます。

運動会に向けてもクラスの友だちと一緒に活動をする時間が増えました。仲間意識がだんだんと芽生え、温かい心を相手に使うことができるようになってきたのだなと、嬉しくなりました。

いよいよ運動会が近付いてきました!
ちゅーりっぷ組さんにとって初めての運動会!ドキドキすると思いますが、楽しい1日になりますように♪

 

 

2022年10月04日

運動会に向けて・・・②

だんだんと運動会が近付いてきました。
各クラス、お部屋や体育館、目の前の公園と・・・色々な場所から練習の音が聞こえてきます。

 

天使幼稚園では、運動会ならではの競技以外にも子どもたちの遊びの中からヒントを得て、競技に発展させているものもあります。少しですが運動会前の子どもたちの様子をお知らせしたいと思います♪

 


年少:ちゅーりっぷ組
読み聞かせの時間に夢中になって聞き入っている姿がたくさん見られるちゅーりっぷ組さん!運動会では童話の世界の中に飛び込んで体をたくさん動かします!童話のお話をヒントに発展させ、新しい物語の主人公になって冒険に出かけます♪年少組では“運動会”ではなく“ごっこ遊び”を楽しめるよう運動会まで過ごしていきます。

 

年中:星組
 “星組”というクラスの名前に、宇宙や星に興味を持つことが多かった星組さんは、“宇宙人が落としてしまった星を届けに行こう!”をテーマに、世界観に入りながら楽しんでいます。ミッションが書かれた手紙が届いたりするのですが、子どもたちの驚く顔が毎回可愛らしいです♪また、星組さんでは友だちと協力しながら体を動かします。友だちと息を合わせたり、互いに助け合うことの喜びを感じている星組さんです。



年長:月組
 年長組になると運動会ならではの競技に挑戦します!勝敗が付くものもあり、チームで力を合わせて、自分だけのためではなく“みんなのため”に力を出します。練習では負けた悔しさを次頑張る気持ちに変えていたり、友だち同士支え合う姿もあり仲間意識がまた強くなったように感じます。そして運動会最後には全員でリズム遊びを披露します!心を一つに気持ちを一つに最後まで頑張る姿はさすが月組さんです!

2022年09月30日

走り方講座

毎年運動会の時期になると、幼稚園に特別なコーチが来てくれます。
陸上競技で活躍され今は大学でご指導されている卒園生のお父さまが、年長:月組に走り方を教えて下さいました!

年長組は運動会でリレーを頑張ります。
練習ではまず、みんなでバトンを回す楽しさを感じてきました。
そこで次のステップ・・・“速く走るコツ”を教えていただきました。
走る時の姿勢・地面をつま先でしっかりと蹴ること・腕をよく振ることなど、一つひとつ子どもたちのできる体の動かし方で楽しく教えてくださいました。
走り始める時には一度手を上にあげると背中がピン!としたり、つま先を意識できるように後ろ向きで走ってみたり・・・
一つひとつの練習が終わるごとに、子どもたちの表情が変わっていきました!
「早くなってきた気がする!」「(走るの)楽しい!」と走ることへの意識もどんどん高まっていました。

 

 

走り方講座が終わるころには、自信にあふれた顔になり、自由遊びの時間になると講座を受けていない他のクラスの友だちに「速く走れるコツ教えてあげる!」と嬉しそうに声を掛けていました。
短い時間でこんなにも子どもたちの走り方や走ることへの意識が変わり、びっくりな時間でした!
本番も今日教えていただいたコツを思い出しながら、みんなでバトンをつないでいきたいと思います♪

2022年09月26日

めだかのようちえん♪

園庭の花壇の中に石の水槽があります。その中にはメダカがいて、暑い夏休みも元気に乗り越え、2学期も子どもたちと一緒に過ごしています♪
子どもたちは「めだかどこにいるかな?」と毎日のように水槽を覗いています。水草に隠れていることが多く、泳ぐのもとっても素早いので子どもたちも「あ!いた!」と目を凝らしながら探しています。

今日も子どもたち数人とめだかを見ていると・・・いつの間にか“めだかの学校”を口ずさみ始めました。「ここは幼稚園だから、この子(めだか)たちも幼稚園のお友だちかな?」「じゃあ“めだかの幼稚園”だ!」と話が進んでいき、「めーだーかーのようちえん、いしのーなかー(石の水槽の中)・・・」と歌い始めました♪そして進んでいく中で“みんなで○○しているよ~”の場所までくると、水草に隠れている様子を見て「みんなで“かくれんぼ”しているよ~」とあっという間に1番が出来上がりました!歌い終わると「ねぇねぇ2番は、“綱引き”がいい!」と、めだかの幼稚園でも運動会が近いのかな?と想像している姿が可愛らしく、「みんなで“綱引き”しているよ~」と2番も楽しく歌いました。3番はきっとめだかも大好きだと思う!と、「みんなで“すべりだい”しているよ~」になりました♪

 

子どもたちの可愛らしい発想が友だちに伝染していって、楽しい時間になりました!

2022年09月26日

運動会に向けて・・・

天使幼稚園では子どもたちの普段の姿や、興味をもっているものをヒントに競技に繋げていくプログラムがあります。毎年その年のその学年の子どもたちが好きなものがたくさん詰まっているので、各クラスどんな競技になるのか楽しみになります。
今年も運動会に向けて、各クラスから楽しそうな声が聞こえ始めました。
クラス競技については今後お伝えしたいと思います♪

運動会は幼稚園前の公園で行います。そして当日は公園に既成の万国旗だけてなく、子どもたちが描いた万国旗も飾ります!子どもたちが画用紙いっぱいに一生懸命描いた旗は、ドキドキした気持ちを応援してくれます。


年長:月組さんは国旗の色や模様の意味を知りながら描きました。意味を知ると、より丁寧にその色を塗っていたり、難しい模様も頑張って描いている姿が印象的でした。

 

 


年中:星組さんはクレヨンと絵の具を使って万国旗を描きました。保育室に飾ってある国旗や、国旗カルタ・絵本などを見ながら、どれにしようかな?と楽しそうに選んでいました。

 


年少:ちゅーりっぷ組さんは、あらかじめ線が書いてある画用紙に色を塗っていきました。クレヨンの中から好きな色を選んで塗っていく姿は可愛らしかったです。

 

みんなの旗が出来上がりました!当日、公園にみんなの旗が飾られるのが今から楽しみです♪

2022年09月26日

かたつむり!

年少:ちゅーりっぷ組では1学期からカタツムリを飼って、様子を観察していました。
梅雨の時期に子どもたちに、雨が大好きで背中におうちを背負っていて、歩くのがとってもゆっくりな・・・と質問をしてみると、“かたつむり”という言葉がなかなか子どもたちから出てこず、それならお部屋で観察してみよう!とちゅーりっぷ組の部屋で“かたつむり”を飼うことになりました。

ゆっくり動く様子や、一緒に入れておいたご飯(ニンジンやキュウリ)を食べている様子などを見ていく中で、いつの間にか他のクラスのお友だちに嬉しそうに“かたつむり”の紹介をしていたちゅーりっぷ組の子どもたちでした。
そんなちゅーりっぷ組に大事にされていたかたつむりが、7月中旬ごろ卵を産みました!
子どもたちも職員も初めて見たので、びっくり!

 

「卵からどんな赤ちゃんがうまれてくるんだろう?」「殻は最初からついてるのかな?」と生まれてくる赤ちゃんを楽しみにしていました。
調べてみると乾燥しないように気を付けながら・・・とあったので夏休みの間も職員がお世話をしながら様子を見守ってきました。
夏休み中もなかなか生まれてくるけはいがなく、赤ちゃんが出てこない卵だったのかしら?と諦めかけていたところ、元気な赤ちゃんが生まれました!2~3mmくらいの大きさですが、しっかりと殻も背中に乗っけていて、頭からは角も出ていました!

 

 

赤ちゃんの誕生にちゅーりっぷ組の子どもたちだけでなく他のクラスのお友だちも大興奮で赤ちゃんを見ていました。なかなか目にする機会がない貴重な体験ができました!これからも観察を続けていきたいと思います♪

2022年09月12日

みんなの夏休み

2学期が始まり、久しぶりに会った子どもたちは夏休みの思い出の話題で盛り上がっています!「○○に行ったんだよ!」「△△なことがあったの!」と、出来事を話してくれます。また学年が上がるにつれ「ここではこんなことがあって・・・・」と、びっくりするくらい細かく伝えようとする姿も見られます。
子どもたちの話を周りの友だちと一緒に聞きながら、思い出を共有していきます。また聞いている友だちからも「どんな所だったの?」や「私もそこ行った!」と話が広がり、夏休みの思い出話が盛り上がっています♪

天使幼稚園では毎年、絵や記録を自由に書ける冊子をお配りし、自由に使っていただいています。夏休みの思い出の絵が描いてあったり、写真が貼ってあったり・・・またおうちの方と相談して決めた“お手伝い”を頑張った様子などが冊子から伝わってきます。そして最後に“神さまへのおてがみ”というページがあります。今年も一人ひとりの子どもたちが神さまへお手紙を書いていました。
そっと覗いてみると・・・

 



子どもたちの素直な気持ちが手紙に表れていて、心が温かくなります。幼稚園で毎日お祈りをしていますが、目に見えない存在である神さまを子どもたち一人ひとりの受け止め方で側に感じているのだなと嬉しくなりました。みんなのお手紙は神さまにきっと届いていますよ。
神さまいつもそばにいてくださってありがとうございます。みんながにこにこ笑顔で温かい毎日を送れますように。

2022年09月07日

幼稚園がお祭り会場に大変身!

夏休みの終わりに、幼稚園で“わくわくまつり”を開催しました♪
幼稚園がおまつり会場に大変身!?
園庭ではヨーヨー釣りや金魚すくいコーナーがあったり、室内では輪投げや的あてなどお祭りならではの屋台(紙で作った手作りの屋台です)があったり・・・
おうちの方と協力してプラ板でキーホルダーを作ったり、スライム作ったりするコーナーもありました。


 

どの色のヨーヨーにしようかな?どの色の金魚(おもちゃの金魚です)を連れて帰ろうかな?・・・と、おうちの方と相談したり、輪投げや的あてではおうちの方から応援されながら狙いを定めている姿が可愛らしかったです♪

また夏休みの間に体も大きくなっていたり、顔つきがお兄さんお姉さんになっていたりと、久しぶりに子どもたちに会えて嬉しい一日になりました。
換気やアルコール消毒等、様々な感染対策にご協力いただき開催できました。

いよいよ2学期が始まります!
2学期には楽しいこともたくさん待っていますが、友だちと協力したり心を一つにしながら頑張る行事も待っています。子どもたち一人ひとりがそれぞれの成長を遂げていく学期にもなります。今学期も神さまのお守りの中で子どもたちが一人ひとりがにこにこ笑顔で過ごせますように。

2022年09月07日

7月の中旬に林間幼稚園に行ってきました!!

ここ数年行くことが叶わなかった林間幼稚園ですが、今年度は一泊で行くことが出来ました。

1日目
当日の朝、自分で色付けをした麦わら帽子を被り、どこかソワソワした様子で新横浜駅に集まってきた子どもたち。お家の方に元気よく「いってきます!」の挨拶をして、いよいよ出発です!
新幹線に乗って、軽井沢へと向かいました。

 

 

朝、お天気はあいにくの雨模様でしたが、車内は楽しい雰囲気で「電車よりも速いよー」「お父さんの会社見つけた!」と普段あまり見ることのできない車窓からの景色に、嬉しそうに心を躍らせる子どもたちでした♪
軽井沢駅に到着して外に出ると、少しずつ太陽の光が・・・みんなの思いが届いたのかお天気も味方となり、子どもたちが今回一番楽しみにしていた『船流し』をしに川へ向かいました。
お家の方と一から一緒に作った、世界に一つだけの船です☆お気に入りの船を流す子どもたちからは、楽しそうな歓声が上がりました。

 

川でたっぷり遊んで大満足の様子の子どもたちでしたが、まだまだお楽しみは続きます。宿舎で大きなお風呂に入ったり、美味しい夕食を食べたり、花火を見たりしながら特別な時間を過ごしました。
お部屋に戻ってから眠る前に一人ひとりお祈りをし、今日一日の感謝と明日への楽しみな気持ちを持って、盛りだくさんの一日が終わりました!



2日目
小鳥のさえずりの中で目を覚まし、自分で作った染物Tシャツに着替えて林間幼稚園2日目の始まりです。同じグループの友だちや先生と同じ色で染めたTシャツということもあって、子どもたちは「お揃いだね~」と周りの人と顔を見合わせながら、特別感を感じているようでした。
この日は一日雨だったので、主に宿舎の中で過ごすことになりましたが、美味しい朝食を食べ、友だちと協力してお題に挑戦する“オリエンテーリング”を楽しみました。そんな中で、野生のりすが窓際に現れるという嬉しいサプライズも!子どもたちは大喜びで目を輝かせて、とっても貴重な体験が出来ました♪

 

 

楽しかった時間もあっという間に過ぎ、新幹線に乗って新横浜駅を目指します。子どもたちからは、「もっといたい!」「まだ帰りたくない~」との声もたくさん聞こえてきましたが、やはり「あとどのくらいで着くのかな?」とお家の方に会えるのを楽しみにしている様子でした。新横浜に到着し、お家の方に温かく迎えていただいた時には、子どもたちのほっとした姿と嬉しそうな笑顔が見られました。2日間、子どもたちは友だちと協力して布団を敷いたり、オリエンテーリングで一緒に話し合いをしたりと、一人では難しいことも「支え合ったらできた」という経験をたくさんすることができました!また一泊であっても、帰ってきたときの子どもたちの顔はキラキラと輝いていました。こまめな消毒など感染症対策を行いながらではありましたが、子どもたちの心に残るたくさんの楽しい思い出ができたことと思います。神様のお守りとお祈りの中で無事に林間幼稚園を終えることができ、心から感謝致します。2学期も、林間幼稚園を通して感じられたことを大切にしながら過ごしていきたいと思います♪

 

2022年08月01日

1学期も楽しいことがたくさんありました!

先日終業式をむかえました。
ふと4月のころを思い出すと、入園してきた子どもたちは初めてのお友だちや幼稚園生活にドキドキしていたり、進級した子どもたちは入園してきた小さいお友だちにどうやって話しかけようかと考えていたり・・・可愛らしい姿がたくさんありました。

毎日一緒に遊んだりする中で、いつの間にかみんながお友だちになっていて、みんなが安心できる存在になっていきました。楽しいことはみんなで何倍にもして、困った時や悲しい時はみんなで分けっこしながら1学期を過ごしてきました。

1学期には楽しい行事もたくさんありました!
“親子遠足”“シャボン玉ショー”“移動動物園”“七夕”など・・・
どの行事も子どもたちのにこにこ笑顔が溢れていて、私たちも嬉しくなる時間でした。

 

2学期にも楽しい毎日が待っています。
今年の夏は一段と熱くなりそうですが、夏休みの間も元気に過ごしてくださいね♪
2学期に会える日を楽しみにしています!

 

2022年08月01日

夏野菜

幼稚園の入り口の横に、少しのスペースですが畑があります。
この畑は毎年年長:月組がお世話を任されています。今は夏野菜が植わっていて、収穫の時期を迎えました!

今年植えた夏野菜は・・・トマト・きゅうり・ナス・ピーマン・オクラです。
苗が育ち、実がつき始めると毎朝「トマト赤くなってきたから、今日食べられるかな?」「先生も見た?きゅうりがすっごい大きかった!とらなきゃ!」と収穫を今か今かと楽しみにしていました♪

 


 

収穫が始まると毎日のようにたくさんの野菜がとれます!月組さんと相談して、他のクラスのお友だちにもおすそ分けすることにしました。

 

 

 

ちょっぴり苦手な野菜にも、「食べてみる!」とかじってみたり、挑戦する姿も見られました!
「食べてみたら美味しかった!」と力強い声も♪
自分で育てた野菜は格別ですね!

2022年07月22日

お散歩に行ってきました!

