ブログ

梅が丘天使幼稚園の保育ブログです。保育中の子どもたちの様子、保育者の思いをお届けします♪

ブログ一覧

お散歩に行ってきました!

自然がたくさんあって、お散歩をするのに気持ちのよい“寺家ふるさと村”にお散歩に行ってきました。今回のお散歩は年長・年中児の参加で、年少児は幼稚園でお留守番をしていました。体力がついてきたり、自然への興味がもう少し出て楽しめるようになったら年少児もお散歩にでかけたいと思います♪

寺家ふるさと村への散歩には、毎回スペシャルゲストが来てくださいます!
卒園生のお父さまで、昆虫にとてもお詳しいお父さまが“虫博士”として虫を捕まえたり、色々教えてくださりながら一緒に歩いてくださいます。素早く飛んでいる蝶やトンボなども一瞬で捕まります!子どもたちは大興奮で、虫を見つけると「とってー!」と夢中で虫博士に伝えます。また捕まえた虫もすぐに名前や特徴を教えてくださるので、興味がさらに深まり、虫の世界に引き込まれていく姿が見られました。しばらくすると子どもたち自身で虫を見つけて捕まえたり観察していました。また「カエルの声が聞こえる!どこかに隠れてるんだ!」と鳴き声を頼りに見事捕まえた子どもたちもいました!つかまえた虫は観察をしたあと、すぐにはなしてあげました♪

 

 


お散歩コースの中には木々の中を歩く場所もあり、木陰の中に入ると気温の変化や空気の変化が感じられたりと、虫だけでなく様々な自然を感じながらお散歩をしてきました♪

 

次は秋にお散歩を予定しています。田んぼの稲も今は小さいですが、秋にはどんな姿になっているか・・・子どもたちと楽しみにしていたいと思います♪

2022年06月24日

おうちの方と一緒に・・・♪

6月に入り、幼稚園の生活に慣れてきた子どもたち。
普段みんなが幼稚園でどんなことをしているのか、おうちの方に体験していただきました!
おうちの方と幼稚園で一緒に過ごす“ファミリーデー”の様子をお伝えしたいと思います♪

普段はテラスでおうちの方と“ばいばい”をしますが、この日は一緒に園舎に入れます!「ここが私の靴箱だよ!」「手を洗うところはこっち!」と嬉しそうに手をつないで登園してきました。一緒にお祈りをしたり、製作をしたり、遊んだり・・・おうちの方と沢山の笑顔を交わし合いながら過ごしている姿が見られて、嬉しくなる時間でした♪

製作ではどの学年も“おうちの方と一緒に”がテーマの製作物になりました。どんな色や模様にするのか、作る過程で協力をしたり、おうちの方と顔を寄せ合いながら作っていました。

年少:ちゅーりっぷ組は紙皿を使ってラケットを作り風船をボールにして、ラケットの完成後は体育館で遊びました!年少組さんでは「何描く~?」「○○描いてほしい!」と紙皿に描く絵の相談をしていました。また作品を使って遊び始めると、嬉しそうにおうちの方と風船で遊んでいる姿が!風船が思いもよらない場所に飛んで行ったりもするので、びっくりしたり笑いあったり、笑顔が溢れる時間でした。

 

年中:星組は紙皿とトイレットペーパーの芯を使って、新聞の球を打てる鉄砲を作りました。星組さんでは、どんな模様にするのかの相談以外にも、どうやって組み立てるか相談している声も聞こえてきました。子どもたちだけでは難しい工程になっているので、おうちの方と協力して完成させていました。新聞紙の球を飛ばして、キャッチして・・・とおうちの方と気持ちを合わせながら楽しんでいました♪

 

年長:月組は木材を使って、舟を作りました!1家族1枚ずつ木の板が配られるとまずは先端を水の抵抗を少なくするためにノコギリで切ります。ここはおうちの方の出番で、子どもたちは「がんばってー」と応援していました。切った後は木のパーツを相談しながら付けていきます。水の上でうまく浮くように、左右のバランスを考えながらデザインを決めていました。世界に一つだけの舟が出来上がりました!


