ケアプラザ訪問

年長、月組さん今学期もケアプラザに伺わせていただきました♪
事前に“来週の月曜日にケアプラザに行くこと”を伝えると、1学期に行ったことを思い出し、「やったー!」と嬉しそうな声とともに、「プレゼントの歌何にしようか?」「また喜んでくれるかな?」とケアプラザにいらっしゃるおじいしゃまおばあちゃまにどんなプレゼントができるかな?と考えていた子どもたちでした。そして、今お部屋で歌っている“こころのとびらをひらくと(聖歌)”が“神さまの歌”なのと“みんなで心を込めて歌っている歌”ということで、子どもたちから意見が出ました。この聖歌は「神さまがそばにいてくれる温かい気持ちになる歌だね」と子どもたちとも話している歌だったので、そんな温かさをおじいちゃまおばあちゃまにも届けたいな・・・と思ったのだなと、聞いていて嬉しくなりました♪
この他にも元気いっぱい歌える“なかま”という歌と、手遊びを一緒にしよう!と相談しました。

当日は朝からケアプラザに行くこと、おじいちゃまおばあちゃまにお歌のプレゼントや手遊びをすることを楽しみにしていました♪実際に前に立つと緊張している姿も見られましたが、歌のプレゼントをとっても嬉しそうに聞いてくださったり、手拍子をしながら笑顔で聞いてくださる姿を見て、一緒に手遊びをするときには少しずつ笑顔も見られていました。
最後に感想を聞くと、「お歌を聞いてもらえてうれしかった」「タッチが出来てうれしかった」など、プレゼントをしに行ったこちらが嬉しい気持ちになっていたことを発表していました。日頃たくさんお世話になっている地域の方々との交流を通し、温かい気持ちがたくさんの時間になりました。今日感じた気持ちを忘れずにこれからも過ごしていけたらなと思っています。

2019年11月11日