自然がたくさんあって、お散歩をするのに気持ちのよい“寺家ふるさと村”にお散歩に行ってきました。今回のお散歩は年長・年中児の参加で、年少児は幼稚園でお留守番をしていました。体力がついてきたり、自然への興味がもう少し出て楽しめるようになったら年少児もお散歩にでかけたいと思います♪

寺家ふるさと村への散歩には、毎回スペシャルゲストが来てくださいます!
卒園生のお父さまで、昆虫にとてもお詳しいお父さまが“虫博士”として虫を捕まえたり、色々教えてくださりながら一緒に歩いてくださいます。素早く飛んでいる蝶やトンボなども一瞬で捕まります!子どもたちは大興奮で、虫を見つけると「とってー!」と夢中で虫博士に伝えます。また捕まえた虫もすぐに名前や特徴を教えてくださるので、興味がさらに深まり、虫の世界に引き込まれていく姿が見られました。しばらくすると子どもたち自身で虫を見つけて捕まえたり観察していました。また「カエルの声が聞こえる!どこかに隠れてるんだ!」と鳴き声を頼りに見事捕まえた子どもたちもいました!つかまえた虫は観察をしたあと、すぐにはなしてあげました♪

 

 


お散歩コースの中には木々の中を歩く場所もあり、木陰の中に入ると気温の変化や空気の変化が感じられたりと、虫だけでなく様々な自然を感じながらお散歩をしてきました♪

 

次は秋にお散歩を予定しています。田んぼの稲も今は小さいですが、秋にはどんな姿になっているか・・・子どもたちと楽しみにしていたいと思います♪

2022年06月24日

おうちの方と一緒に・・・♪

6月に入り、幼稚園の生活に慣れてきた子どもたち。
普段みんなが幼稚園でどんなことをしているのか、おうちの方に体験していただきました!
おうちの方と幼稚園で一緒に過ごす“ファミリーデー”の様子をお伝えしたいと思います♪

普段はテラスでおうちの方と“ばいばい”をしますが、この日は一緒に園舎に入れます!「ここが私の靴箱だよ!」「手を洗うところはこっち!」と嬉しそうに手をつないで登園してきました。一緒にお祈りをしたり、製作をしたり、遊んだり・・・おうちの方と沢山の笑顔を交わし合いながら過ごしている姿が見られて、嬉しくなる時間でした♪

製作ではどの学年も“おうちの方と一緒に”がテーマの製作物になりました。どんな色や模様にするのか、作る過程で協力をしたり、おうちの方と顔を寄せ合いながら作っていました。

年少:ちゅーりっぷ組は紙皿を使ってラケットを作り風船をボールにして、ラケットの完成後は体育館で遊びました!年少組さんでは「何描く~?」「○○描いてほしい!」と紙皿に描く絵の相談をしていました。また作品を使って遊び始めると、嬉しそうにおうちの方と風船で遊んでいる姿が!風船が思いもよらない場所に飛んで行ったりもするので、びっくりしたり笑いあったり、笑顔が溢れる時間でした。

 

年中:星組は紙皿とトイレットペーパーの芯を使って、新聞の球を打てる鉄砲を作りました。星組さんでは、どんな模様にするのかの相談以外にも、どうやって組み立てるか相談している声も聞こえてきました。子どもたちだけでは難しい工程になっているので、おうちの方と協力して完成させていました。新聞紙の球を飛ばして、キャッチして・・・とおうちの方と気持ちを合わせながら楽しんでいました♪

 

年長:月組は木材を使って、舟を作りました!1家族1枚ずつ木の板が配られるとまずは先端を水の抵抗を少なくするためにノコギリで切ります。ここはおうちの方の出番で、子どもたちは「がんばってー」と応援していました。切った後は木のパーツを相談しながら付けていきます。水の上でうまく浮くように、左右のバランスを考えながらデザインを決めていました。世界に一つだけの舟が出来上がりました!


2022年06月20日

シャボン玉ショー

幼稚園の創立者である塚本昇次神父様のお誕生日のお祝いにシャボン玉ショーで活躍されている“杉山兄弟”をお呼びして、シャボン玉ショーを開催しました。神父様がお亡くなりになられてからも、毎年続いている天使幼稚園伝統の行事の一つです♪この日は幼稚園がたくさんのシャボン玉で溢れます!
子どもたちも大人も、みんなが笑顔になって、心が躍る時間になります。今年もみんなが大好きな1日を無事に迎えることができました。

杉山兄弟のお二人は、テレビや様々なアーティストのライブの演出などでご活躍されています。今年もコロナ対策として密を避けるために、快く2回公演を引き受けてくださいました。

 

ショーが始まると、杉山兄弟お手製の装置からたくさんのシャボン玉が出てきました!子どもたちの目の前まで飛んできてくれて、割れても割れてもまだまだたくさんのシャボン玉が残っていて、みんな一瞬でシャボン玉の世界に引き込まれました。色々な形や大きさのシャボン玉が次々に出てきて、ドキドキワクワクが止まらない時間をみんなで楽しみました♪

 

 

2022年06月01日

マリア様のお祈り

 

天使幼稚園では、朝の集まりの時間やお弁当の時間、帰りの時などにお祈りをしています。お祈りの中の一つに“アヴェマリアの祈り”というものがあります。イエス様のお母様であるマリア様にお祈りを捧げます。
5月はマリア様の月として、子どもたちにもマリア様についてお話ししながらお祈りの時間を過ごしてきました。また各クラス、マリア様がお喜びになるように・・・と一人ひとりお花を作り、そのお花にお祈りの気持ちを込めてきました。

そして先日、藤が丘教会から神父様が来てくださり、園庭に集まってみんなでお祈りの時をもちました。神父様から「マリア様はイエス様だけてなく、みんなのお母さんとしてみんなのことを見守っていてくださっているよ」とお話がありました。目に見える存在ではありませんが誰かに見守られている温かさが、子どもたちに伝わっているようで、お話を聞いた子どもたちはなんだか嬉しそうにしていました。

ひとり一人が作ったお花は、園庭にあるマリア様の所に飾りました。
マリア様からいただいた温かさをおうちの人や周りの人にたくさん分けていってくださいね♪
気持ちのよいお天気の中、みんなで温かい気持ちになる時間を過ごしました。

 

2022年05月31日

イースターのお祝い

本当のイースターは4月にありましたが、天使幼稚園では進級・入園した子どもたちが新しい生活に慣れてきてから、イースターのお祝いをしています。
神父様と一緒にお祈りを捧げ、祝別された卵を一人ひとりいただきました。これからもあたたかな祝福がみんなのうえにありますように♪

 

イースターは私たちのために十字架に付けられ、お亡くなりになったイエス様のご復活のお祝いです。会ったことも、見たこともない“イエス様”ですが、幼稚園では日々の生活の中にイエス様がいらっしゃいます。“イエス様がご復活したお祝いのイースター”であることを伝えると、子どもたちからは、「マリア様の赤ちゃんだよね?」という言葉だけでなく、「イエス様っていつも見ててくれてるんでしょ?」「優しいんだよね?」という声も聞こえてきました。子どもたち一人ひとりがお祈りや、神父様や園長先生がしてくださるお話から、それぞれ受け取めているのだなと感じました。

また、ある時ふと「神さまがいてよかった~」とつぶやいた子がいました。子どもの口からふと出た言葉でしたが、本当にそうだな・・・と、子どもの澄んだ心を感じた一言でした。
悲しい出来事もありますが、“神さまがいてよかった”と今日も明日も思いながら過ごしていきたいなと思います。

2022年05月13日

こいのぼり

幼稚園の園舎から遊具にかけて、こいのぼりが元気いっぱい空を泳いでいます♪
子どもたちが作ったこいのぼりも気持ちよさそうに並んでいます。

 

年少:ちゅーりっぷ組
ちゅーりっぷ組さんは一人ひとり絵の具でスタンプを押し、鱗に模様を付けました。初めての絵の具に目を輝かせながら嬉しそうにスタンプしている姿が可愛らしかったです♪

 


年中:ほし組
ほし組さんは白い画用紙を絵の具を使って全面塗りました!色を上に重ねていくのではなく、混ざらないように気を付けながら白いところが無くなるように塗っていました。


年長:つき組
月組さんは絞り染めに挑戦しました!布にビー玉をかぶせ、輪ゴムで留めていきます。きつくとめないと模様がでないので、みんな頑張っていました。染めた後、輪ゴムを外して模様を見た時の子どもたちの驚いたり嬉しそうにしている姿が印象的でした。

 


それぞでのクラスで作った“うろこ”をつけて、クラスごとに“こいのぼり”にしました!
「私のはどれ?」「僕のあった~!」「○○組さんのもいいね!」と嬉しそうに見上げていました。元気に泳ぐこいのぼりのように、子どもたち一人ひとりが健康で健やかに成長していきますよう♪

2022年05月02日

こどもの国に行ってきました♪

お天気がなかなかすぐれない日が続いていましたが、子どもたち・おうちの方・職員の気持ちが空に届いたかのように、予定通り親子遠足に行くことができました!
密にならないように気をつけながら軍手を着用したりするなどの感染対策をとりながら過ごしました。


おうちの方と触れ合い遊びをしたり、旗振りダンスをしたり・・・クイズでは大好きな平田先生(体操講師)の好きな食べ物はなんでしょう?など・・・みんなで楽しい時間を過ごしました♪

 

 

これからゴールデンウイークに入りますね。素敵な連休をお過ごしください♪

2022年04月28日

イースターおめでとうございます

少し前になりますが、17日の日曜日、イースターをむかえました。
イエス様は私たちのために十字架に付けられお亡くなりにり、3日後にご復活なさいました。イエス様のご復活のお祝いをイースターと呼び、キリスト教ではクリスマスと並んで大切にしている日です。
幼稚園では子どもたちがもう少し新しい環境に慣れてきてからイースターのお祈りをしたいと思っています。世界中で様々な理由で悲しまれている方のもとにも、神さまのあたたかいお恵みがたくさん届きますように。

 

年中:星組さんではイースターの卵を作りました。
初めて曲線切り(カーブを切ること)に挑戦しました!卵の形に切った後は巣に置いてあげます。転がって割れないように囲んであげたり、柔らかい布団になるように貼っていたり、一人ひとりが卵のことを考えながら作っていました♪



今週の月曜日のお祈りは神父様が来てくださり、一緒にお祈りをしたり、神父様のお話を聞くことができました。お話の中では今世界で起きている紛争についても触れられ、大切なことは“人を大切にすること”、相手のことを大切に思っていれば傷つけようと思わない、そうしたら争いも起きないね・・・と、私たちも一人ひとりが相手を大切に思うことが大切であることを教えてくださいました。幼稚園の中でも気持ちがすれ違ったり、互いに言葉が足りず喧嘩になることもあります。成長の中で大切な経験ですが、その中でも相手のことを大切に思いながら解決に向かうことが出来たり、喧嘩に発展する前にお互いに大切にしあえる経験をたくさん積んでいけたらと思いました。あたたかいやり取りの輪が世界中で広がっていきますように。


2022年04月27日

ぽかぽかの園庭で・・・♪


長袖を着ていても肌寒く感じる日もあれば、日中は半そででも熱いくらいの季節になってきました。
園庭では新緑が溢れ、暑い日には葉の陰で休憩しながら遊んでいます♪


冬の間も虫かごと虫網を持って虫探しをしていた年長組の子どもたち。見つけられなくても図鑑で毎日のように研究(どの季節にいるか、どんな鳴き方をするのかなど)を進めていました。
だんだんと虫が出始めた今、園庭を嬉しそうに駆け回っています!

八重桜の木にはたくさんのテントウムシがいました。まだまだ体が小さく「赤ちゃんテントウムシだね!」と優しく捕まえていました。
また研究で得た知識を、本当にそうなのか試したり調べている姿も・・・
「テントウムシは上に上に行くんだよね?」と枝に乗せて実験していたり、テントウムシは身の危険を感じると死んだふりをしたり、足から黄色くて臭い汁を出すことを手の上にいるテントウムシを見ながら「あ!死んだふりしてる!きっと怖いんだね・・・」「やっぱり黄色い汁出てるね」と確認していました。

 

 

今までは探して捕まえるだけでも十分楽しんでいた子どもたちですが、虫探しも深まってきている年長:月組さんです♪

2022年04月25日

はさみを使って・・・

年中:星組さんでは、はさみの練習を楽しんでいます!
“ちょっきん”と切る一回切りが上手になってきたので、“ちょきちょきちょき”と切る連続切りに挑戦しました。今回は黒い画用紙を切りました。切った紙はダンゴムシの足になります!ダンゴムシの足はたくさんあるので、たくさん切らなければなりません。
虫が大好きな星組さん!園庭でも根気よくダンゴムシを探していたので、ダンゴムシにはたくさん足があることも知っていて自分で作る自分のダンゴムシのために「任せて!」「たくさん切れるよ♪」と張り切って切ってくれました。

 

頑張って切った足を体に張り付け、顔を描いて完成です!
星組さんの大好きなダンゴムシが楽しそうにお散歩しています♪

2022年04月25日

初めての幼稚園

初めてのことだらけの年少:ちゅーりっぷ組さんは、幼稚園中をお散歩しながら探検しました!
どんなお部屋があるのか、園はどんな所なのかなどを見ていきました。

 

園舎の中を探検していると、お兄さんお姉さんの元気いっぱいな声が聞こえてきたり、かっこよくお祈りをしてる後ろ姿が見えたり・・・年中:星組さんや年長:月組さんの存在をたくさん感じた時間でした。
そして園庭に出ると、遊びたい気持ちがたくさんで顔がほころんでいる可愛らしいちゅーりっぷ組さん、遊びたい遊具やおもちゃに目も気持ちも持っていかれそうになりながらも、頑張って最後まで聞いていました。

自由遊びの時間になると、一目散に遊びたい遊びを見つけにこにこ笑顔で走っていく姿が今年度のちゅーりっぷ組さんは印象的でした。
これからもたくさんの楽しいを見つけて思いっきり遊んでね♪

2022年04月25日

新しい遊具♪

昨年度に創立50周年をむかえ、その記念の一つとして園庭に新しい遊具を設置しました!
黒い部分に足を乗せ、中心の棒につかまりながらクルクル回る“ピロウティー”という遊具です。春休みの間に工事をしたので、始業式の日に園庭に突如現れた遊具にびっくりしていました!

 

 

先日カトリック藤が丘教会の鵜飼神父様に、遊具も神さまに守られ、その遊具を使う子どもたちのことも神さまに守っていただけるよう“祝別”していただきました。
みんなの安全を守られますように、この遊具を通し子どもたちの笑顔が溢れますように・・・など、神さまにお祈りしていただき、“聖水”をかけていただきました。
この遊具を通し、子どもたちのにこにこ笑顔がたくさんになりますように♪


早速新しい遊具に挑戦した年長:月組さん。初めはなかなかうまく回らない姿もありましたが、乗っていくうちに足をどう動かしたらスピードが上がるのか、どこを持ったら力を入れやすいかなど一人ひとりの感覚でコツをつかんでいきます。上手に回れると風が気持ちよいらしく、髪をなびかせながら「気持ちい~」と楽しそうな声が聞こえてきます♪

外遊びが気持ちのよい季節です!園庭でも心も身体もたくさん使って遊びましょうね。

 

2022年04月22日

卒園生の皆様 新しい年度が始まりましたね♪

3月、4月は卒園(卒業)・進級・入園(入学)の季節です。
新しい門出をたくさんの花々が彩りを添えています。
期待に胸を躍らせ…でも少しドキドキする春でもありますね。

幼稚園も新しい子どもたちを迎え、また、進級の子どもたちも張り切っている様子がたくさん見られ、新しい生活を始めた子どもたちの顔が、春の光の様にキラキラしているように感じます。

少し前のホームページでもお伝えしましたが、幼稚園では卒園生の卒業、入学など嬉しいニュースもたくさん飛び込んできます。

大学を卒業して社会人になる卒園生が袴姿で報告に来てくれたり、中学、高校の卒業・入学の報告をしに幼稚園で待ち合わせて何人かで来てくれたりと、コロナ禍ではありますが、幼稚園のことを思い出して、そんな報告が聞けるのは何より嬉しい時です。

高校卒業の卒業制作を見せに来てくれた卒園生もいます。
自分で考えた幼稚園の設計図を作り、作った模型の写真も見せてくれました。
設計したどの場所にもたくさんの溢れる思いがあり、説明してくれました。
幼稚園のイメージをこんな風に感じ、考えてくれたのだと、話を聞いたり、見たりしながら胸が熱くなりました。
たくさんの子どもたちの笑顔や、笑い声が聞こえてきそうな、そんな温かい温もりを感じられる素敵な幼稚園の設計図でした。
「いつか幼稚園の設計も是非お願いね♪」と頼みました。

また、ある卒園生は「小学校に入学する時、幼稚園のたくさんの思い出を胸に入学しました。今度中学の入学は幼稚園と、小学校の両方の思い出を胸に入学します。」と言ってくれました。

日々成長していく卒園生に神様の豊かなお恵みがありますように…。

卒園生が好きなことを見つけ、その子らしく前を向いて歩いている姿を見る事ができることは本当に嬉しいことです。
あなたはあなたらしく、一人ひとり違う神様に頂いたプレゼントを大切に歩んでくださいね。
たとえこれから先、上手くいかないこと、回り道だと思うこともあったとしても、きっと後から「あれはこの日のためにあったのだ」と思える時を神様が用意してくださると思っています。

「みんな頑張って!! いつも神様が共にいてくださいますよ。」
「卒園生にエールが届きますように…。」と祈る春です。

 

2022年04月20日

ハナミズキ

園庭にはマリア様の像があり、みんなのことをいつも見守っていてくださいます。入園したころは「あの白い人はだれ?」「赤ちゃん抱っこしてるね」とマリア様とイエス様の名前が出てきませんが、毎日のお祈りやクリスマス会で年長児がイエス様のお誕生のお話の劇をしたりする中で、赤ちゃんがイエス様で、女の人はイエス様のお母様のマリア様ということを知っていきます。あたたかい心をお持ちのマリア様のように、あたたかい心をたくさん使い、誰に対しても優しい心を向けてくださるイエス様のように、周りの人を愛せる人になれますように・・・。教えるのではなく生活している中で一人ひとりの心に育まれていけたらと、関わっています。友だち同士、互いに分かり合っていく中で、認め合い、支え合って・・・自然とあたたかい心のやり取りが行われていきます。子どもたちを見ていると、そうしたやり取りや存在がいることで、なにか頑張る力や、乗り越える力、受け入れる力などにつながっているような気がします。

 

今日もみんなのことを見守っていてくださるマリア様とイエス様。その隣にはハナミズキの木があり、この時期になると花が咲きます。十字架の形にも似ていますね♪
でも、赤いお花のように見えますがお花は中心に密集している部分だそうです!