2022年06月20日

シャボン玉ショー

幼稚園の創立者である塚本昇次神父様のお誕生日のお祝いにシャボン玉ショーで活躍されている“杉山兄弟”をお呼びして、シャボン玉ショーを開催しました。神父様がお亡くなりになられてからも、毎年続いている天使幼稚園伝統の行事の一つです♪この日は幼稚園がたくさんのシャボン玉で溢れます!
子どもたちも大人も、みんなが笑顔になって、心が躍る時間になります。今年もみんなが大好きな1日を無事に迎えることができました。

杉山兄弟のお二人は、テレビや様々なアーティストのライブの演出などでご活躍されています。今年もコロナ対策として密を避けるために、快く2回公演を引き受けてくださいました。

 

ショーが始まると、杉山兄弟お手製の装置からたくさんのシャボン玉が出てきました!子どもたちの目の前まで飛んできてくれて、割れても割れてもまだまだたくさんのシャボン玉が残っていて、みんな一瞬でシャボン玉の世界に引き込まれました。色々な形や大きさのシャボン玉が次々に出てきて、ドキドキワクワクが止まらない時間をみんなで楽しみました♪

 

 

2022年06月01日

マリア様のお祈り

 

天使幼稚園では、朝の集まりの時間やお弁当の時間、帰りの時などにお祈りをしています。お祈りの中の一つに“アヴェマリアの祈り”というものがあります。イエス様のお母様であるマリア様にお祈りを捧げます。
5月はマリア様の月として、子どもたちにもマリア様についてお話ししながらお祈りの時間を過ごしてきました。また各クラス、マリア様がお喜びになるように・・・と一人ひとりお花を作り、そのお花にお祈りの気持ちを込めてきました。

そして先日、藤が丘教会から神父様が来てくださり、園庭に集まってみんなでお祈りの時をもちました。神父様から「マリア様はイエス様だけてなく、みんなのお母さんとしてみんなのことを見守っていてくださっているよ」とお話がありました。目に見える存在ではありませんが誰かに見守られている温かさが、子どもたちに伝わっているようで、お話を聞いた子どもたちはなんだか嬉しそうにしていました。

ひとり一人が作ったお花は、園庭にあるマリア様の所に飾りました。
マリア様からいただいた温かさをおうちの人や周りの人にたくさん分けていってくださいね♪
気持ちのよいお天気の中、みんなで温かい気持ちになる時間を過ごしました。

 

2022年05月31日

イースターのお祝い

本当のイースターは4月にありましたが、天使幼稚園では進級・入園した子どもたちが新しい生活に慣れてきてから、イースターのお祝いをしています。
神父様と一緒にお祈りを捧げ、祝別された卵を一人ひとりいただきました。これからもあたたかな祝福がみんなのうえにありますように♪

 

イースターは私たちのために十字架に付けられ、お亡くなりになったイエス様のご復活のお祝いです。会ったことも、見たこともない“イエス様”ですが、幼稚園では日々の生活の中にイエス様がいらっしゃいます。“イエス様がご復活したお祝いのイースター”であることを伝えると、子どもたちからは、「マリア様の赤ちゃんだよね?」という言葉だけでなく、「イエス様っていつも見ててくれてるんでしょ?」「優しいんだよね?」という声も聞こえてきました。子どもたち一人ひとりがお祈りや、神父様や園長先生がしてくださるお話から、それぞれ受け取めているのだなと感じました。

また、ある時ふと「神さまがいてよかった~」とつぶやいた子がいました。子どもの口からふと出た言葉でしたが、本当にそうだな・・・と、子どもの澄んだ心を感じた一言でした。
悲しい出来事もありますが、“神さまがいてよかった”と今日も明日も思いながら過ごしていきたいなと思います。

2022年05月13日
» 続きを読む