おもちつき

今日は子どもたちが楽しみにしていたおもちつきの日でした。
「あと何回寝たらおもちの日かな?」とおもちつきの日を楽しみにしていた子どもたち。当日は朝から園庭にもち米を蒸すかまどが用意され、お手伝いのお父さま、お母さま方が準備している姿を見て、「おもちつきやってみたい!」「早くおもち食べたい!」とわくわくが止まらない様子でした。
まずはお父さま方からどうやってもちをつくのか手本を見せていただきました。 その後一度室内に戻り、みんなで杵の持ち方や「よいしょー!」と言う掛け声の練習をしました。そしていよいよ子どもたちの番。「頑張るぞ!」とやる気がたくさん伝わってきます。重い杵を頑張って持ち上げ、年少さんと年中さんは先生と一緒に、年長さんはなんと一人でつきます。 友だちの「よいしょー!」という掛け声に合わせてぺったん!みんなで盛り上がっていました。
お手伝いのお母さま方にはおもちにきな粉、あんこ、海苔の3種類の味付けをしていただきました。おもちを配っていただき、いよいよ食べる時間です。「どれから食べようかな~。」「たくさんおかわりする!」と、子どもたちは美味しそうにおもちを食べていました。おかわりがたくさんあることを知ると、また笑顔がこぼれる子どもたちでした。幸せな時間でしたね!


2019年11月18日