2022年04月15日

あたたかい関わり♪

新しく入園してくる友だちを楽しみに待っていた在園児に、「(年少)ちゅーりっぷ組さんのお手伝いに行ってもいい?」「一緒に遊んでもいいの?」と相談されていました。「お支度とか、どんな遊びがあるのか教えてあげてね!」と返すと、張り切って「うん!」と答えていました♪
ちゅーりっぷ組さんのお支度を手伝うために、自分たちの支度にもいつも以上に張り切っていた年長:月組さん、「ちゅーりっぷ組さんにいってきます!」と嬉しそうに部屋をあとにしていました。そして、ちゅーりっぷ組さんのお部屋に着くと、優しく声を掛けたり目線を合わせながら、スモックのボタンのお手伝いや、手の洗い方などを教えてあげていました。上手に手伝っていた子どもたちですが、実は去年の今頃(年中:星組さん)、新入園児のお手伝いをしたくても、恥ずかしくてお部屋を覗くことしかできませんでした。1年の間に自信を付けたり自分でできることが増えたからこそ、今年は温かい気持ちを発揮することができていて、成長を感じました。
また、小さいお友だちに優しくしたいという思いは、自分たちが年少組だった頃に年長組にしてもらって嬉しかったという経験が自然と受け継がれていっているのだなと嬉しくなります♪

 

 

年少:ちゅーりっぷ組さんもちょっぴりドキドキしながらも、お兄さんお姉さんに声を掛けられて嬉しそうでした。

2022年04月14日

にこにこ広場

未就園児のお子さまを対象に一緒に遊んだり、幼稚園がどんなところか知っていただけたらと“にこにこ広場”を開催しています。
今年度も新型コロナウイルスへの対策を取りながらの開催となりますが、たくさんの方にお会いできることを楽しみにしています。

先日、今年度1回目のにこにこ広場を開催しました。
今回は親子で楽しめる親子体操をしました。東洋英和女学院大学で准教授をなさっている先生が子どももおうちの方も、みんなで楽しめる体操を教えてくださいます♪園児たちも週に1度体操の時間があるのですが、楽しく笑っているうちに体もたくさん動かしている・・・そんな時間が園児も職員も大好きです!
たくさん体を動かした後は、お楽しみの時間です。“スケッチブックシアター”をみんなで見たり、手遊びをしました♪

 

 

小さいお友だちも自由に参加していただき、子どもたちおうちの方の笑い声があたたかい時間でした。
次回は4月22日(金)10:00~を予定しています。
ホームページ内“にこにこ広場”に詳細があります。ぜひご覧ください♪
にこにこ広場では、親子体操や製作の回など、開催日によって内容が異なります。ぜひ色々な時間をお楽しみください!

2022年04月14日

始業式・入園式をむかえました♪

温かい日差しが続き、園庭にもあたたかい春の風が吹いています。
そんな気持ちのよい日に、始業式と入園式をそれぞれむかえました。

始業式では1つお兄さんお姉さんの学年に進級した子どもたちが、嬉しそうに登園してきました。お式の時にはお揃いの水色スモックを着るのですが、胸には学年ごとに違うバッチが付いています。新しい学年のバッチを付けて、なんだか体も心もお兄さんお姉さんの気分になっていて、可愛らしい子どもたちでした♪

 

入園式ではおうちの方と一緒に登園してきた子どもたち。ぶかぶかの水色スモック姿がとっても可愛らしかったです!新しく入園するお友だちを楽しみに待っていた在園児は、年長・月組は舞台の上から、年中・星組は新入園のお友だちの横で、お祈りなどのお手本をしました。
また式の中で新入園児の名前が呼ばれると、おうちの方、在園児、職員みんなから拍手が送られ嬉しそうな顔を見られてみんなが温かい気持ちになりました。幼稚園の仲間になったみんなとの毎日が楽しみです!困ったこと、分からないこと、なんでも周りにいるお兄さんお姉さん、先生たちに聞いてくださいね。

 

今年度も神さまのお守りの中で、子どもたち一人ひとりがのびのびと、にこにこ笑顔で過ごせますように。

 

2022年04月11日

卒園生①

先日卒園した子どもたちが、ランドセル姿を見せに幼稚園に寄ってくれました!
門を元気に「ただいまー!」と言ってくぐってきたピカピカの1年生!卒園前に「ランドセル何色にした?」「昨日届いたんだよ!」と話していました。
ついこの間まで幼稚園でお揃いのリュックを背負っていたのに、ランドセル姿がしっくりと似合っていて、嬉しくもありちょっぴり寂しくもあり・・・。
新しい世界への一歩をドキドキしながらも、元気いっぱい踏み出している姿に頼もしさを感じました!幼稚園からパワーを送っているからね♪時々顔を見せに帰ってきてください。

 

 

 

また午後には、中学校に入学した卒園生も新しい制服を見せに来てくれました!しばらく見ないうちに背も伸びて、目線が同じになっていたり、中には職員の背を抜かしている子どもたちもいました。別々の小学校に通っていて会えなかった時間も長くありましたが、互いの顔を見ると自然と話し始めたり、昔の姿に戻っている姿が見られて胸が熱くなりました。保護者の方も含め幼稚園での出会いがいつまでも温かく続いていて嬉しくなりました。これからもみんなの毎日が神様に守られ、光に満ち溢れますように。

2022年04月11日

新年度が始まりました♪

園庭では桜の花びらが舞い、子どもたちが植えたちゅーりっぷや草花も元気に咲いて、春の訪れを感じます♪
進級・進学と、新しい一歩を踏み出す季節です。今年度も神さまのお守りの中であたたかい時間を過ごしていくことができますように。



 

幼稚園では新年度に向けての準備をしながら、“どんなことをしようかな?”“今年はこんなことに挑戦してみよう!”と子どもたちの姿を思い浮かべています。子どもたち一人ひとりにとって、幼稚園が安心できる場所となり、楽しいことをたくさん見つけたり、友だちと一緒に喜びを分かち合ったり励まし合ったり・・・と様々な経験をしていくことができる1年になりますように♪

今年度もコロナ対策の中での1年になりそうです。保護者の方にご理解ご協力いただきながら子どもたちの笑顔を守っていけたらと思っています。

2022年04月06日

卒園式

春の風が吹き気持ちの良い日に、卒園の日をむかえることができました。

天使幼稚園では入園の時期におうちの方へ、“みんなのお父さん、お母さんになってください”とお願いします。それはお世話をしてくださいという意味では無く、子どもたち一人ひとりの成長を一緒に見守っていただきたいと思ってのお願いです。天使幼稚園の子どもたちは周りにいるたくさんの大人から“愛されている”“自分は大切な存在なんだ”と感じながら毎日過ごします。これによって子どもたちが周りの人を愛せたり、温かい気持ちをプレゼントすることが出来たり、何か頑張る力になったり・・・と様々な形になって表れます。今年度卒園する子どもたちも、たくさんの愛情で包まれながら色々な経験をしてきました。楽しいことは何倍にも!悲しいときは分けっこして、ドキドキしたときは応援し合って成長してきました。

卒園式では、一人ひとり名前が呼ばれ、園長先生に卒園証書を渡していただきます。厳かな雰囲気の中で緊張していても、立派に受け取った子どもたちでした。一人ひとり受け取る間、保護者の方皆様がその子の事を思い、心の中で応援したり成長を振り返り、我が子のように温かく見守ってくださいました。神さまからいただいた小さな種は、たくさんの温かい愛を受けてしっかりと根を張ることができたと、感じる瞬間でもありました。

 

みんなが遊びに帰って来る日を楽しみに待っています!
“おかえりなさい”幼稚園はいつでもみんなが帰ってくる場所です♪

2022年03月18日

修了式

年中・年少組が修了式をむかえました。
修了式では一人ひとりの名前が呼ばれ、修了証書を園長先生からいただきます。
修了証書をとっても嬉しそうに眺めている子どもたちの姿は可愛らしかったです♪

 

年少:ちゅーりっぷ組さんは4月に入園し、幼稚園生活がスタートしました。初めはおうちの方と離れる時に涙が出る日もありましたが、今では楽しそうに「いってきまーす!」と手を振っています。大好きな遊びや友だちを見つけながら、幼稚園も安心できる場所の一つになっていったことを嬉しく思います。初めは同じ空間にいても一人で遊んでいた子どもたちでしたが(成長過程の中で大切な姿です)、毎日顔を合わせ互いの声を聞いている中で周りの友だちにも興味が出て、「おはよう!」「何してるの?」「一緒に遊ぼ」と声を掛けるようになっていきました。まだまだ職員も子どもたちの間に入って気持ちを言葉にしたり、伝えるお手伝いをしていますが、社会への第一歩を頼もしく踏み出し始めた年少:ちゅーりっぷ組さんの1年でした。


年中:星組さんは「もうすぐ小さいお友だちくるでしょ?」「お手伝いに行ってもいい?」と言っていた4月が懐かしくなります。いざ「お手伝い行ってきてくれる?」とお願いすると「え~先生一緒に行こうよ」と手をつないで年少組の保育室まで行き、自己紹介をするのがやっとの可愛らしい子どもたちでした。そんな子どもたちがいつの間にか園庭などで困っている年少組を見つけると「どうしたの?」と声をかけられるようになっていました。またいつの間にか自分で出来ることもたくさん増えて、お支度などの時間に「直ぐに出来ちゃうから見ててね!」と“手伝って”という言葉が減ってきました。人のために力を使った時の温かい気持ちや、自分で出来ることが増えて達成感や喜びを感じたり、たくさんの成長が溢れた1年でした。


次に会うときには1つお兄さんお姉さんの学年になります。
ちょっぴりドキドキする気持ちもあるかもしれませんが、楽しいことがたくさん待っています。
春休みの間もおうちの方と一緒にあたたかい毎日を過ごしてください。
4月に幼稚園で会えることを楽しみに待っています。

まだつぼみが固い中で、園庭の桜が咲いていました!みんなのことをお祝いしているようですね♪

2022年03月16日

教会訪問

カトリック藤が丘教会にて子どもたち保護者の方と共に、今年度も1年神さまのお守りの中で過ごせたことに感謝しながら、祈る時を持ちました。

今年度も新型コロナウイルスの影響で、様々な感染対策の中での1年となりました。たくさんのご協力を子どもたちだけでなく、保護者の方にもしていただきました。本当にありがとうございます。その中で子どもたち一人ひとりのにこにこ笑顔が見られたこと、一人ひとりがその子らしく成長していったこと、またその姿を保護者の方と分かち合えたことを嬉しく思います。

世界では新型コロナウイルス以外にも紛争や自然災害など様々な理由で辛い生活を強いられている方がたくさんいらっしゃいます。お祈りの中で、今は特にウクライナへの侵攻やまた発生から11年が経とうとしている東日本大震災で被害にあわれた方に向けてもお祈りをしました。みんなが安心して笑顔で過ごせる世界になりますように。

 

またお祈りの中で、もうすぐ卒園を迎える年長:月組さんが卒園式で付けるおメダイを神父様に祝福していただきました。これからも神さまがどんな時もそばにいて見守っていてくださいます。楽しい時や、何かに困ったりつまずいた時に神さまのことを思い出してみてください。みんなは神さまの子どもとして愛されています。安心して歩んでいってくださいね。

2022年03月11日

おみせやさんごっこ♪

幼稚園が色々なお店に変身する“おみせやさんごっこ”の日がやってきました!
食べ物屋さんで売る商品や、ゲームコーナーで使う道具など、すべて子どもたちが廃材などを使って手作りして準備していきます。
どのクラスの子どもたちも、自分の分だけでなく幼稚園みんなの分・みんなが喜んでくれるようにと作り進めていきます。

おみせやさんごっこが初めての年少組はデザートやサンドイッチなどのレストランを出店しました。プリンカップにフルーツを付けたり、発泡スチロールのパンに新聞紙のレタスやハム、トマトを挟んだり・・・どれも可愛らしくて美味しそうな食べ物が出来上がりました!
2回目の年中組では、まずどんなお店を出したいか相談するところから始めました。「らーめん」「焼きそば」「スマホ」「カメラ」と食べ物だけではないものも出てきたので、屋台と電気屋さんなどを出店しました!
年長組はみんなが楽しめるコーナーを出したいね・・・と相談して、サッカーコーナーとお化け屋敷を出店しました!サッカーコーナーでは学年によって難易度を選べたり、お化け屋敷ではお化けに変身してみんなをお出迎えしたりしました♪

各クラス“おみせやさんごっこ”の日まで、みんなのためにたくさん準備をしてきました。何日も前から「あと何回寝たらおみせやさんごっこできる?」と楽しみにしていました。当日は全員軍手をしたり時間を短くしたりと、コロナの感染対策をしながらの1日ではありましたが、子どもたちは手提げ袋いっぱいにお買い物をして嬉しそうでした。「○○買った?」「(サッカー)ゴール決めれたよ!」とお話も盛り上がっていました。おうちの方にもお土産を買っていたようで、降園時に「これはお母さんに!」「今日の夜ご飯買っておいたよ!」と嬉しそうに声を掛けていました。みんなのにこにこ笑顔が溢れていた1日でした♪

 

 

2022年03月11日

お正月遊び

「冬休みにね・・・凧揚げしたんだよ!」「福笑いやって、へんな顔になった~」「おせち食べた!」と冬休みの話を子どもたちから聞きます♪

幼稚園では毎年お正月遊びの一つ“こま”を学年ごとに難易度を変え、一人ずつに配っています。最初の日は木製の駒にペンで模様をつけるところから始まるのですが、その姿も学年ごとに変わっていきます。年少組では好きな色に自由に塗っていきます。年中・年長組になってくると、回った時の色の混ざり具合を想像したり、途中で回して確認したりしながら塗っている子どもたちもいます♪
ある電車好きの園児は、上の面に電車の車両を描いて、側面に線路、そして裏面には大好きな駅を数個描きました。回してみると電車が走っているように、止まった時に床に着いている面が到着駅・・・という遊べるこまを作っていました。
自分で作ったこまだからこそ回し方が少し難しくても、自分のこまが回ったところを見たくて何度も挑戦している子どもたちです。特に年長組になると、ひもをこまに巻き付けて回すものになるので、難易度はぐっと上がります!ですが諦めずに楽しみながら練習しています。回った時は本人だけで無く友だちや保育者もみんなが嬉しくなります。しばらくこま遊びを楽しみたいと思います♪

 

園長園生も応援してくださり、ますます夢中になる子どもたちです!

2022年01月27日

おせち作り♪

自由遊びの時間に自由に使っていい空き箱入れの中から、お重に似た箱を見つけた園児がいました。そこから、近くにいる友だちや保育者と「おせち食べた?」「何が入ってた?」「なにが好き?」と会話が盛り上がり、「お節料理(お重)を作りたい!」と工作を始めました♪最初におせちのお重には仕切りがあることを思いだし、画用紙を切って一生懸命仕切りを作りました。お重の準備が出来ると「何入れようかな?」「何にしようかな?」と考えながら、いろいろな種類の緩衝材やスポンジを使って、栗きんとん・黒豆・伊達巻き・かまぼこ・えび・数の子・いくら・・・とお重(空き箱)詰めていきました。中には“ごま豆腐”“マシュマロ”など、廃材からイメージして詰めた物も入っていたり・・・♪作り込む姿に周りの友だちも「何作ってるの?」「おせち私も食べたよ!」「栗きんとんだ♪」と一緒に楽しんでいました。その後もおせちの世界は続き、歩くリズムに合わせて友だちと知っているおせちを言って目的地まで進んでみたり・・・。おせちがブームの子どもたちでした!

