卒園生②

前回卒園生がランドセルを見せに来てくれたお話をお伝えしましたが、その日の午後に今度は中学生になった子どもたちが制服を見せに来てくれました!!

身長が抜かされていたり、男の子は声変りをしていたりと、驚きの連続でした!
体は大きくなりましたが、みんな「ただいま~」と門をくぐり、遊具を見つけると一目散に遊びに行く可愛らしい姿も・・・♪
久しぶりに会った子どもたち同士も、会えなかった時間を感じさせない様子で、すぐに打ち解けていました。「(遊具)こんなに小さかったっけ?」「ここで○○したよね~」と話していたり、お互いに安心して思い出話や近況報告をしあっている姿は幼稚園時代に戻ったような・・・、見ていて心が温かくなる場面でした。

 

 

特に昨年は卒園生ともなかなか会えず、子どもたちともですがおうちの方とも久しぶりに会うことができました!
変わらないお母さま方の温かい雰囲気に心がほかほかになりました。

こうして子どもたちの成長を見れることが本当に幸せだなと、改めて感じた時間でした。帰り際に「お兄さんお姉さん先生って何歳になっても来ていいですか?」と嬉しい質問が!「もちろん!何歳になっても待っているよ」と答えると「じゃあ20歳になってもきます!」と頼もしく答えてくれました。新型コロナウイルスがおさまり、“お兄さんお姉さん先生”が再開される日が待ち遠しいです♪

 

短い時間でしたが、子どもたち・おうちの方にお会いすることができて、とても嬉しい時間でした。これからもみんながつながっていられますように。

2021年04月12日