お店やさんごっこの日

先週の金曜日は、子どもたちが楽しみにしていたお店やさんごっこの日でした。この日に向けて、子どもたちは商品作りやゲーム作りなどの様々な準備を行ってきました。

天使幼稚園のお店やさんごっこでは、主に廃材を使って品物作りを行っています。それぞれ何で作ったか、ぜひ当ててみてください。

①チョコバナナ              

 

②手鏡


③スパゲッティ


④ロケット・車


⑤オムライス


<正解>
①・・・新聞紙 ②・・・食品トレー ③・・・トイレットペーパーの芯
④・・・空き箱やトイレットペーパーの芯 ⑤・・・カラーポリ袋、スポンジ

どの品物作りも楽しみながら行ってきました。ホットケーキを作る時には、おままごとのフライパンを使って焼く真似をしてから色付けをしました。ケーキはいくつかの種類のトッピングを選び、好きな味のケーキを作りました。「お父さんだったら大きめの方がいいかな…。」「お母さんは甘いもの好きだから生クリームたっぷりにしよう!」とお家の方のことを思いながら作っている子どもたちの姿が可愛らしかったです。


年長組は子どもたち同士で相談しながら2つのゲームコーナーとお化けやしきを作りました。難しい所は担任が手を貸しつつも、子ども主体でゲームのルール考案や景品作りを行ってきました。



開始の鐘が鳴り、いよいよお店やさんごっこが始まりました。「いらっしゃいませー!」「これください。」というにぎやかな声が飛び交います。中にはお家の方に頼まれたお土産のメモを見ながら買い物をしていたり、手さげに入りきらず別の紙袋に入れている子もいました。お店やさん係の子どもたちも、ケーキをおままごとのトングで掴んで渡したり、「(鉄板が)熱いから触らないでね!」とお客さんに声を掛けたりして、お店やさんになりきることを楽しんでいました。



ゲームコーナーではサッカーとダーツ(まとあて)をして遊ぶことができます。高得点だともらえる景品の数も増えるので、子どもたちは張り切って挑戦していました。お化けやしきでは、年長組の子がお化けになって盛り上げてくれました。年少組の子は「ちょっと怖い…。」と言ってすぐ部屋から出たり、担任と手を繋いで恐るおそる入る子もいました。




たくさん遊んで買い物したあとは、イートインスペースでちょっと一休み。友だち同士で何を買ったか見せ合ったり、食べながら次にどこへ行くか話しをしたりしながら、休憩の時間を楽しんでいました。

 


お店屋さんごっこが終わった後には「欲しかったものが買えたよ!」「いらっしゃいませしたのが楽しかった!」「お化け屋敷怖かった…。」などなど様々な感想が出てきました。その中でも一番多かったのが「またやりたい!」だったように感じます。降園時には膨らんだ手さげを抱え、笑顔でお家の方のもとへ向かう子どもたちでした。

2019年02月12日