 


 

世界に一つだけの特製おせちができあがりました!

2022年01月26日

王様のお菓子遊び

フランスの伝統的なガレットデロワを天使幼稚園バージョンで楽しみました♪
ガレットデロワとはイエス様が12月25日にお生まれになり、星に導かれて三人の王様がイエス様に会うために旅をしていました。そしてベトレヘムの馬小屋でお生まれになったイエス様にお会いし、黄金・乳香・没薬を渡しました。そのお祝いとしてこのお菓子遊びを通し行っています。ケーキの中に小さなおもちゃが一つ入っており、切り分けて選んだ際に自分の中におもちゃが入っていたら王様・女王様になれます!

今年度は感染対策を取りながらの開催となったので、例年のようにみんなで食べることはできませんでしたが、子どもたちのわくわくドキドキしている可愛らしい姿を見ることができて嬉しかったです♪
天使幼稚園バージョンでは、袋に一つずつ一口サイズのカステラが入っています。袋には色が付いたテープが1つ貼られています。色々な色が用意されているので、その中から子どもたちは一つ(一色)選んでいきます。そして全員が選んだところで、くじ引きで王様・女王様のテープの色を1つ引き、当たった子どもたちは手作りの冠がもらえます!

 

 


子どもたちは「当たったらいいな♪」「当たりますように!」「当たらなかったらどうしよう・・・」「緊張する!」と色々な気持ちを抱えていました。また「当たったらどうしよう」という声も聞こえてきて、子どもたち一人ひとり感じ方が違うのだなと改めて感じました。
ドキドキワクワクしながらカステラを選ぶと、くじ引きの際には「当たりますように~」とお願いしていました。そして各クラス数名ずつ王様・女王様が決まると、当たった子どもたちは嬉しそうに、また当たらなかった子どもたちも「おめでとう!」と声を掛けていたり温かい姿が見られたり、ちょっぴり涙が出る可愛らしい姿も見られました。
なかなか今まで通りの行事を行えない日々が続いていますが、形を変えて開催することができ、嬉しく思います♪

2022年01月14日

3学期が始まりました♪


始業式をむかえ、3学期が始まりました。
冬休みの間にまた大きくなっていた子どもたち。
登園してくると、久しぶりの幼稚園にちょっぴりドキドキしている表情もありましたが、友だちや先生を見つけると「おはよー!」と声を掛け、「あのね!聞いて聞いて!」と嬉しそうに冬休みの話をしたり、「○○して遊ぼ!」と遊びに誘っていました。
長いお休みを挟んで最初は緊張しても、あっという間に打ち解けている姿に嬉しくなりました♪

また神学校で先生をなさっている稲川神父様がおうちの方と子どもたちに、それぞれお話をしてくださいました。子どもたちの時間には、一人ひとりの顔をご覧になりながら“かわいい”とたくさんおっしゃってくださり、子どもたちは自分が“大切な存在”“愛されている存在”であることを感じてにこにこ笑顔でした♪改めて言葉で伝えられると嬉しくなりますよね。
またギターを弾いてくださったりと、神父様と一緒にあたたかな時間を過ごすことができました。
保護者の方には“神さまがあなたと共におられます”という言葉とともにお話ししてくださいました。生活の中で様々な大変なことに日々直面している保護者の方々の心に届くように・・・神さまが一人ひとりの中にいてくださることを教えてくださいました。
愛されている存在であること、神さまがあなたと共にいてくださることを言葉を通して改めて伝えていただき、大切な時間となりました。

 

心がぽかぽかしながら3学期が始まりました♪
短い学期ですが楽しいことがたくさん待っています!
感染対策など気を付けなければいけないこともありますが、おうちの方と協力して子どもたちの笑顔がたくさんの毎日を過ごしていきたいと思います。

2022年01月13日

新年あけましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

新しい年を迎えました。藤が丘教会にて新年のお祈りをしてきました。また1999年1月にご逝去された創立者の塚本神父様にもお祈りを通し1年の始まりの報告をしました。塚本神父様が天使幼稚園を創立されてから今年度50周年迎えました。これまでの歩みの中であたたかく守られてきたものを、大切につないでいけるよう今年も過ごしてまいりたいと思います。

 

 

思いがけない積雪に、園庭が綺麗に真っ白く染まっていました!
冬休みの間にクリスマスやお正月と・・・ご家庭で過ごす時間もあったと思います♪
新学期が始まります!最後の学期も子どもたちのにこにこ笑顔が溢れる毎日になりますように。

再びコロナウイルスの影響が大きくなってきています。今年も保護者の皆さまにたくさんのご協力をお願いすることになりそうです。子どもたちが安心して過ごせる毎日を送ることができますように。

今学期も神様のお守りの中で過ごすことができますように。

2022年01月07日

卒園生、卒園生保護者の皆様、お世話になっている皆様方へ

 

 

クリスマスおめでとうございます。
皆様の上に神様の豊かな祝福がありますように…。

 


皆様お元気ですか?
今年も続いているコロナ禍できっと今まで通りにできないこと、我慢しなければいけないこと等がたくさんある中で過ごしていらっしゃるのではないかな…と案じています。
幼稚園もまだまだ不安の中で過ごすことが多い日々ですが、工夫して行事をしたり、卒園した皆が過ごしていた時と同じ様に特別なことではなく、友だちと笑顔で過ごせる毎日を大切に過ごしています。

以前このホームページでもお伝えしたのですが、今年、梅が丘天使幼稚園は創立50周年を迎えました。
50年の長い間、たくさんの皆様に支えていただき、可愛がっていただいて今日があることを心から感謝しています。
コロナ禍でまだ皆様と一緒に集い、お祝いすることはできませんが、イエス様のお誕生をお祝いすると共に、天使幼稚園が50年を迎えられた感謝を改めて皆様にお伝えし、離れていても皆様と共に喜びを分かち合いたいと願っています。
(卒園生のお友だちにも伝えていただけたら感謝です)

辛子種のように小さな、小さな種(幼稚園)がしっかりと梅が丘の地に根を張り、50年の間に沢山の神様の愛の種が育ち、天使幼稚園から1647人の卒園生が巣出っていきました。
その中にはお父さん、お母さんになって帰ってきてくださる方もいて、とても嬉しく思います。
卒園生の皆もそれぞれの場所できっと神様に頂いた賜物を活かし、「あなたらしく」過ごしているのではないかと思っています。

幼稚園は変わらずゆっくりと天使時間が流れています。
今年も在園している子どもたちが、先日 卒園生の皆と同じようにクリスマス会をしました。
月組の子どもたちは50年続いている聖劇もしました。実は台本も最初からほとんど変わっていません。
自分の役や台詞を覚えている人もいるのではないですか?
塚本昇次神父様、荒茂子先生が考えられた台本を受け継ぎ、今年も皆の後輩たちが同じように心を込めて、心が温かくなる聖劇を演じてくれました。
今年も神様がそばにいてくださり、包み込んでくださっているような温かさを感じる心に残る素敵な会になりました。

クリスマスにイエス様がお生まれになり、私たちを光で照らしてくださったように、世界中がこんな辛い時ではありますが、きっと天使時間の中で培われた皆の優しさの種が心の中にしっかりと根付き、周りの人を温かい光で照らしているのではないかと思っています。
そんな卒園生が天使幼稚園の宝物です。
これからもずっと神様から頂いた「あなたらしさの種」を大切に育ててくださいね。

今年6月に教会で50周年感謝の祈りの時をもち、その折に創立50周年の歌を作り皆で歌いました。
それから子どもたちとよく歌っています。
卒園生保護者の方に素敵なイラストも描いていただきました。楽譜を載せますので良かったら口ずさんでみてください。

これからも時々ホームページを見て、変わらない幼稚園のことを思い出してください。そして応援して頂けたら嬉しいです。
天使幼稚園のことを思い出す時に皆の心の中に温かい思いが広がりますように…。
卒園生の皆が今どんなことが好きなのか、どんなことを頑張っているのか、神様から頂いた「あなたらしさの種」がどんなに育っているのか、会ってお話を聞きたいです。
この状況が落ち着いたらお顔を見せてくださいね。
皆と集まれる日が一日も早く来ますように…。

皆様どうか良いクリスマス、良いお年をお迎えください。
皆様方のご健康とご活躍をお祈りしています。
心から感謝をこめて…

The Lord is with you 「主はあなたと共におられます」

梅が丘天使幼稚園職員一同

 

 


2021年12月23日

終業式をむかえました。

一年の中でも一番長い2学期が終わりました。
今学期も感染対策を取りながらの毎日となり、おうちの方にはたくさんのご理解とご協力をいただきました。子どもたちの笑顔のため、みんなが安全に過ごせるようにと快く受け止めて下さり、ありがとうございました。

今学期は運動会やクリスマス会と、友だちと協力したり心を一つにすることや、たくさんの人を前に発表する行事もありました。遊びの延長で楽しみながら準備をしているうちに当日を迎えられたらと思いながらも、本番が近付いてくると緊張している姿がみられました。どの行事も、一人ひとりの姿でそれぞれの成長があり自信を付けていきました。
また、日々の生活の中でも2学期は、夏から秋・冬と3つの季節を感じながら過ごしました。夏の暑い時期は園庭で虫探しをして遊んだり、秋になってくると落ち葉を使って遊びを広げている姿、冬になってくると水の冷たさを感じたり・・・体と心をたくさん使って毎日を過ごしていました!

終業式では一人ひとりが作ったキャンドルホルダーに灯りがともり、みんなの灯りが集まった中でお祈りをしたり、神父様のお話やクリスマスのお話を聞きました。またこの日までためてきた思いやり献金も集めました。一人の力は小さくてもみんなの力を合わせれば大きくなることを今学期も実際の経験を通して感じてきている子どもたちです。今回の献金は先日お話を聞いたアフガニスタンに届けられます。みんなの温かい心のこもった献金が、困っている方のもとに届きますように。

 

もうすぐクリスマス!みなさまあたたかいクリスマスとお正月をお迎えください♪

2021年12月23日

こひつじクラス(未就園児)クリスマス会

こひつじクラスでクリスマス会をしました!
事前のこひつじクラスの日に作ったクリスマス飾りを窓に貼るところから始まりました。
飾りは透明のアクリル板にサンタ・雪だるまが描いてあるものに、色付きの透けるシールを貼って作りました。窓に貼ると太陽の光でステンドグラスのようにきれいに光ります。可愛らしい飾りでいっぱいになり、一気にクリスマスの雰囲気になりました。


 

楽しい雰囲気の中、次はクリスマスソングに合わせて楽器を鳴らして遊びました♪鈴やカスタネットを使ったり、これまでのこひつじクラスで作った楽器を持ってきたり・・・鳴らしながら体が揺れていたり、可愛らしかったです!

こひつじクラスでは、おうちの方と一緒に安心してゆっくり過ごす中で幼稚園の楽しさ、お友だちと遊ぶことの楽しさを知っていっていただけたらと思っています。来年も楽しいことがたくさん待っています♪冬休みの間もお元気にお過ごしください。また新年にお会いできることを楽しみにしています。

来年度のこひつじクラスも受付中です♪

 

2021年12月22日

クリスマス製作・年長:月組

月組さんの保育室にもたくさんの作品が飾られています♪
年長組になると、根気のいる作品にも挑戦します!
リースはドーナツ型の台紙に毛糸をまいて土台を作りました。毛糸の玉を持って、輪っかの中をくぐらせながら巻いていきました。毛糸の長さを調節したり巻かれる位置を定めたりと、一度に色々なところに気を遣いながら進めていきます。丁寧に巻いていく姿はさすが月組さんでした!そして丸・三角・四角の台紙に布を貼って飾りにしました!布をしっかりと貼らなければ形がきれいに出ないので、一つひとつ頑張っていました。紙ではない温かみのあるリースが出来上がりました♪

 

先日のクリスマス会ではイエス様のお誕生の劇=“聖劇”を立派に演じきった月組さん!自分の役の人形を作りました!どんな衣装を着たかな?と思い出しながら、布を選んで作っていきます。作りながら聖劇の思い出を楽しそうに話していました。一人ひとり雰囲気がそっくりで、全員の人形が並ぶと、クリスマス会が思い出されます。
もうすぐイエス様のお誕生・クリスマスの日がやってきますね♪

 

 

2021年12月22日

クリスマス製作・年中:星組

星組さんは松ぼっくりを使ってオーナメントを作りました!
立体で形も複雑な面に、ビーズやリボン、毛糸などの飾りを付けていきます。片手で松ぼっくりを抑えながら、もう片方の手でボンドを付けたり、飾りを付けなければなりません。手先の細かい動きを求められる中で、「転がっちゃう!」「どうやってつけたらいいの?」という声も聞こえてきましたが、松ぼっくりやビーズなど普段の製作では使わない特別な材料もあり、“楽しい”の気持ちが勝ち、熱中して取り組んでいました!また飾られたときにどんな感じになるか、完成図を頭の中で想像しながら飾り付けをしていたり・・・手先だけでなく様々な部分での成長を感じました♪

季節の素材も使って、製作を楽しみました!

 



サンタさんとトナカイは、折り紙で作りました!折り紙の経験も重ねてきて、自由遊びの時間にも保育者や友だちと折り紙の本を開いて楽しんでいる姿が見られます。今回は折る回数や折り方が今までより多かったり複雑なものに挑戦しました。最後まで頑張ったからこそ、子どもたちの達成感が詰まった作品となったように思います♪

2021年12月16日

クリスマス製作・年少:ちゅーりっぷ組

クリスマス会を終え、2学期も残りわずかとなってきました。
各クラス、季節を感じる製作を楽しんでいます!
今回はその一部をご紹介したいと思います♪

年少:ちゅーりっぷ組
絵の具で模様を付けた画用紙に折り紙で飾り付けをしてツリーを作りました!
絵の具を使った製作も大好きなちゅーりっぷ組さん、画用紙に絵の具で模様を付けました。白・黄色・赤・青と今回は1度に色々な色を使う体験をしました。色がつくたびに「わぁ~」とかわいらしい反応をしていた子どもたち、しばらくすると画用紙の上で色が重なり合うと色が混ざって違う色に変身することに気が付き始めました!「こんな色になったよ!」「こっちとこっち(別の色)だとどんな色かな?」と嬉しそうに話していました。素敵に色付いた画用紙を保育者がツリーの形に切り、子どもたちが飾り付けをしました。糊を使った製作の経験も重ねてきて、糊を付ける面、量なども考えて付けている姿が見られるようになってきました。キラキラ光る飾りがたくさんついた、素敵なクリスマスツリーが出来上がりました♪

 

 

みんなが大好きなサンタさんも作りました!
同じ材料を使っても、一つ一つ違った表情になっていて、見ているとこちらも楽しい気持ちになります。クリスマスの日、みんなのおうちにも来てくれるかな・・・♪

2021年12月16日

クリスマス会

12月が始まり、クリスマスが近づいてきました。
天使幼稚園ではクリスマスがサンタさんからプレゼントをもらえる日ということだけでなく、イエス様のお誕生日ということを伝えています。神様が私たちと同じように(イエス様として)私たちのもとに来てくださった(お生まれになった)ことを絵本などを通し、お話しています。また、クリスマス会ではクリスマスを迎える嬉しい気持ちで、各クラス準備してきたものを他のクラスの友だち、おうちの方にプレゼントしました。“誰かのために・・・”という温かい気持ちがたくさんこもった時間を過ごすことができました♪
密を避けての発表の時間となり、おうちの方にはたくさんのご理解とご協力をしていただきました。

 

年少:ちゅーりっぷ組
初めてのクリスマス会、どんなことをお友だちやおうちの方にプレゼントするのか想像もつかないちゅーりっぷ組さんは、お歌と手作り楽器の演奏をプレゼントしました。衣装は子どもたちの手も加わったトナカイの角を頭に付けて、サンタの洋服に見立てた前掛けを付けて・・・!本番当日まで、秘密になっていたので幕が開くと可愛らしい姿に、友だちもおうちの方も「わ~かわいい!」と声が漏れていました。お客様を前にドキドキしたことと思いますが、楽しそうに手作り楽器を鳴らしたり、歌を歌ったりと、たくさんの可愛らしいプレゼントを届けました。

年中:星組
星組さんでは歌と合奏をプレゼントしました。合奏はタンバリン、すず、トライアングル、カスタネットに挑戦しました。楽器には数もあるため、みんなで相談しながら決めました。最後にはくじ引きをしたりもしましたが、相談の中では譲る姿が見られたり、希望の楽器になれず悲しい気持ちになった時もありましたが、「この楽器も素敵な音がするよね!」と音を鳴らしてみたり、同じ楽器の友だちから「一緒だね!」と声を掛けられたり、練習の時から温かい気持ちのやり取りが見られて嬉しく思いました。みんなの心を一つにして、お互いの声や音を聞き合いながらお友だちやおうちの方にプレゼントをすることができました!

