共同制作 年中組

先日、年中組で共同製作を行いました。

園庭に落ちていた葉っぱを、実際に見て、触って、秋の葉っぱの色や模様を感じました。 その見た葉っぱをクレヨンや絵の具を使って画用紙一面を葉っぱの色にし、それをはさみで切っていきます。 そして後日いくつかのグループに分かれ、一人ひとりが切った葉っぱを一本の大きな木に貼っていきました。

こんな形にしよう、風に吹かれているのが良いな~、木にくっついているのがいいよ!と様々なアイデアが出てきましたが、みんなの意見を一つに合わせるのは難しい事です。 時には意見がぶつかって、悲しくなったり怒ったりすることも・・・。 でも、友だちや保育者と話していく中で、だんだん相手の気持ちに気が付いたり自分の気持ちに折り合いをつけたりしながら作っていくと、自然と助けあったり譲り合ったりする姿もたくさん見られました! みんなで力を合わせて作った大きな木。 温かい気持ちや頑張った気持ちがたくさん感じられる、特別な木が出来上がりました。

2018年11月20日