特別なお弁当

先日、各クラス面談日でお休みの日がありました。
この日は登園している学年だけでのお楽しみもあります!
それは、違う学年の友だちと食べる特別なお弁当の時間です!!
年少さんと年中さん、年中さんと年長さん、年長さんと年少さん、といったように2クラスが混ざって食べました。
初めはいつもと違う雰囲気にちょっぴりドキドキしている子どもたちですが、食べ始めると「あ!卵焼き一緒だね!」と少しずつ打ち解けていきます。
食べ終わって遊ぶ時間にはすっかり仲良しに♪
また、「お茶飲む?」と年下の友だちに優しく声をかけコップにお茶を入れてあげたり、「これで遊ぶ?」とおもちゃを渡してあげたりと、学年が違うからこそ生まれる関わりも見られます。
日頃から遊びなどを通して年下の友だちを思いやったり、年上の友だちから優しくされたり、たくさん関わっている天使園の子どもたち。
特別なお弁当の時間にも、張り切っている姿や優しくされ嬉しそうにしている姿がたくさん見られ、心が温かくなりました。

2019年06月20日