年長:月組
月組さんになるとイエス様のお誕生の劇、“聖劇”をみんなにプレゼントします。これまでの月組さんがクリスマス会でやってきた“聖劇”を“自分たちがやる番がきた!”と、張り切っていました。聖劇では一人ひとりが大切な役を担っていきます。イエス様のお誕生の喜びを月組さんみんなで作り上げていきました。舞台の上に一人や数人ずつ立つ時間もあります。ドキドキ緊張もしますが、舞台の下ではクラスの友だちが心の中で応援しています。その力ももらいながら、みんなが立派にやり切ることができました。そんな月組さんの姿に、下の学年の子どもたちは憧れの眼差しで「月組さんになったら○○やりたい!」と話していました。またおうちの方も子どもたちの頑張る姿に胸が熱くなっている様子が見られ、温かい気持ちのこもったプレゼントを届けることができたのでは・・・♪と思います。

聖劇を思い出しながら自分が演じた役を作りました!
クリスマスまであと10日程です。みんなが温かいクリスマスを迎えることができますように。

2021年12月13日

お餅つき

先日お散歩に出かけた際に、田んぼを見た子どもたち。稲の先にたくさんのお米がなっていて、お米の重みで先が垂れ下がっている様子や、稲刈りの後に稲を干している様子を見ました。今回はお米の仲間のもち米をお餅にして食べました!

園庭では登園時間から釜戸の蒸篭でもち米が蒸されていました。子どもたちはいつもと違う雰囲気にワクワクしていました。釜戸が見えるところに行って様子を見たり・・・もち米が炊き上がるのを待っていました♪
炊き上がると、最初はまだお米の形が一粒一粒残っています。今回は体操の平田先生が来てくださり粒がつぶれてまとまるところまでついてくれました!「よいしょ!よいしょ!」の掛け声に合わせ力強くお餅をついてくださり、子どもたちも大興奮でした。途中で何度かもち米からお餅になっていく過程も見ることができ、「まだお米粒の形見えたね!」「だんだんふわふわしてきた!」「ちょっと伸びてる!お餅になってきた!」と実際に見たからこその感想が子どもたちから聞こえてきました。
子どもたちがつく番になると、一人ずつ「よいしょ!よいしょ!」と元気いっぱいお餅をつきました!
このような時期なので、みんなでついたお餅は、蒸篭で蒸し直し更にホットプレートで焼きなおしたりなど、対策を取りながらお弁当の時間に食べました。
嬉しそうに食べていた子どもたち、「おいしいね♪」とにこにこ笑顔でした。またちょっぴり苦手な子どもも、一口食べると「もっと食べたい!」と声が聞こえてきたり・・・♪
自分たちでついたお餅は格別な味だったようです!

 

 


秋は味覚を楽しむ行事が続き、子どもたちのにこにこ笑顔がたくさん見られて職員も嬉しくなる季節です♪


2021年12月01日

焼き芋


先日は秋を探しに寺家ふるさと村にお散歩に行き、虫や自然の中からたくさんの秋を見つけることができました。そして次は・・・美味しい秋の味覚を楽しみました♪
天使幼稚園の焼き芋は、一度蒸かしてから、園庭に設置したダッチオーブンの火でじっくりと焼き上げます。また今年はダッチオーブンの中に焼き芋用の石を入れてさらにバージョンアップした焼き芋になりました。じっくり火を入れることで、お芋がねっとりとして甘さが引き立ち、とってもおいしくなります!焼いている途中からいい匂いがし始め、子どもたちは今か今かと焼きあがるのを待っていました。

 

お弁当の時間に食べると・・・美味しい焼き芋にほっぺたがおちそうになっているにこにこ笑顔がたくさん見られました♪
食べ終わると、「おいしかった!」「甘かった♪」「また食べたいな~」と感想が聞こえてきました。秋の味覚も美味しくいただきました♪

2021年11月26日

運動会:年長・月組

年長の月組さんにとっては幼稚園最後の運動会。
月組さんはリレー、綱引き、そしてリズム遊びに参加しました。

リレーと綱引きはグループ対抗競技です。
ですが、「勝敗よりも力を合わせる経験」をたくさん積んでほしいと思い、練習では‘バトン渡しごっこ’として最後の人までバトンを繋ぐことを楽しみながら過ごしてきました。
当日は2チームに分かれて行いましたが、ゴールしたチームも相手チームの最後の一人まで応援したり、仲間と力を合わせて勝てたことを喜んだり、たたえ合ったり・・・!
負けて悔しい!という気持ちももちろんあったと思いますが、駆け足で退場する子どもたち全員が輝いていました。


リズム遊びは大太鼓、小太鼓、シンバルに分かれて行います。
役決めをして決めた自分の楽器を誇りに思い楽しみにしながら、でも、「ちゃんとできるかな…」とちょっぴりドキドキしながら、運動会まで過ごしてきました。
今年の月組では、1回リズム遊びをしたら、手作りの‘リズム遊びの花’をボトルにためていくことにしました。
少しずつたまっていく花を見て、その分だけ自信をつけてきた子どもたち。
たくさんのお客さんの前で行うのはとっても緊張することですが、「みんなでこんなに花をためてきたんだから、きっと大丈夫!」と当日も立派な姿を見せてくれました。


また、月組さんにはマイク係という、次の競技のお知らせをする役目もありました。
ドキドキしながら、本当のマイクを使ってしゃべっている姿、友だちの出番を一生懸命見守る姿、そして「上手に言えたね~!」と一緒に安心している姿、みんなで支え合って役目を果たすことができました!

「一人では難しいことも、みんなとならできた!」を表していた子どもたち。
運動会を経て、一人ひとりも、そしてクラスとしても一回りも二回りも大きく成長していました♪

2021年11月19日

運動会:年中・星組

年中組では、クラス競技とちゅーりっぷ組さんと一緒にダンシング玉入れに挑戦しました!

ダンシング玉入れでは、子どもたちの大好きな『ロケットペンギン』の曲に合わせてダンスをし、笛が鳴ったら玉入れをします。ちゅーりっぷ組さんと力を合わせて、たくさん玉が入るように頑張っていたり、「すいすいすい♪」「ろけっと!ぺんぎん!」と口ずさみながらダンスをしていたりと楽しみながら参加する姿が見られました。


そして、クラス競技では「ほしぐみオリンピック」を開催しました!星組さんみんなの力で聖火に火を灯し、2人1組のペアとなってカヌーや体操、バレー、バーベルなど様々な競技を友だちと一緒に力を合わせて挑戦し、表彰台を目指します。運動会当日には、2人1組で協力して一生懸命頑張る姿や競技の世界観を楽しみながら最後までゴールを目指す姿に心をつかまれました。星組さんの競技では、一人で頑張るところ、友だちと協力して頑張るところ、クラスの友だちと力を合わせるところ・・と友だちを思いやる気持ちもたくさん使いました。子どもたち一人ひとりが心と体を十分に動かしながら、気持ちを一つにして最後まで頑張った星組さん☆一人ひとりでじっくり過ごす時間も大切ですが、友だちと協力しながら挑戦し、“できた”喜びもみんなで味わう時間をこれからも大切にしていけたらと思っています。

 


いよいよ来年は最後の運動会!どんな姿を見せてくれるか今から楽しみです♪

2021年11月17日

運動会:年少・ちゅーりっぷ組

初めての運動会を迎える年少組さんでは、運動会に向けての“練習”と言う言葉は一度も出さずに、とにかく楽しみながら準備を重ねて当日を迎えられるように過ごしてきました。

ちゅーりっぷ組さんは今年、かわいいミツバチさんに大変身です!
子どもたちが好きな変身ごっこと、入園当初からずっと興味関心を強く持っている昆虫とを掛け合わせたクラス競技となりました。
今回は“ミツバチたちのだいぼうけん”です。

ミツバチたちは花の蜜を取ってハチの巣を目指して飛んでいきます。その帰り道!!
なんとミツバチを狙う悪い大カマキリがミツバチを捕まえようとします。さて、22匹のミツバチさんは蜜を落とさないようにハチの巣に戻ることができるのでしょうか…!

準備期間からずっと「ミツバチゲーム」や「カマキリゲーム」と少しずつゲームにして楽しむことで、一つひとつのゲームを楽しみながら「できる!」と自信を持って取り組めるようになります。運動会に向けて全ての動きを一通り行っても、物語が繋がる楽しさを感じながら「これはやったことがあるからへっちゃらだよ!」と緊張することなく全力でチャレンジする姿が見られ、また自信を持っているからこそ当日「お家の方にも見てもらいたい!」と期待を持って迎えることができていたように思います。

当日立派に出番を終えた子どもたちから「明日も運動会やりたい!」という声が挙がりました☆子どもたちにとって緊張する大きな行事だったかと思いますが、子どもたちの笑顔とそして運動会という大きな行事を経験したあとだからこそ自信にあふれた一つお兄さん・お姉さんになった表情が見られ、心温まる一日となりました☆

 

 

2021年11月16日

楽しかった運動会♪

 新型コロナウイルスの感染人数や、完成状況を見ながら延期していた運動会を無事に行うことができました!プログラムを短くしたり、卒園生やお客さまにはご遠慮いただいたりと、たくさんのご理解とご協力をしていただき開催することができました。

 

今年度は天使幼稚園創立50周年のお祝いの年なので、運動会ではみんなでお揃いのTシャツを着て参加しました!
張り切って頑張る姿、協力したり応援しあう相手を思いやる姿、ドキドキ緊張している姿・・・など様々な子どもたちの姿が見られました。
天使幼稚園の運動会では、“運動会に向けて練習を重ねる”ではなく、“楽しい!”がたくさんになるように準備を進めていきます。子どもたちの興味があるものや、日々の姿からヒントを得て競技に取り入れたりしています。その中で友だちと協力したり、助け合ったり、励ましあったり、様々な経験を重ねていきます。当日たくさんのおうちの方を前に、緊張することもありますが、当日だけでなくそれまでの姿のどこをとっても一人ひとりの成長があり、運動会を終えると自信が付いて、また一つ大きくなったなと感じます。閉会式後に一人ずつ金メダルを首にかけられると、誇らしげに眺めていました。


改めて、一人ひとりが神様からいただいた大切な存在であること、そして50年の歩みの中で子どもたち保護者の方の変わらない温かさを感じる1日となりました。たくさんのご協力とご理解をいただきありがとうございました。
各クラスの様子は、後日お伝えいたします!


 また後日卒園生が幼稚園に来て、「この前運動会だったんでしょ?来たかった~」とお話してくれました。新型コロナウイルス感染対策として今年度も卒園生にお知らせすることも、お迎えすることもできませんでしたが、忘れずに幼稚園のことを覚えていてくれたり、参加したい!と思ってくれている姿に、心が温かくなりました。今はまだ難しいですが、子どもたち保護者の皆さまとのつながりが切れずに温かく続いていくといいなと思っています。

 

 

2021年11月08日

2学期が始まりました!


暑い夏休みが終わり、2学期が始まりました!
なかなか安心して過ごせない日々が続いていますが、今学期もおうちの方、地域の方々と協力しながら、子どもたちの安全と笑顔を守って過ごしていきたいと思っています。

1学期の間たくさん遊んでいるうちに、いつの間にかどろんこ山に大きな穴が開いていたり、遊具もペンキが剥げてきたり・・・子どもたちが元気に遊んだ跡がたくさん残っていました。夏休みの間にどろんこ山の補修やペンキを塗りなおしました。2学期もみんなが元気に遊べますように・・・♪

 

 

 

いよいよ2学期が始まります!
色々な経験を通し、子どもたち一人ひとりが“楽しかった”“頑張った!”と思える毎日を送ることができるように、子どもたちに寄り添いながら過ごしていきたいと思います。

 

夏休みの間にひまわりもお日様に向かって元気に咲いていました!!
みなさまお身体に気を付けてお過ごしください。


2021年09月01日

創立50周年を迎え喜びと感謝を込めて…

今年、梅が丘天使幼稚園は創立50周年を迎えました。たくさんの皆様に支えていただき今日があることを深く感謝申しあげます。
50周年という大きな節目を「一体どのようにお祝いしたら良いのだろう…」特に昨年からは誰もが想像だにしなかったコロナ禍で「いつ、どんなお祝いができるのだろう…」と考え続け、考えても、考えても答えが出ませんでした。そんな時に当園でビタミンⅠ“愛”講座(今はお休み中ですが)を担当してくださっている菅原卓馬先生が、「50年は凄いことだけれど、天使幼稚園を支えてくださった皆様方に感謝の気持ちを忘れずに、嬉しい気持ちでこの一年を過ごしなさい。」と教えてくださったのです。
マザー・テレサの「大切なのはどれだけたくさんのことをしたかではなく どれだけ心を込めたかです。」という言葉が浮かびました。「盛大なお祝いや、式典をすることより、今できる事で皆様に感謝の気持ちをお伝えする事を大切にしよう!」「皆様と共に喜びを分かち合える一年にしよう!」と気づきました。不思議なことにそう決めてから次々に思いが浮かび、4月に赴任されたばかりの鵜飼好一神父様も藤が丘教会で一緒にお祈りしてくださることを快くお引き受けくだいました。また、この会のためにお願いした多くの方々、様々なことがスムーズに進み、6月1日開園記念の日にカトリック藤が丘教会でパイプオルガニスト河野和雄先生のご協力を得て、感謝のお祈りの時をもつことができました。
コロナ禍で卒園生やお客様をお招きしたりすることはもう少し先になるかと思いますが、創立50周年の第一歩として天使幼稚園らしい温かい感謝の会ができたことを嬉しく思います。
今回のように、天使幼稚園の50年の歳月で子どもたち、神様が喜んでくださると思う道を歩む時、不思議と道が開け、神様は必ず助けて力を貸してくださる方を送ってくださっていたように思います。辛子種のように小さな、小さな種(幼稚園)がしっかりと梅が丘の地に根を張り、50年の間に沢山の神様の愛の種が育ち1647人の卒園生が巣出っていきました。私たち保育者は土地を耕し、種を撒き、子どもたちが健やかに育つために心を注いできましたが、在園生、卒園生が温かい心をもって成長している姿を見ると、聖句にある
「しかし、成長させて下さったのは神です」の御言葉通りだと実感します。一人ひとりを大切に、皆様に助けていただきながら私たちにできることを誠実に行うこと。そして神様にゆだね祈る毎日。それが天使幼稚園の50年の歩みだったように思います。
これからも変わらず神様の愛とお恵みが子どもたちの上に、またご家族皆様の上に豊かに注がれ、たくさんの「天使の実」を実らせていきますように…。

 

 

 学校法人天使学園 梅が丘天使幼稚園
                                           理事長 藤田多惠子
                                             園長 小林由里子

2021年06月04日

未就園児クラス(こひつじクラス)

来年度幼稚園のお友だちになる年齢のお子さま対象の“こひつじクラス”のご紹介です♪
幼稚園に入る前に、幼稚園がどんなところなのか、楽しいことがたくさん待っていることなどをお子さまだけでなく、おうちの方にも感じていただけたらと思っています。

先日のこひつじクラスでは、“おかいものごっこ”をして遊びました!
本物ではありませんが、画用紙やペットボトルで作られている商品にみんな嬉しそうでした。
“おかいものごっこ”では先生たちがドーナッツやさんやジュース屋さん、アイス屋さんを開きます。
こひつじクラスのお友だちは、おうちの方と一緒に自分の欲しいものを買いに行きます♪
ドーナッツ屋さんでは画用紙とペットボトルでできたトングを使ってドーナッツを選んでみたり、アイス屋さんではコーンやカップを選んだり・・・
本当のお店屋さんのように楽しんでいました。

買い物が終わると買ったものをお友だちと見せ合いっこしてみたり、食べてみたり♪
帰るときには買ったものでいっぱいになった袋を嬉しそうに持っていました。
次のこひつじクラスはどんな楽しいことが待っているかな。

 

 

来年度こひつじクラスのお子さま対象の“にこにこ広場(こひつじクラス模擬体験)”を、
11月11日(水)13:30~14:30に行います♪
ホームページ内“2020年度にこにこ広場-11月開催日-”に詳細がありますのでご覧ください。

2020年11月02日

こひつじクラス(未就園児)

もうすぐ幼稚園生になるこひつじクラスさんで“うんどうかいごっこ”をしました♪
運動が得意な“うさぎ”に変身!!元気いっぱい平均台のくねくね橋を渡って、ぴょんぴょんジャンプをしながらニンジン畑に到着したら・・・大好きなにんじんを収穫してゴール!

