卒園式

 3月19日。温かい日差しの中、無事に卒園式を行うことができました。
園服に身を包み、大好きなおうちの方々と登園してくる年長組の子どもたち。
嬉しそうに手を繋いでいたり、少しドキドキした表情をしていたり… 
登園してくる子どもたちの姿はみんな輝いていて、とても眩しかったです。

 いよいよ卒園式の開式です。
入場する子どもたちは少しドキドキしながらもどこか誇らしげな顔をして、一歩一歩前へと進んでいました。卒園証書授与では担任から一人ずつ名前を呼ばれ、子どもたち一人ひとりをイメージしたメッセージとオメダイ、証書を頂きます。一人ひとりが舞台に上がって証書を頂く姿は、子どもたちの心と身体の大きな成長を感じる特別な時間となりました。
子どもたち一人ひとりの姿に何度も目頭が熱くなりました。

 入園当初は大きかったリュックやぶかぶかだった園服、おうちの方と離れて過ごすことにドキドキして涙が流れたこともありました。幼稚園で大好きなお友だちや先生と出会い、たくさんのことを経験し、その一つひとつを力に変えてきた月組さん。卒園式ではとても頼もしく、素敵な姿をたくさん見せてくれました。

 子どもたちがこれから歩んでいく道にたくさんの幸せと・笑顔が溢れていますように。
そして、これからもたくさんの人との出会いや経験が子どもたちの力となりますように。
卒園生・ご家族の皆さまの上に神さまの豊かな祝福がありますように… 心からお祈りしています。

 

 

 

 

 

 

 

2019年03月22日