季節はずれの・・・♪

先日卒園生のお母さまがいらっしゃった時のことです。
なんとその手の中には・・・道中で見つけたカマキリが!!
子どもたちのためにと連れてきてくれたのです!!
季節が冬へと移り変わり、園庭で虫を見かけることもなかったので、子どもたちは大興奮でした!!
みんなで触ってみたり肩に乗せてみたり・・・♪
久しぶりに虫かごを出して、お世話を始めました。
プラスチックのケースに足をとられないように葉っぱを強いてあげたり、えさになりそうな虫を探しに行ったり(見つけられなかったので、水分だけにしました)、夢中になっていました。
すると、なんと園庭の花壇にもう一匹カマキリが!
同じかごに入れると喧嘩をしてしまうかもしれないからと、2つ目のかごに入れてあげました。
後で調べてみると、カマキリは寒い冬を越すことはほとんどないそうで、12月に入ってから2匹ものカマキリに出会えたのは珍しいことのようでした!
嬉しそうに目を輝かせながらカマキリを観察していた子どもたち♪
図鑑をひろげたり、その後も久しぶりに虫あみをもって虫探しをしている姿も見られました。
いつまでも一緒にいたいけれど、降園時間には花壇に逃がしてあげました。
また次の春に会えますように♪

 

2019年12月12日