うさぎの耳を付けてうさぎになりきったこひつじ組さん!
張り切って平均台に挑戦したり、ぴょんぴょんジャンプをしながらにんじんを採りに行っていました!
ゴールをすると、年長・月組のお兄さんお姉さんが作った切り紙が貼ってあるメダルをもらえます♪
降園の時にもうさぎの耳を付けていたり、メダルを嬉しそうに下げていました。
かわいらしいうさぎさんがいっぱいの運動会ごっこの時間でした!

 



♪お知らせ♪
・令和3年度入園説明会・
 10月21日(水)13:30~15:00
 10月24日(土)10:00~11:30
 上記2日間で来年度入園説明会を行います。両日とも内容は一緒になります。予約制にな っていますのでお電話にてご希望の日にちをお伝えください。
 
・模擬こひつじクラス体験と説明会(にこにこ広場内)・
 10月28日(水)13:30~14:30
 11月11日(水)13:30~14:30
 上記2日間で未就園児クラス(こひつじクラス)の体験と、説明会を行います。
 両日とも予約制になっていますので、お電話にてご予約ください。




2020年10月13日

ファゴットコンサート

昨日は特別なお客様が幼稚園にいらっしゃいました☆

ウィーン・シェーンブルン宮殿劇場管弦楽団でご活躍されている首席ファゴット奏者のお父様が、子どもたちに演奏会を開いてくださいました!!

初めてみるファゴットに子どもたちは興味津々!
そしてその優しく温かい音色にうっとり♪
とても素敵な時間を過ごすことができましたね。

子どもたちもよく知っているミッキーマウス・マーチや小さな世界を演奏してくださったときには、子どもたちも思わず口ずさんだり手拍子をしたり…
子どもたちは五感全てて、ファゴットの音色に触れ合い、楽しんでいたように思います。

また、特別に大切な楽器に触れてみる機会も頂きました!とても貴重な体験でしたね!!

子どもたちから「そのファゴットは何歳ですか?」なんていう質問にも優しく丁寧に答えて頂き、子どもたちにとって特別で大満足な一日となりました。


2020年02月26日

お別れランチ

今日はお別れランチという行事がありました。

もうすぐ卒園を迎える年長さんと、幼稚園で過ごす時間もあとわずか。
今までたくさん一緒に遊んでくれて、いろいろなことを教えてくれた年長さんに「ありがとう」の気持ちをプレゼントする一日となります。
また年長児にとっても、在園の子たちに「今までありがとう」を伝える卒園前の大切な一日となります。

お別れランチは年長さんが作ったカレーを、年中・年少さんが作ったデザートをみんなで集まって体育館でランチをする日です♪

実はデザートだけでなく、年中・年少から年長さんに秘密で用意してきたプレゼントもありました。
それは“メダル”のプレゼントです。「ありがとう」と「大好き」の気持ちをたくさん込めて作ったメダルをプレゼントすると、年長さんもとても嬉しそうな笑顔を見せてくれて嬉しかったですね♪

ランチの時間は、天使園のみんなが集まって過ごすことができました。年長さんのカレーは優しい味がして、年中・年少さんのデザートはみんなからの大好きが詰まった甘い甘いデザートでした☆
みんなで美味しい、楽しい、そして温かい時間を過ごすことができました。

 

 

2020年02月21日

お店屋さんごっこに向けて③

年少組にとって初めてのお店屋さんごっこ。
みんなで少しずつ準備を進めていく中で、どんどん楽しみな気持ちが膨らんでいきました。
年少組では‘レストラン’として、甘いものからしょっぱいものまで、食べ物をいっぱい作りました!
パフェやクレープ、ソフトクリームにドーナッツ、子どもたちも大好きなメニューです!
トッピングの果物やソフトクリームなどは、緩衝材を使って作りました。
パフェは本物のように層を重ねて作ります。
まずはのりに絵の具を混ぜたソースを入れ、その上にコルクを刻んで作ったコンフレーク、焼き菓子などに使われるもしゃもしゃの緩衝材、またソースを重ねて上には果物やチョコが乗っています。
また、ソフトクリームは実際にしぼる真似もしました!
もりもりたくさん巻いている子どもたち、とっても可愛かったです!

ソフトクリームをしぼっています♪

 

しょっぱいものは、チャーハンにエビフライ、おせんべいにうどんなどなど、こちらも子どもたちが大好きなものです!
スポンジを切ったものをお米に見立て、手作りフライパンの上でジュージュ…
ハムやネギを混ぜながら炒めて、袋に入れてからお皿に盛って完成です!
おせんべいは網の上で絵の具で作った醤油をぬりぬり☆
作っているうちに‘火の番’をしてくれる子もいて、うちわを持って網の下を扇いでくれました。




本物に近い作り方だと、それだけで楽しい気持ちが増していくのをとても感じます。
おうちの方の分、月組や星組さんの分、とあっという間にたくさん作り上げました!!

2020年02月14日

虫講座

今日は子どもたちが大好きな卒園生の保護者の方による“虫講座”がありました。

朝から「虫博士が来る!!」と喜んでいた子どもたち。
こうして卒園してから数年経っても、天使園のお父様として在園の子たちと繋がりを持って下さることがとても嬉しく思います。
子どもたちも保護者の方の姿が見えると「あー!虫博士の先生が来たよー!」と大喜び!

虫講座は子どもたちにとっては、普段見ることができない貴重な昆虫を間近でみる良い機会です。
図鑑等で見ることはあっても実物大を見ることは中々なかったり、
この機会を通して興味を深めたりとそれぞれ楽しい時間を過ごすことができました。

また、気になったことを質問すると快く答えてくださり、虫好きな子は少し鋭い質問をしてみたり、大きなカブトムシの模型を見て「そんなに(体が)大きくて飛ぶんですか?」(体が重くて飛べなんじゃないか?という視点から)という可愛い質問も挙がりました。

 

 

2020年02月13日

お店屋さんごっこに向けて②

年長・月組さんも“お店やさんごっこの日”に向けて準備をしてきました。
月組さんは食べ物などのお店ではなく、コーナーを担当します!
そこで、どんなコーナーにしようか相談するところから始まりました。
“わなげ”“もぐらたたき”・・・などたくさんの意見の中から、
今年は『まとあて』『ボーリング』『おばけやしき』を開くことにしました。
当日担当するコーナーを決めると、各コーナーに分かれ準備を始めました。
コーナーごとの遊び方やルール、難易度の設定など、一から子どもたちで相談して決めていきます。アイディアがたくさん出過ぎて、まとめるのに苦戦しながらも、全学年の友だちが楽しめるようにと、考えていました。
遊び方などが決まったら、道具や装飾品を作ります!
さすが年長組!という頼もしい勢いで、楽しそうにどんどん作っていました。

 

 


一人ではできなかったり、考えつかなかったり、作れないものも、友だちと協力したり、助け合うと素敵なものを作り上げられることに、満足感・達成感を感じているようでした。
一から作り上げた経験が、また一つ自信につながっているといいなと思います♪

2020年02月12日

小学校交流

今日は年長・年中組と近隣の小学校の1年生との交流会がありました。

小学校は幼稚園と違ってとても大きく、子どもたちは「いっぱい部屋がある~!」と驚いていました。
1年生が一緒に校内探検をしてくれて、音楽室・図書室や保健室など学校ならではの部屋にも驚きながら、探検に出かけました。

 

 

クラスに戻ってからは、小学生体験としてランドセルを背負う体験をしてみたり、一緒に折り紙を作ったりして交流をしました。またクラスみんなで“じゃんけん列車”をしたり、歌をうたったりダンスをしたり…楽しい時間を過ごしました♪
最後は「小学校はたのしいよ」とかいてあるメダルをプレゼントして頂きました!!

 

 

2020年02月10日

ついにやってきた!お店屋さん☆

今日は待ちに待ったお店屋さんごっこの日☆

今日に向けて各クラスが商品を作ったり、ゲームを考えたり景品を用意したりして過ごしてきました♪
準備の間も楽しみながら過ごしてきましたが、やはりお買い物できる本番当日は子どもたちもとてもワクワクした様子でした!!

レストランがあったり、雑貨屋さんがあったり、お化け屋敷やゲームコーナーまで!
幼稚園全体を使ってのお店屋さんごっこは子どもも職員も大好きな一日です☆

包装紙で折ったお財布を持って、好きなお店に向かいます。
「いらっしゃいませ」
「これください。」
「〇〇円です!はい、どうぞ!」
というやり取りをお店で行います♪
なかには「いまなら少し安いですよ!」なんていう売り文句を言っている子も!?

またイートインコーナーでは買ったものを食べるまねっこをしている可愛い姿が!!
家族に頼まれたお土産や、買いたいものを事前にリストを作っている子もいました。

降園時にはお家の方に嬉しそうにたっぷり買ったお土産を自慢している姿がありました。
「家に帰ってから(買ってきた商品を使って)お店屋さんごっこをやるのが楽しみです♪」という嬉しいお家の方からのお声もありました。

 

 

 

 

 

2020年02月07日

お店屋さんごっこに向けて①

今週末には子どもたちが楽しみにしている“お店屋さんごっこの日”がやってきます♪
年少・年中はレストランや雑貨屋さんに、年長はお化け屋敷とゲームコーナーに変身です!!
お店屋さんごっこの商品やゲームコーナーの景品は子どもたちが活動の中で自分たちが売りたい商品などを作っていきます。天使幼稚園のお店屋さんごっこの商品は新聞紙や空き箱など、身近にある使わなくなったものを使って作っていきます。
今回はその中から年中組の食べもの屋さんの商品を一部ご紹介します☆

年中組は食べ物屋さんで、ハンバーガーやピザ、お弁当などを売ります。
商品作りの工程一つひとつを楽しめるよう、作る手順も本当の料理のように工夫しています。
例えばピザであれば、ピザ生地にトッピングをしていくとき、のりと絵具を混ぜた特製ピザソースを塗っていきます。そうした工程が一つあるだけで子どもたちはワクワクしながら作っていくことができます♪

 

 

 

 

 

 

またハンバーガーのおともにナゲットを作りたいという声がありました。
ナゲット作りは頭を悩ませましたが、新聞紙を使った紙粘土を作り、その紙粘土を使って作ることにしました。
ただ新聞紙粘土を作るだけでは面白くないので、新聞をちぎって遊ぶ新聞紙遊びを室内で思い切り楽しんでから、水につけて紙粘土にしていきました。普段から粘土遊びが好きな子どもたちは、ナゲットを成形するのも「こんな大きさあるよね!」と楽しみながら作っていきました。

 

 

 

 

 

 

後日、しっかり乾いたナゲットを揚げていきます。絵具を溶いたトレーに新聞紙のナゲットを入れていきます。「熱いから気をつけて!」と一言付けるだけで「あつい!ジュージュー言ってる!」と世界観に入り込んで楽しむ姿が見られました♪

 

 

 

 

 


2020年02月05日

自由遊びでの一コマ

先日、園庭の一角に一生懸命タイヤを運んでいる子がいました。
園庭にはいくつかのタイヤがあり、遊具のシートの重しになったり、大鍋になったり、砂遊びの時の腰掛けになったり、大活躍のタイヤです。
そんなタイヤを何個も運び、ベンチの上に乗せていました。
何をするのかな〜と見守っていると、タイヤ屋さんでーす!という元気な声が!
そこへ「タイヤくださーい」とお客さんもやってきました。
「200円でーす!」「はい、どうぞ」とやりとりをしている間に、周りの子たちが集まってきました!
同じようにタイヤを買っていく子、買ったタイヤにまたがり車ごっこをしている子、タイヤを集めてお店に届け仕入れ?をしている子…
また、タイヤ屋さんの近くでお皿に砂や泥を盛りながら「パン屋さんでーす!ごはん屋さんでーす!」と他のお店も開店していました。
子どもたちの楽しいアイデアが、どんどん広がっていった時間でした♪

2020年02月04日

節分

2月3日の今日は節分ですね♪

温かい気候の中で迎えた節分でしたが、子どもたちの声が良く青空に届いた一日となりました!

天使幼稚園の節分では、年長組がグループ製作で作った段ボール鬼に向かって豆まきをします。自分の心の中にいる、弱虫鬼や怒りんぼ鬼、泣き虫鬼などを外に出すために豆まきをすることを伝えます。
大きな声で「鬼は外~ 福は内~!」と掛け声とともに鬼に向かって豆を投げます!
全学年で行いますが、年少・年中組はそれぞれクラスで作った鬼のお面をかぶって参加します。なんだか追い出したくなくなるような、かわいい鬼がたくさんいました☆

今年も一年、みんなにたくさんの福が来ますように…♪

 

2020年02月03日

子どものためのコンサート

雪の影響が心配された日でしたが、プロの演奏者である卒園生のお父さまが、お仲間と一緒に弦楽四重奏によるコンサートをしてくださいました!
昔から数年ごとに来てくださっていて、それを覚えていた子も、初めてだった子も、とっても楽しみにしていました♪

入場され、まず衣装にびっくり!
綺麗なドレス姿にうっとり・・・。
そして音楽が流れ始めると、その音色にまたうっとり・・・
目をキラキラさせながらヴァイオリンを弾く真似をしたり、どうやって弾いてるの
だろうと首を伸ばしてきょろきょろしたり、思わず指揮をしていたり、子どもたちも心から楽しんでいました。
また、子どもたちの伴奏をしてくださる場面も!
ピアノとはまた違った雰囲気になり、とっても特別な経験でしたね!
子どもの部の最後は、みんな大好き『パプリカ』でした。
曲に合わせて歌ったり、踊ったりする子どもたち。
その場にいる人みんなが一つになったようで、とても温かい瞬間でした♪

 


年長組は、コンサートの後にスペシャルな時間が!
なんと楽器体験をさせていただいたのです!
近くで見るのも初めての楽器に最初はドキドキでしたが、音が鳴るととっても嬉しそうでした☆


2020年01月29日

一日入園

今日は、来年度の入園児が幼稚園に遊びに来る一日入園でした。
在園児は、小さいお友だちのために、お祈りのお手本をしたり歌を歌ったり、一緒に遊んだり、‘お兄さん・お姉さん’を頑張りました!
どう話しかけたらいいかな?とドキドキしている姿もありましたが、慣れてくると「すべりだいする?」と誘ったり、優しく手を繋いだり♪
どうしたら楽しんでくれるかな?と考えながら関わる姿は、とっても頼もしかったです。
また、小さいお友だちのために、保育室をおままごとや電車の部屋に大変身させました。
みんなで力を合わせて必要なものを運んだり、お皿を並べたり線路を繋いだり、「遊んでくれるかな?」とワクワクしながら準備しました。



年長組では、製作コーナーで作れる動物のお面を、前日から自分の分を作ってやる気満々!
小さいお友だちも作ってお揃いになると、とっても嬉しそうでした!
初めての幼稚園、初めて会う小さいお友だち・・・みんながワクワクドキドキで迎えたかもしれな一日入園ですが、帰りの時間にはみんなが笑顔でポカポカ温かい気持ちになっていました!





2020年01月24日

今日の一コマ

先日氷調べについてお知らせしましたが、毎朝子どもたちがおうちの方と一緒にチェックしています。
(職員も毎朝楽しみに見ています。)
そしてなんと今朝、氷が!!
薄い氷で、9時ごろには溶けてしまいましたが、今年初の氷でした。
氷調べでできた氷は自由遊びの中で使って遊べるので、冷え込みが厳しい日が続いている今のうちに、保育中も溶けない厚い氷もできたらいいな~と思います。

 

また、園庭の梅がどんどん花開いています!
毎年早い時期に咲くこの梅の花。
今年もきれいに咲いてくれました。
マリア様のそばで、子どもたちの様子を、上から見守ってくれているようですね♪




2020年01月22日

こま遊び

伝承遊びといえばコマ!というくらい子どもたちもよく知っているコマ。
天使園の中でもコマ回しブームが起きていました。
この時期、各クラスで木のコマに色を塗り、自分だけのコマを作ります。
年少さんは手で回すもの、年長さんは紐で回すコマ、など各学年に合わせたコマです。
回った時にどんな色になるかな?と想像したり、好きな色でいっぱいにしたりしながら塗ったコマ。
毎日大事に使って楽しんでいます。
どの子も初めは回すコツをつかむまでに苦戦しますが、一度回せるととっても誇らしげに見せてくれます。
また、通称‘きのこ回し’と呼んでいる逆さ回しや、紐を回っているコマの下に通して‘コマの縄跳び’をしたりと、様々な遊び方を日々発見しています。
誰でも子どものころに楽しんだ日本の伝承遊び。
子どもたちにも大事に伝えていきたいと思います☆




2020年01月21日

氷調べ

今年は暖冬で温かい日が多いですが、今年も氷調べをしています!
カップに水を張り、一晩おいてみて登園した時に凍ったかどうかを見てみます。
日中との夜との気温差、また天気が関係しているのか、なかなか氷ができないこともありますが、毎日「氷できるかな?」と子どもたちは楽しみにしています。
登園すると、「凍ったかな?」とおうちの人と毎朝チェック。
今日は何人かのカップに、うっすら氷ができていました!
今年初の氷です!!
凍ってないときにはちょっぴりがっかりした気持ちもありますが、氷ができるととっても嬉しくなりますね♪
中には、葉っぱや実を入れて一緒に凍るか実験してみる子もいます。
寒い季節ならではのことに、たくさん触れ感じていきたいですね!

2020年01月20日

豚汁の日

温かいものが美味しい季節、みんなで豚汁を食べました!
豚汁の中には、年長組が育てた大根、そして心を込めて切ってくれた野菜がたくさん入っています。
この日は、配膳も年長組がしてくれました!
お盆を持って、「どれくらい食べる?」と優しく声をかけられると、年中・年少組の子どもたちも安心した表情に♪
両手をいっぱいに広げて、「これくらーい!」という子も!
いただきますをして、ぱくっ!
おいしい~の声と笑顔で部屋の中がいっぱいになりました。
中には嫌いなものが入っているな・・・とドキドキしている子もいましたが、友だちが美味しそうに食べているのを見て一口。
「美味しい!」「いつもは食べられないけど、月組(年長)さんが作ってくれた豚汁美味しいよ!」と嬉しそうに教えてくれました。
年長組さんの「年下の友だちのために、豚汁を作ろう!」という気持ちがいっぱい込められている豚汁。
年下の友だちにも思いがちゃんと伝わったようです♪

2020年01月17日

☆ 豚汁を作りました ☆

 年長組の子どもたちは、昨日収穫した大根を使って豚汁を作りました!子どもたちが雑草を抜いたり、「大きくな―れ♪」の思いを込めて大根の成長を見守ったりと一生懸命にお世話をしてきた大根。その大根を調理して、年中組や年少組の子どもたちにおすそ分けをするのはどうだろう?と月組の子どもたちに相談してみると…。「いいねー!!」「するする~!」と嬉しそうな声が聞こえてきました。

 いよいよ調理当日。やる気満々な年長組さんは、登園してくると自分のエプロンを嬉しそうに担任や友だちに紹介したり、「お家でもお野菜切ったことあるんだよ。」と誇らしげに話していました。中には初めてのお野菜切りに少しドキドキしている子もいましたが、年下の友だちに振舞おうと心を込めて作っていました。

降園前に年中組と年少組へ明日の宣伝に行きました☆

 明日は子どもたちが楽しみにしている豚汁の日です!!
年長組の子どもたちのあたたかな思いがみんなに届きますように。そして、みんなで食べるお弁当の時間が楽しい時間となりますように♪


2020年01月16日

大根の収穫!

幼稚園の入り口横にある年長・月組さんの畑で育てている大根が、
冬休みの間に大きくなりました!!
新学期が始まり、登園時や遊んでいる時間に「先生!大根が大きくなってる!」と嬉しそうに教えてくれました。
子どもたちと改めて見に行くと、土の中から白い大根が出てきていました!
「白いところが見えたら取っていいって言ってた!」と収穫を楽しみにしている声が・・・♪
「そろそろ収穫しようか?」と子どもたちに相談すると、「最後に雑草を抜いておこう!」と雑草を抜き始めました。「大きくなってね!」と大根に声をかけたり、近くで鳴いていた鳥に「もう少しで大根とれるから待っててね!」と可愛らしく声をかけている姿も・・・♪
最後までみんなの愛情をたっぷり注ぎました!


そして待ちに待った大根の収穫です!
葉っぱの根元をもって一人一本ずつ抜きました!!
土の中から白い大根が出てくると大喜びの子どもたち、「やったー♪」と嬉しそうに掲げながら友だちに見せていました。中には先が2つに分かれていて今にも歩き出しそうな面白い大根もあり、みんなで笑顔の絶えない収穫となりました。
この大根は後日何かに変身する予定です!お楽しみに・・・♪





2020年01月15日

かるた遊び

3学期が始まり少しずついつもの幼稚園に戻ってきました!
連休明けの火曜日はお天気も良く、子どもたちも元気いっぱい!
園庭では思いっきり体を動かし、室内では大好きな遊びに加えてお正月遊びをしています!
その中でも、かるた遊びの様子をお伝えします!
みんなで輪になり、何枚取れるかな?次の札はなんだろう?とドキドキワクワク・・・
読み上げられると、一生懸命探して「はい!!」と手を伸ばしていました。
家庭と違い、思い通りに取れなかったり、悔しさを感じることもありますが、「いっぱいとったね!」と褒めあったり、悔しい気持ちの子に「次は頑張ろうよ!」と励ましたり、たくさん気持ちが成長する時間だなと感じます☆


ほかにも正月遊びを楽しんでいます!
また後日お伝えしますのでお楽しみに!!

2020年01月14日

王様のお菓子遊び

新学期が始まり、新年のお祝いもかねて、天使園でずっと続いている行事‘王様のお菓子あそび’がありました!
最近はガレット・デ・ロワが有名になりましたが、天使園では小さなマドレーヌの中に金平糖が入っています。
金平糖が出てきた人が、その日王様・女王様になれるというものです。
朝から子どもたちは、ソワソワ・・・!
「当たるかな?」とドキドキしている子もいれば、「美味しいお菓子、早く食べたいな~」と話す子も。
子どもたち、おうちの方が集まりみんなで一緒に「いただきます」をします。
ちょっとずつ大切に食べ進めていき・・・
金平糖が出てきた子は、目をキラキラさせて大喜び!
何も入っていなかった子はちょっぴり残念そうでしたが、当たった子に「おめでとう!」と声をかける姿はとても優しかったです。

 


王様と女王様は金の冠を載せてもらい、みんなでお祝いの歌を歌いました。
当たった喜び、外れだった残念な気持ち、「おめでとう」と言い合える温かさ、みんなで美味しいお菓子をいただいた嬉しさ・・・色々な気持ちを感じる時間ですが、同時にみんなの温かさもたくさん感じる行事です。

2020年01月10日

新学期が始まりました!

冬休みが終わり、子どもたちみんなが集まって始業式を行いました。
久しぶりに会った友だちに嬉しそうに「おはよう!」と挨拶している子や、クリスマスやお正月にどんなことをして過ごしたか話していたり、その様子を見ていると‘いつもの日々が戻ってきたなあ’と子どもたちに会えた喜びでいっぱいになりました。
静かだった幼稚園に子どもたちの元気な声が響くと、なんだか幼稚園全体が明るくなったような気がします。
始業式では全クラスと保護者が集まりました。
冬休みが明け、また一回りお兄さん・お姉さんの表情をしていた子どもたち。
みんなで一緒にお祈りしたり先生たちのお楽しみを楽しんだり、温かい雰囲気の中新学期を始めることができました。

3学期はほかの学期に比べて短いですが、心に残る行事があったり友だちとの関わりがどんどん増えたり、とても濃い学期です。
おうちの方に見守られながら、みんなで一つのことに取り組んだり、挑戦したり、もちろん楽しいことをたくさん見つけたり・・・♪
一日一日を大切に過ごしていきたいですね!!

2020年01月09日

マリア文庫の読み聞かせ

今学期もマリア文庫による読み聞かせをして下さいました!
マリア文庫は、有志で集まり読み聞かせや人形劇をして下さるお母様の会です。
どんな絵本かというと、秋の絵本から、思わずクスッとしてしまう絵本まで…
各クラスの子どもたちにぴったりの絵本でした!

絵本を選ぶ時、気をつけていてもどうしても好きなジャンルに偏ってしまうことがあると思います。
「マリア文庫の読み聞かせ」では、毎回こんな絵本あるんだ!と子どもたちも職員も、発見、期待、楽しみ、驚き、を感じます。
また、そこへ読んでくださるお母様の暖かさも加わると、とても素敵なひと時になるのです。
我が子だけでなく、天使園の子みんなのお母様として読んで下さる時間は、子どもたちにとっても安心感や愛情で包まれる時間です♪

2019年11月08日

虫講座


今日は卒園生のお父様が来てくださり、子どもたちのために虫講座を開いて下さいました。
定期的に開いて下さっていて年中さんや年長さんにとっては、おなじみの楽しい時間です。
今回は初めてだった年少さんも、始めはドキドキしていましたが、来てくださったお父様の温かい雰囲気とたくさんの虫で、すぐに笑顔になっていました。
タウルスヒラタクワガタや、オオゴマダラの標本など珍しいものから、幼稚園や公園にもいるような身近な虫など、様々な種類を見せてくださいます。
虫が大好きな子にとってはもちろん、ちょっぴり苦手だな・・・という子も、実際に近くでみたり、種類によって触ってみたりすることで、どんどん興味がわいてくる様子でした。

「色んな色が混ざっててとってもきれい!」「毛が生えてるんだ!」「(虫の)耳はこんなとこにあるの?!」など、図鑑や画像では発見できないことも、虫講座では教えていただいたり発見したりできます。

回を重ねるごとに、虫講座での体験が虫探しの遊びに発展したり、図鑑への興味にどんどんつながっているように感じます。

虫講座が終わった後には、さっそく虫取り網、虫かご、図鑑を持って虫探しをしていた子どもたちでした!


2019年11月07日

てんしの広場

文化の日に、‘てんしの広場’という園行事がありました。
おうちの方と一緒にサッカーをしたりテニスやゴルフのコーナーで体験をしてみたり♪
初めてラケットを握った子がいたり、クラスの友だちとサッカーをしたり、普段はなかなか体験できない貴重な経験でした。
どれもおうちの方と楽しむコーナーだったので、大好きなおうちの方と楽しむ子どもたちはみんな目がキラキラしていました!

 

 

文化の日に、‘てんしの広場’という園行事がありました。
おうちの方と一緒にサッカーをしたりテニスやゴルフのコーナーで体験をしてみたり♪
初めてラケットを握った子がいたり、クラスの友だちとサッカーをしたり、普段はなかなか体験できない貴重な経験でした。
どれもおうちの方と楽しむコーナーだったので、大好きなおうちの方と楽しむ子どもたちはみんな目がキラキラしていました!

 

気持ちのよい青空のもと、屋外で体を動かし子どもたち、おうちの方々の笑顔でいっぱいになりました!!

2019年11月06日

美味しい時間♪

良く晴れた今日は園庭でみんなで焼き芋を食べました。

先日の芋ほりで掘ってきたお芋を使って園庭で焼き芋を作ります。
薪を使って、ダッチオーブンでしっかりと焼いていくと、園庭には薪の燃える香りと共に、焼き芋の良い香りが徐々に広がっていきお腹もなり始めたころ焼き芋の時間がやってきました☆

ホクホクの美味しい焼き芋に思わず笑顔が溢れる子どもたち!!
「美味しいね!」と隣の友だちと会話しながら食べる子や
すぐに食べ終わって「おかわり!」と言ってくる子
一口一口を大事に食べる子
少し苦手かもと思って食べたら大好物になってしまった子など…
それぞれが美味しく楽しい時間を過ごすことができましたね♪

 

 

2019年10月30日

運動会

梅が丘天使幼稚園の運動会、子どもたちの笑顔があふれる一日となりました。

年少組にとっては初めての運動会。きっとドキドキしながら迎えた当日だったのではないでしょうか。ですが、朝「おはよう!」と来てくれた子どもたちからはワクワクした表情が見られました。

年中組は、少しずつできることは増え迎えた運動会。ドキドキもするけれど、それ以上にかっこいいところ、素敵なところをお家の方に見せたいと張り切っている姿がありました。

そして最後の運動会を迎えた年長組。欠席者はおらずクラス全員参加で迎えることができた特別な1日でしたね。今まで積み重ねてきたことを、力いっぱい発揮することができた運動会となりました。

そして何より、天使幼稚園らしい見に来てくださった方が最後まで子どもたちを応援し、見守って下さった温かい時間を過ごすことができたことをうれしく思います。
多学年や卒園生の保護者の方から「子どもたちがどのクラスも成長していて感動しました。」というお言葉を頂きました。
小人数であり普段から多学年とも交流がある天使園だからこそ、みんなで一つになって運動会を作り上げることができました☆

クラスごとの様子はまた後日お伝えしますのでお楽しみに♪


2019年10月15日

お兄さん・お姉さん先生

運動会シーズンですね!
天使園の運動会まで、2週間を切りました!
幼稚園の近くの小学校も運動会シーズンで、毎年9月10月は代休を利用して卒園生がお兄さんお姉さん先生として来てくれます。
今日も5人のお兄さん・お姉さん先生が来てくれました!
ちょっぴりドキドキしつつも、たくさんお手伝いをしたり園児のお世話をしたり、とっても頼もしいです!
また、学年が上がっても毎年来てくれる子もいます。
在園児もとっても嬉しそうで、「また来てくれたんだー!」と一緒に遊ぼうと誘ったり手を握って甘えたり♪
それがまたお兄さん・お姉さん先生にとっても嬉しいようで、見ているととても微笑ましいです。

2019年09月30日

梨狩り

まだ暑い日もありますが、少しずつ秋めいてきましたね。
週末は園児全員で梨狩りに行きました。
「大きな梨はどれかな~」と一生懸命探します。
「家族みんなで食べるから、大きな梨を探さなきゃ!」と張り切っている子も!
そして梨園では試食タイムも♪
みずみずしい梨をほお張り、幸せそうな笑顔を見せてくれました☆


梨狩りに行く前、楽しみにしている子どもたちに「梨って知ってる?」と問いかけてみました。
すると、「緑の皮のりんごでしょ?」という答えがありました。
また、‘なしがり’という言葉から、「梨をガリガリする日!」とイメージしていた子も!
そんな可愛らしい子どもたちは、梨園につき梨の木を見あげてびっくり!
「こんな風に梨ってできるんだね!」と、実際に木になっている様子に興味津々でした。
皮をむかれお皿に乗った梨はよく見ているかもしれませんが、実物に触れ体験するからこそ、新たな発見につながったようですね♪


2019年09月06日

わくわくまつり

夏休みの最後に、わくわくまつりという天使園のお祭りがありました。
はっぴを着たお父様方が、食べ物のお店を出したりヨーヨー釣りや金魚すくいなどのゲームコーナーを盛り上げたりと、おうちの方と職員とで作り上げる行事です。
この日は午前中から有志のお父様が集まって、テントの設営などをしてくださいました。
お父様同士で声を掛け合い、あっという間にテントや雨除けネットが!
和気あいあいとした雰囲気の中、設営を行いました。

 

お祭りは子どもたちのお神輿・山車タイムから始まりました。
お神輿や山車は、子どもたちと職員で作り上げたものです。
いつの間にか子どもたち・おうちの方・職員みんなの「わっしょい!」の声が一つとなって、天使園らしい温かい時間となりました♪

 

そのあとはお祭り会場に大変身した幼稚園の中でいっぱい楽しみました!
綿あめやかき氷、ポップコーンなどのお祭りならではのものを味わったり、金魚すくいやヨーヨー釣りなどのゲームコーナーを楽しんだり、スライム作りでは固まる様子にどの子もびっくりしていたりと、どのコーナーも笑顔でいっぱいでした♪
また、この日は特別出店してくださるお父様も!
どのコーナーも、はっぴを着たお手伝いのお父様方が子どもたちのためにと、笑顔で盛り上げてくださいました。

 

職員だけでこの行事を開催することはできません。
お手伝いをしてくださるお父様や、優しく見守ってくださるおうちの方、そして職員みんなが一つとなって開催したわくわくまつり。
2学期登園してきた子どもたちも、「楽しかったね!」と思い出して話しています。
お祭りは短い時間でしたが、きっと子どもたち、そしておうちの方々の素敵な思い出になったことでしょう♪

2019年09月05日

2学期が始まりました

新学期がスタートし、子どもたちの元気な声が戻ってきました!
夏の遊ぼう会(夏季保育)では、園舎の窓ガラスを使っての絵の具遊びや、セミ捕りといった夏ならではの遊びを楽しんだり、久しぶりに会った友だちと大好きなごっこ遊びをしたりと、心も体もいっぱいつかって思いっきり遊んでいた子どもたち。


2学期は、運動会やクリスマス会といったみんなで楽しむ行事に、梨狩りやお芋ほりといった季節の行事などなど、たくさんの楽しいことが待っています!
今学期も子どもたちのかわいい姿や頑張る姿、幼稚園の日常をご紹介していく予定ですので、皆様にも見守っていただけたらと思います。
お楽しみに♪

2019年09月04日

こひつじクラス(未就園児)


来年幼稚園のお友だちになる“こひつじクラス”さんも夏休み前最後の日を迎えました!
今日はお天気が良かったので、みんなで園庭に出て水遊び(砂場遊びや、絵の具遊び)をして遊びました♪
おうちの方と一緒に嬉しそうに水を使って遊ぶこひつじクラスの子どもたち。体をいっぱい使って全身で楽しんでいました。


 

楽しい水遊びの後は・・・美味しいお弁当の時間です。
今日は幼稚園の子どもたちがお休みなので、年少ちゅーりっぷ組さんのお部屋で食べました♪年長月組さんが育てた野菜も一緒に食べながら、みんなで楽しくて美味しい時間を過ごしました!

こひつじクラスのお友だちもしばらく夏休みに入ります。
夏休みの間も元気にお過ごしください!また2学期にお会いできることを楽しみにしています♪


☆お知らせ☆
7月26日(金)9:30~のにこにこ広場でもお天気が良ければ絵の具遊びを予定しています♪汚れても大丈夫なお洋服でいらしてください。着替えもお持ちください。おまちしています!


2019年07月24日

夏祭りで歌を歌ってきました♪


今週の土日、幼稚園の目の前にある公園で自治会の夏祭りが開かれていました。
屋台の良い匂いや、お祭りの音、そして子どもたちの声が聞こえてきて、楽しい気持ちになります。また卒園生もたくさん来ており、見かけると声を掛けてくれたり、幼稚園によってくれる子どもたちもいました♪

毎年開かれている自治会の夏祭りに、天使幼稚園の子どもたちも参加させていただいています!子どもたちと毎日元気に歌ってきた歌を、日ごろお世話になっている地域の方に聞いていただきました。おうちの方だけでなくたくさんのお客さまを前に少しドキドキしている姿もありましたが、子どもたちは元気に歌のプレゼントを届けていました♪
ふとお客さまの方を見ると、卒園生の子どもたちの口ずさんでくれている姿が・・・!
一緒に歌ってくれていたのだなと、嬉しい気持ちになりました。


蒸し暑い日でしたが、子どもたちは楽しそうに歌ってくれました♪
神さまのお守りの中で、楽しいことがたくさんの夏休みを過ごせますように。

2019年07月21日

ヨセフ会

天使幼稚園にはヨセフ会というお父さま方のグループがあります。
今日は子どもたちが毎日元気に使っている遊具とどろんこ山の補修をしてくださいました。

鬼ごっこやかくれんぼなど、たくさんの遊びの中で使われる遊具は、1年の間にペンキがすり減っていたり、はがれています。遊具の補修では、ペンキを塗っていただきました!
塗り終わると新しい遊具になったかのようにピカピカになりました♪



どろんこ山も1年の間に子どもたちが泥団子を作ったり、チョコレート屋さんごっこで使って、だんだんと小さくなっていたり、欠けている部分ができていました。どろんこ山の補修では山を一回崩し新しい泥と水を混ぜて、新しい山を作ります!!お父さま同士でどんな山にするのか相談して作って下さるので、毎年どんな山が出来上がるか、職員も楽しみにしています。



今年もお休みの日にも関わらず、たくさんのお父さまが力を貸してくださいました。2学期に子どもたちがピカピカの遊具と、新しいどろんこ山を見た時にどんな顔をするのか楽しみです。
お父さま方、本当にありがとうございました。

2019年07月20日

年少組のコンサート♪

 昨日の自由遊びの時間に、「マイクが欲しい。」と年少組の子どもが言いました。担任と一緒に工作をして、出来上がると嬉しそうに歌い始めました。その子の姿を見て、「ぼくも欲しい。」「私も歌いたい。」と友達が集まってきます。歌う子が1人、2人と増えていき、それぞれ好きな歌やクラスで歌っている聖歌を歌っていました。いつの間にか人数が集まり、みんなで声を揃えて1つの歌を歌う「コンサートごっこ」が盛り上がっていました。ピアノの音に合わせてお辞儀をしたり、クラスの中で歌う人やお客さん役に分かれたりしてコンサートごっこの時間を楽しんでいました。

 今日も登園時に「コンサートごっこする!」と張り切って登園してきた子どもたち。リュックには昨日作ってもらったマイクが入っています。この日は他クラスにも宣伝に行っててお客さんを集め、嬉しそうに歌っていました。歌い終わった後に拍手をもらうと、ちょっぴり照れ臭そうにする子も…。

 雨の影響で園庭に出れない日も増えてきましたが、室内にも楽しい遊びがたっぷりと詰まっています。明日はどんな遊びが盛り上がるでしょうか…?


2019年06月25日

梅ジュース

天使園の園庭には梅の木があります。
今年もたくさん実りました!
梅の実が落ち始めると、それを拾って「いいにおい~」という声が聞こえてきます。
時には、おままごとで使ったり、「虫のご飯だよ~!」と虫かごに入れてあげている姿も!
そんな梅の実で、今年も梅ジュースを作りました。
収穫するときは、脚立に先生が乗り年長組さんがお手伝いをします。
「先生!そっちにあるよ!」「もっと上だよ!」と教えてくれたり、「ここ入れていいよ!」と網でキャッチしてくれたり、子どもたちも張り切っていました!
梅の木を見上げる子どもたちは、笑顔が輝いていました☆
待てば待つほど美味しくなる梅ジュース。
出来上がるのが楽しみですね♪

2019年06月18日

地域の方との交流

天使幼稚園では月組(年長)さんが年に2回、地域のお年寄りの方と触れ合う機会を持っています。
幼稚園生活の中で自分より年の小さな友だちのお世話や、困っている時に優しく声を掛けたりと、誰かの為に優しい気持ちを気持ちたくさん使ってくれる月組さん。幼稚園の中で上手にできるようになってきたので、地域の方にも優しい気持ちをプレゼントしに行くことにしました。子どもたちとどんなプレゼントができるか相談して、今回は“歌”と“あんたがったどこさ(ふれあい手遊び)”をすることにしました。
実際に会いに行くと、初めて会う方々に少し緊張している姿もありましたが、一生懸命温かい気持ちをプレゼントしていました。またそんな子どもたちの姿に感動して涙を流される方や、嬉しそうに声を掛けてくださる方と、プレゼントしに行ったこちらが温かい気持ちをたくさんプレゼントしていただいた時間となりました。
子どもたちにとって、誰かを嬉しい気持ち、温かい気持ちにできる力が一人ひとりにあることも感じることができた時間になったことと思います。これからも様々な場面で子どもたちの温かい心が育っていけるように見守っていきたいと思います♪

2019年06月05日

英和さんぽ

今日はよいお天気の中、東洋英和女学院大学の大学内におさんぽに出かけました!!
幼稚園からバスに乗って出かけていきます!バスを降りてから荷物を置く場所まで、年少さんは年長組と手をつないでいきました。頼りになるお兄さんお姉さんたちがしっかりと手をつないで送っていってくれました☆

 

英和さんぽは年に2回あり、春と秋に行われます。春にみた自然と秋に見る自然では、植物や昆虫などに違いが見られます。そうした季節での自然の変化などを発見しながら過ごします♪

春の今回は、竹やぶを通り、タケノコを見つけてみたり(成長したもので、食べることはできませんが…)、タケノコの皮には毛が生えていることを見つけたりと今の季節にしか見られないものがたくさんありましたね☆


またすり鉢状になっている芝生では、みんなで芝滑りを楽しみました。子どもたちも大人も楽しい大好きな時間です♪
でもやっぱり1番は、外でのお弁当タイム!!
「ピクニックみたいだね~!!」と、いつもと違ったサンドイッチやおにぎりのお弁当に子どもたちも大喜び!!みんなの顔を見ながら外で食べるお弁当はまた格別でしたね!


2019年05月30日

移動動物園

今日は幼稚園に移動動物園がやってきました☆

今日をとても楽しみにしていた子どもたち!!
朝から幼稚園の園庭がいつもとは違った雰囲気で、早く動物と触れ合いたくてウズウズしていた可愛い子どもたち♪

親子で一緒にうさぎやモルモットなどの小動物と触れ合いながら、ポニーに乗ってみたりと一日子どもたちの楽しそうな声がたくさん聞こえてきた移動動物園の時間でした!

 


 

子どもたちからも「最初は怖いかと思ったけど、えさあげたら仲良くなれた!」といった可愛らしいエピソードも聞けました☆

 


2019年05月24日

イースターのお祝いをしました

今日は天使園でイースター(園児とそのご家族のためのお祈りの日)のお祝いをしました。

今年のイースターは4月21日なのですが、子どもたちが入園してから幼稚園に慣れ、落ち着いてから大切な日を迎えたいという思いから、天使園では5月にイースターのお祝いをしています。

神父様に幼稚園にいらしていただき、体育館にてイースターについてのお話をお家の方と一緒にみんなで聞きました。そしてイースターの卵を祝福をしていただきます。


クラスに戻ってからは特別な卵を神父様から1人ひとつずつ渡して頂きました。
子どもたちは祝福された卵をいつもの卵とは違う特別な卵として大事そうに、そして嬉しそうに抱えていました。年長組では卵を持っているタオルに大切に包んで持って帰るとても可愛らしい姿が見られました☆



2019年05月14日

お別れゲーム大会

先週の土曜日には、お別れゲーム大会がありました。
全学年の親子が集まり、もうすぐ卒園を迎える年長組の子どもたちの成長を皆で喜びながら、親子で楽しいひと時を過ごすことができました♪

お別れゲーム大会の日をとても楽しみにしていた子どもたちは、目をキラキラさせながら小学校に集まってくれました!!(この日は近隣の小学校をお借りしました。)体育館で仲良しのお友だちを見つけると嬉しそうに駆け寄る姿はとても可愛らしかったです♪

いよいよゲーム大会の始まりです!!まずは朝のお祈り。神さまに心を向けながらお祈りをする姿がとても素敵な年長組の子どもたちが前に立ち、皆のお手本となりながら朝のお祈りをしました。
その後は、可愛らしい曲に合わせて親子でダンスを踊ったり、幼稚園ならではのクイズに答えたり、友だちと力を合わせながらゲームなどを楽しみました。

 

クイズの中では、ご参加いただいたお父さまのお力もお借りしました☆
ご協力いただいたお父さま方、ありがとうございました。

そして、たくさんのお楽しみの後は年長組から年少組☆年中組への言葉と歌のプレゼントです♪年長組の子どもたちはこの日のために皆で相談しながら、心を込めて準備をしてきました。入園した頃の子どもたちの姿を思い返すと、おうちの方々や他のクラスの子どもたちの前に立ってプレゼントを届ける姿はとても頼もしく、キラキラと輝いていました。

 

もうすぐ卒園を控えた子どもたちへ…
大好きなお父さま方からは、小学校へと一歩を踏み出す子どもたちへの熱いエール!!
大好きなお母さま方からは、素敵な歌とあたたかなメッセージ♪のプレゼントがありました。大好きなおうちの方々からの心温まるプレゼントに嬉しそうな子どもたちの笑顔は忘れられません。

今のクラスで過ごせる時間も残りわずかとなていますが、大切な仲間ともにたくさんの楽しみを見つけながら、笑顔溢れる時間を過ごすことができますように…。

2019年03月06日

星組動物園♪

年中ほし組さんでは今、動物園作りが盛り上がっています!

ほし組さんのドアや壁には、子どもたちが描いた動物たちがたくさんいます♪
子どもたちが考えた○○ゾーンが色々あって・・・
水中ゾーンや、中には恐竜がいるジェラシックゾーンも!
友だちと相談したり意見を出し合いながら、水中ゾーンには海を作ったり、恐竜や肉食動物がいるゾーンには逃げないように柵を描いたり。
また、よく見ると動物たちのご飯だけでなく、お客さん用のフードコートのコーナーまでありました!



ドアや壁が動物たちでいっぱいになると、今度は空き箱を使って立体の動物を作り始めた子どもたち♪
担任や友だちと相談して箱を組み立てたり、どんな材料を使ったらイメージしている物に近付くか考えたり・・・担任も驚くような発想もたくさん出てきました!
(新聞を運んでくれる働き者の像さんや、キリンの頭の箱を覗きながらキリンの考えてること分かるかな?とつぶやいていたり・・・)
立体の動物たちは“ふれあい動物園”として、自由遊びの中でも大活躍しています。
お散歩をさせてあげていたり、えさをあげていたり、またがって遊んでいたり・・・♪

 

 

 

 

 

 

 

 


ふと始まった自由遊びの中の一コマでしたが、何日にもわたって盛り上がっていたり、イメージも膨らみ続けています。「チケット作ろう!」や「この箱は○○になりそう!」など、これからも楽しみです♪

 

 

 

 

 


2019年02月27日

お別れランチ

天使幼稚園は少人数の幼稚園なので、学年が違っても子どもたちはお互いの名前を知っていて、普段から一緒に遊んだり、時には一緒にお弁当を食べたりしています。
年中・年少組の子どもたちにとって年長組の子どもたちは憧れの存在です。
今年度も残りわずかとなってきて、大好きな年長組のお友だちとのお別れの時間も少しずつ近づいてきています。

そこで、子どもたちと一緒に「お別れランチ」を計画しました。
プレゼントを作ったり、調理をしたり、それぞれのクラスで数日間かけ準備をし、みんなで「ランチ」を楽しみました。

年長組は今までの感謝の気持ちを込めて年少・年中組へカレーを作ってくれました。

年長組はひとりで!!

また年中・年少組は年長組に大好きな気持ちを込めてデザート「天使のリンゴ」(リンゴを少し甘く煮て、生クリームをトロリとかけます。)を作りました。

年中・年少組は担任と一緒に。

「お別れランチ」の日の朝、年中・年少組が年長組にナイショで作ったプレゼントを渡しに年長組の部屋へお邪魔しました。

背中にプレゼントを隠して…。

ちょっと恥ずかしそうに渡す年中・年少組の子どもたちに、嬉しそうな表情を浮かべる年長組の子どもたち。
心温まるひと時となりました。

年中組の子どもたちは会場の準備や「お別れランチ」の司会もしてくれました!
そして、この日の年長組の子どもたちのランチョンマットは、年中組の子どもたちが作りました☆

「お別れランチ」が始まる前には、年長組の子どもたちは歌をプレゼントしてくれ、歌っている時の月組の子どもたちの表情はとても誇らしげでした!

この日のランチは、おかわりもいっぱいして、おしゃべりもいっぱいして、特別な時間となったのではないでしょうか?

みんなの“大好き”と“今までありがとう”がたくさん詰まった温かい一日を過ごすことができました♪

2019年02月25日

卒園してからも

先日の東急でのクリスマスキャロルでは、たくさんの卒園生とおうちの方が応援にきてくださいました!ありがとうございました♪ 卒園してからもつながっていることを嬉しく思っています。

幼稚園にも日々たくさんの卒園生が遊びに帰ってきてくれます♪小学校や中学校の話などを聞かせてくれたり、幼稚園の中で幼稚園時代に戻ったかのように遊ぶ姿は待っている私たちも楽しみにしている時間です。

先日も卒園生が帰ってきてくれました。今1年生の男の子なのですが、卒園してから集めていた献金を持ってきてくれたのです。 幼稚園時代から使っている手作りの献金箱に、男の子の温かい心がこもった献金が入っていました。

どうやって集めたのかを聞くと、“(おうちの)お手伝いをしました!”と教えてくれました。実は男の子にはお兄ちゃんもいるのですが、お兄ちゃんも卒園生で、献金を集めて幼稚園に届けに来てくれています。話を聞いていると、普段の生活の中で“困っている人・恵まれない環境にいる人”に向けて、お手伝いを通し献金をためているそうでした。

3年間の幼稚園生活の中で、少しずつ芽生えていた“誰かの為に力を使うことを嬉しいと感じられる心”が、子どもたちの中にしっかりと根付いてくれただけでなく、さらに成長している姿がとても嬉しく、また心が温かくなりました。 こういった目に見えない思いを献金という形にすることは、子どもたちだけでは難しいことだと思います。おうちの方が卒園してからも変わらずに子どもたちの心の成長に温かく寄り添ってくださっているからこその姿だなと、改めておうちの方々の素晴らしさも感じました。

園長先生に献金を渡すと、献金箱は持って帰って、「またためてくるね!」と嬉しそうに教えてくれました。温かい心がつまった献金が世界の困っている方の元に届きますように・・・。 季節が一気に冬になり寒い毎日が続いていますが、クリスマスを前に心温まるひと時でした。

 

 

2018年12月14日